無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
TAJIRIさんの故郷は、暖かな憩いの地
TAJIRIさんの里帰り

 昨日は日曜でしたので、毎度の如く様々な団体の興行が行なわれましたね。
携帯サイトで各団体の結果や寸評をチェックしましたが、その中で気になったのが、

IWA JAPAN

 団体としての歴史は非常に古く、老舗ともいえるところ。他団体でもここ出身のレスラーは多く、
週プロi-modeによると、
TAJIRI選手の奥様の新谷朋江さん。
現在全日本プロレス所属で、とほほなキャラクターでお馴染みの「あーちゃん」こと荒谷望誉選手。
大阪プロレスのブラック・バファロー選手。
大日本プロレスの現デスマッチ王者のシャドウWX選手。
同じく大日本プロレスの大黒坊弁慶選手。
フリーのジ・ウインガー選手。
K-DOJOの長身ファイターのYOSHIYA選手。
現在は「さくらえみ」という名で活躍中の元川恵美さん。
新日本のレフェリーのマーティー浅見さん。
DRAGON GATEのリングアナウンサーの菊池直人さんもここ出身だそう。
Wikiペディアを見るとまだまだ沢山います。

 専門誌でもカラーで扱われる事は少なく、興行ペースも月一。
専門チャンネルSAMURAI TVでも一昔前は中継番組がありましたが、現在は『インディーのお仕事』で扱われるくらい。
プロレスファンでも毎回チェックする人はちょいと少ないのでは?
と思えなくも無い秘境ともいえる団体です。

そんなIWAの昨日の興行に、今では世界クラスのスーパースターとなったTAJIRIさんがレスラー生活の原点の地に里帰り。
なんとも13年ぶりだそうで、
在籍当時まだまだ新人で、現在は立派なIWAの『濃すぎる』エースとして成長した松田慶三選手と再会。


■5月大会 東京SHINJUKU FACE
▼旗上げプレ15周年記念特別試合
○松田慶三、維新力
(18分33秒 片エビ固め)
TAJIRI、●小部卓真


TAJIRI「やっている最中に昔を思い出すことは無かった。今は今。みんな別物になってましたね。13年間同じ団体にいる人なんていないじゃないですか。しっかりと根を張ってきたんだなというのが分かりました。維新力さんもメジャー出身者の当りをしていました。松田は後輩の中でも印象が薄かったんですよ。2008年5月25日に目の前に現れた敵という感じでした。独特のキャラを作り上げましたよね。」

さすがに13年は長いですよね。
生まれた子供が中学生になります。そりゃキャラも様変わりしても不思議ではないですよね。
予想以上の濃い変身だったようですがww

TAJIRI「本当に今日は喜んで出させていただきました。これでビクター・キョネスがいれば言うこと無かったですよ。(Iジャは)メキシコにいってもアメリカにいってもスランプに陥った時に真っ先に浮かんでくる原点です。」

 試合後にはIジャの浅野社長(キンロクさん)とリング上で再会。
人情と愉快な人柄で所属選手のみならず、多くの関係者や団体外選手からも愛されるキンロクさん。
そんな人だから、ひっそりながらも多くの選手が今も在籍し、
今回のTAJIRIさんだけでなく、
他の旅立っていった選手も何かあればキンロクさんの為に協力してきたんでしょうね。

 キンロクさんが村長を務めるIWA JAPANという独特なのどかさ、温かみを感じる団体。
寸評を目にしながら、出身者もそうでない人も、多くのプロレスラーが愛するの

心のふるさと、憩いの場所

と感じたのでした。

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。