無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
「CIMA」である為に & 終わっていなかったDRGON GATEの革命
終わっていなかったDRGON GATEの革命。
ニュー・ハザード × マッスル・アウトローズ =『 リアル・ハザード 』!!



 昨日は5・5の愛知県大会でのビッグマッチを終え、7月の神戸ワールド記念ホール大会へ向かった新たな展開が期待されていたDRAGON GATEの後楽園ホール大会でしたね。
中でも一番の注目していたのは

鷹木信悟選手、サイバー・コング選手がB×Bハルク選手と共にダンスを踊るというもの。

無事金網戦を乗り越え、神田選手への報復も成功。
ニュー・ハザードの新たな絆の証明となるかと楽しみにしていたのですが・・・・



■CIMA選手が涙の欠場報告。強すぎる責任感は逆にファンを不安にさせますよ。

CIMA「いろんな人から手紙やメールで「休め」という言葉をもらっても、自分では出続けようというのがあった。
でも、痛みに耐え切れずに、きょうも朝の5時半に救急病院で注射受けたりしてきた。
いろんな自分がいて、どれがホンマの自分か分からない。
これから試合をし続けようという自分もいれば、いつまでこの痛みと戦わなければならないのか、いっそ国外に逃げようかと思った自分がいたのも事実。
根本では試合に出続けようと思う自分がいたんだけど、朝、電話があって、
父親から「頼むから休んでくれ」というメールが……(言葉に詰まって涙を流す)」


 この一言には思わず涙が。
子供を心配をしない親はいません。
異常なまでの責任感を持つ、CIMA選手。
ファンがどんなに「休んで欲しい」と思っていても、
「CIMAをDRAGON GATEを楽しみにしている人がいるんだ」
と強行出場を続けるのがCIMA選手の素晴らしい人柄。
確かに、もはや偉大すぎるドラゲーの顔ですから少しは理解できる部分もありました。
が、やっぱり御本人が常におっしゃられていた

「CIMAのプロレスが出来なくなったら身を引く」

この意思を自分で縮めてしまうような事はしてほしくないです。
もはやドラゲーだけでなく、世界のCIMAなんですから。
待ってる人は日本国内だけではなく、世界中にいるんですから。
来月には私の地域でもドラゲー興行があります。
寂しさも正直少しありますが、それ以上に

本当にジックリと休んでほしいです。

出来る限りのシリーズ帯同もし、神戸大会での復帰も考えているそうですが、
本当に無理しないで・・・。
一CIMAファンとしての切なる願い。



■土井&吉野の「笑っていいとも!?」

▽第2試合 タッグマッチ
○土井成樹、吉野正人(12分08秒 V9クラッチ)望月成晃、ドン・フジイ



 今の勢いは止められない?最強30代コンビを撃破。
しかし、その後の展開がwww

土井「新戦力で誰か入れようぜ」
吉野「確かに今は2人だけ。でも、ひとり気になるヤツはいるんや」
土井「そいつの名前は……2代目超神龍や!」


 えっ?と思いましたが、なんと只の

携帯を持ってこさせる パシリ指名

(笑)
神龍さん、お疲れ。そして、ご愁傷様ww

------------------------------------------------------
土井はリング上から携帯をスピーカーにつなげて電話。
ようやく3度目でつながるが、出てきたのはどうやら外国人らしく、土井は慌てて吉野にチェンジ。
しばらくスペイン語でのやりとりがあった後、日本人に代わると再び土井が電話に出る。

------------------------------------------------------
土井ちゃんwwww
スペイン語ダメかぁ・・・・orz
イメージ通り、できる子は吉野さんかぁ( ̄▽ ̄;)

-------------------------------------------------------
電話の相手に「おい、KZか?」と問いかけるも、mc.KZは事情が飲み込めなず、ホールと生でつながってると聞いてビックリ。

土井「新軍団作るんだけど、おまえ、いつ日本に帰ってくるんだ?」
KZ「今、いい感じでこちらで試合してるし。まだ結果残してないんで」
土井「お客さんの声を聞いてみろ」
会場中の大KZコール
KZ「ヤヴァいっすね〜。今のお客さんの声と2人の期待、裏切れない。まだまだ半人前の自分でよければ新ユニットやらせてもらいます!」

土井「来週、日本に帰ってきてもらえるかな」

KZ「いいとも!」

--------------------------------------------------------

 ノリ軽いなぁ( ̄▽ ̄;A
ま、これが土井ちゃんのいい所!
ムッツリチンピラ気取ってるのもよかったけど、こういう陽気さがあるのも土井ちゃんならでは。
メンバー勧誘という名の『友達の輪』第1弾成功!


■アメリカからまたまたいらっしゃい。

▽第4試合 タッグマッチ
○斎藤了、横須賀享
(15分38秒 プレミアム・ブリッジ)
ニック・ジャクソン、●マット・ジャクソン



 新たなアメリカの強豪がやってきましたね。
名前だけ見たとき、ガラスの膝を持つジャクソン・フロリダ一族の新手かと思いしたよwww
どんな選手なのか、是非映像で見てみたい。
 
試合後に新展開で、
近々リョウスカ vs PAC&ドラゴン・キッド(PK-1)
でタイトルマッチの約束をしたそうで。
同門対決かぁ。
ドラゲーマットでは久しいですね!



 そんなこんなで、やってきたメインイベント。


▽第5試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
鷹木信悟、サイバー・コング、B×Bハルク
(試合不成立)
Gamma、堀口元気、YAMATO
※鷹木とサイバーがハルクを裏切ってマッスル残党軍と結託。
(スポナビ)

 しっかりと衣装まで用意して、ダンスも踊ったようですが、
終わった後にハルク選手を強襲!
衣装を脱ぐとマッスルカラーのコスチューム!!

これは・・・・・完全に出し抜かれました!!
5・5愛知県大会が終わり、ユニット間抗争も一区切りがつき、あとは新たに道を作っていくものと思っていました。
完全なる予想外!
くはぁ・・・そうきたかぁ・・・。
鷹木選手とサイバー選手のマッスル入り。
サイバー選手は結局は元の鞘に納まった形ですね。

サイバー「ハルク、おまえのダンス、おもろないよ。これからは弱肉強食や。おまえはもう必要ないのや」
鷹木「これがオレたちの出した答え。GHCが終わった時点でおまえとのタッグも終わってる。おまえみたいな弱いヤツはいらない。
Gamma、おまえみたいなゴキブリみたいな生き方、共感できるぜ。
これがハザードの新しい形だ。オレたちは今日からニューハザードでもマッスルアウトローズでもない。
今日から

リアル ハザード

だ!」


どこから今回の動きを進めていたのか?
言うようにGHC陥落から?もしくは、YAMATO離脱から?もしくはもっと前から??
風貌は両者共にかなりのヒール面(失礼)
それでもココまで良内容をかなり積み上げ、支持もついてきてこれからまだまだ行ける部分もあったというのに・・・。
ここまでのニューハザードで築きあげてきた事を全て吹っ飛ばすインパクト。
無かった事のように崩してしまいましたね・・・。
新日本の飯塚ショックも大きいですが、これも同じくらいショックであります。
かなり肩入れして見ていただけに(゚ー゚;A

 しかし、捨てる者がいれば拾う者もいる。
救ったのはドラゲーの新たな主役の
土井・吉野コンビ!
やっぱ、ココで出てこないとね。


▽緊急試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
○鷹木信悟、Gamma、YAMATO
(16分19秒 MADE IN JAPAN)
土井成樹、吉野正人、●B×Bハルク


 Gamma選手が持ち逃げするのを阻止する形で(笑)急遽決定した選手権試合。
でも、ショックとインパクトの勢いは止められず、結局はリアルハザードの物に・・・。
勢いの波って本当にどこの団体でも厄介なものです。
上手くはいかないですね・・・。

 しかし、試合終了後にもまた、土井吉に新たな協力者が現れたようで。

頭に有刺鉄線を巻き、巨大な木の杭を手にした谷嵜が乱入
谷嵜「刺すぞ、コラ!」

wwww谷やん怖い!!
なんつう格好ですか!
この日の第3試合(http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2008/2008051404/4.html)
で一度は戸澤塾に誘われるも返答は保留。
神戸までには入団かどうかの決断をだすのかな?なんて思ったんですが、
ここでは『嬉しい』まさかの展開。

土井「戸澤塾じゃなくて、オレらと一緒にやってくれるんやろな?
取扱注意が帰ってきた!オレたちと一緒に戦っていこうぜ。
ハルク、谷やん、そして来月にはKZも帰ってくるし、
来月の後楽園でリアルハザードの全面対抗戦だ!」


Gamma選手がなんだかんだイチャモンをつけるも土井選手が上手く誘導し(笑)、
6.12後楽園大会で

B×Bハルク vs 神田裕之

【なにわ式イリミネーションマッチ】
土井&吉野&谷嵜&KZ vs Gamma&堀口&鷹木&サイバー組


が決定!
なにわ式イリミネーションマッチ!
大好きだ、この形式!

色々とインパクトがありすぎて、しばし今後の展開予想なんかもしたりしましたが、
やっぱ土井吉がしっかり動かない事には、ドラゲーのニュージェネレーション化の安定にはならないし。
大ベテラン勢が加勢することがあっても、柱に居るのは土井吉。
T2P時代には言えば脇役のようなポジションだった二人が、時を経てドラゲーマットで主軸になる時がきたというのは、
嬉しさもあり、時の流れの速さを感じますねぇ(爺くさww)

5月31日にはユニット名も発表。
これからのドラゲーの目玉は土井吉。
そこは常に目をむけておかないと、早すぎる展開においていかれますね!!

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DRAGON GATE | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。