無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
6月10日といえば?
昨日は6月10日

調べてみるとこの日は
『時の記念日』、『路面電車の日』、『商工会の日』、
『歩行者天国の日』、『ミルクキャラメルの日』 、『無糖茶飲料の日』
などの記念日だそうです。
(ちなみに今日11日は『雨漏り点検の日』だそうですよ。)

しかし、プロレスファンにとっては

武藤の日 』であります!


そんな昨日はもう毎年恒例の定例行事となった『武藤祭り』開催!

■全日本プロレス 武藤祭り
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2008/2008061001/index.html

(スポナビ)

今年も凄い面白い内容だったようで、様々な情報サイトでも良評価でした。
平日でも満員御礼。
コレだけ期待感煽る内容が出てたらみんな楽しみ行くよね〜。
私も東京住人だったら絶対に行ってる。

早くGAORAでの放送が見たい〜!!!


■第1試合 タッグマッチ
○平井伸和、渕正信
(10分51秒 これでも喰らえ)
ジョニー・ダン、●菊ボノタロー


 菊ボノさん、ジョニー・ダンの久々の登場。
相変わらずの凸凹コンビ振りも微笑ましいですが、
なにより

平井さんの『これでも喰らえ』で勝負がついてるのが何よりビックリ

初めて見たww

村山キック!
村山さん、相変わらず飛び蹴りのフォームがいいですね〜( ̄▽ ̄)


菊ボノ「(今日の敗因は)ジョニーさんが頑張ってくれなかったから、次は武藤さんとのタッグで勝ちたいと思います。
まだメインでタッグで出るんで、頑張ります。ありがとうございました。」


菊さん、いや、ボノさんヒデェwww
メインもガンバレwww


■6人タッグマッチ
○松田納、西村修、木戸修
(13分28秒 サムライ・クラッチ)
MAZADA、TAKEMURA、●NOSAWA論外


 エル・サムライ選手の素顔、松田納、そしてレンジェンド・オサムである木戸さん、そして西村さんも加わって
『オサムトリオ』登場!

松田さんは本当に久しぶりの登場ですね。
最後に見たのは新日本を退団する年よりちょっと前の『夢勝ち』だったかなぁ・・・・・???
(かなり曖昧な記憶なので自信無し!)

オサム トリオ
失礼ながらも、この角度での松田さんの顔って、
今の怨敵NOSAWA論外選手に似てるように見えるのは私だけでしょうか??

次は大阪でエル・サムライとして土方選手のJrベルトに挑戦!
うっとおしい愚連隊にケリをつけて「いざ挑戦!!」といきたい所ですが、
試合後NOSAWA選手が「サムライのバックアップをする」という、真意不明???な発言をしたようで・・・。
まだ何かあるのか!?
オチオチ土方戦に集中できない?


■武藤敬司コンテスト
3歳の女の子が優勝


 素人さんから芸人さんまで、似ている似てないっていうのは実はあまり関係なく、
御本人のマイク通り「武藤さんの独断と偏見」での審査だったようで。
余計ハードルが上がってるような(゚ー゚;A

しかし、レポを見てみると、
「武藤さんの独断と偏見」に涙された方々多いようですね(゚ー゚;A
特に芸人さん(笑)

そんな中優勝したのが可愛い3歳の女の子ということで。
武藤乙女
(http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/200806/20080611024.html)
画像で見ると可愛い!!
これは敵わないよなぁ〜。

しかし、全てが終わったところで衝撃発生!!!

なんと新日本で現在IWGP王者武藤さんに挑戦表明をしている中西選手が

中西敬司
武藤コスで登場!!

まさかまさかの展開ですよ(◎A◎)!
こんなお祭りの大会にわざわざコスをしてまでやってくるとは!!

さすがにリング上にまだ一般の参加者がいるという事で大暴れは控えたようですが、
こっち方面で大暴れ級のインパクト!
まだ後藤選手との挑戦者決定戦を終えていないので、正式な決定はまだですが、
それでも、あえて相手側の土俵に合わせてここまでの行動力を見せるというのは中西選手だからこそ。
後藤さんも真っ直ぐな人ですが、正直、今の後藤さんにはここまでの振り幅がないよなぁ。
同じ真っ直ぐ勝負でも、速球ではなく、不意の超スローボールできたような衝撃。
今回は『我慢しながらも』、武藤祭りのフィールドにのった事で、
全日本ファンにとっては一歩リード!

後藤選手、思わぬところでアドバンテージを取られた!?


■3WAYマッチ
○KAI(8分38秒 スプラッシュ・プランチャ)●土方隆司
※もう1人は、カズ・ハヤシ

 勝った人がPCボンバー提供の豪華賞品をファンにプレゼントするという試合。
選手にとっては嬉しい・・・・んだよね( ̄□ ̄;)。

 おぉ〜!KAI選手が土方選手からとってる!!
でも、すぐにベルトに挑戦という意思は「修行が足りない」ということでまだ無いようで。
しかし、この結果は確実に土方選手の意識の中には入ってるんじゃないかなぁ〜・・・。
まずはサムライさんですが、もし防衛に成功した際には
「あの時直接取られたからKAIで。」
なんて事もあるかもしれないですね。


■三人掛けマッチ(シングルマッチ連続3試合)
○諏訪魔(4分03秒 逆エビ固め)●T28
○諏訪魔(12分28秒 バックドロップ)●真田聖也
○諏訪魔(7分48秒 ラリアット)●征矢学


 真田選手が敗れたとはいえ約13分も正面対峙して頑張ってるんですね。
UPされている内容を見ても、しっかりと意地を見せた返しも立て続けに出しているようで。
決して他の2選手がダメという印象ではないんですけど、
一歩抜きに出ているということなのかな?
まずは今晩のニュースでチラッとでも出るでしょうからチェックしなくては。

諏訪魔「この間までは向こう(若手)側でやられていたイメージがあるんだけど、そうやってやられていたのをプラスに感じていたから。
タイプがあるというか、征矢は叩いて成長するタイプだと思うし、真田は逆に考えてやるタイプだからそういうのをやってみたかった。
T28に対しては初めは疲れていないわけだから、最後はボストンクラブで。やっぱプロレスはこれだと思う。
自分のスタイルというのが分かったんで、次の後楽園や三冠戦もやっぱこのスタイルだろうね。」


諏訪魔選手も得るものが大きかったようですね。
次の西村戦にとって大きなヒントとなったのかな?


■F-1タッグ選手権試合(王者組4度目の防衛戦)
○神奈月、武藤敬司(23分01秒 相撲ルパッケージホールド)曙、●はなわ


 結果は見事王者組が4度目の防衛成功!
カード決定会見では散々心配がられた挑戦者のはなわさん。

しかし蓋を開けてみれば、
試合経過を見ると本当に面白い!!!
携帯サイト、そしてスポナビさんのレポを読みながらも顔がニヤニヤしてしまう。
周囲から見れば怪しい事この上ないッス!!
きっと今も怪しまれてるwww

現時点での印象だとダチョウ倶楽部の上島さんの時に並ぶくらいに笑えそうな予感ww
はやく中継が見たい!!!

ボノ&武蔵丸?
はなわ“武蔵丸”、やる気ねぇ〜wwww

井上ボノ水
井上ボノ水。
似あってるww
武藤神無月突然振られた歌「夏の終わりのハーモニー」も、見事に歌い上げたようで。
日本に来て初めて覚えた歌だそうで。

 試合後のバックステージでは、全日本再上陸も約束した曙さん。
楽しい一面を見せたこの日とは違った激しいファイトを見られるのも近い??

 もはや『F−1 = 武藤&神無月』という図式しか浮かばない。
この二人でないとF−1という王座は成立しないイメージなのですが、
もはや完成されたこの2人を脅かす存在っているのかなぁ???
毎回腹を抱えて見てるから、挑戦者もドンドン敷居が高くなっていくww
当然それは王者組にも言えること。
ある意味、世界タッグ、アジアタッグよりも敷居が高い!?

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 全日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。