無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
みちのくプロレス15周年 おめでとうゴザイマス!!『15周年ノスタルジックツアー』を見ました!
 昨日はみちのくプロレスが注目のお祭り騒ぎ!
この日ばかりは大会名通り、『現在』ではなく『昔』を懐かしむのが正解!

6・20 みちのくプロレス15周年記念大会『15周年ノスタルジックツアー』

が行なわれましたね。
SAMURAIでのニアライブ放送でしっかり楽しませていただきました!!


--------------------------------------
6・20 みちのくプロレス15周年記念大会『15周年ノスタルジックツアー』
みちのくプロレス15周年記念大会『15周年ノスタルジックツアー』
■開会式

 これだけのメンバーが集まってくれたことに、選手代表の沼二郎さんが感涙のマイク。
大会後の人生社長のコメントにもあったのですが、
「15年の歴史の核になる選手が集まれるのは、みちのくしかない」
本当にそうそうたるメンバーですよね。
昔いたベテラン選手は、その後も何かの形で大きな事を成し遂げていたり、
立派な肩書きをもつようにまでなっている。
こんなメンバーがポンッと一同に会せるのは、たしかにみちのくしかないかも・・・・

 そんな挨拶の後、『ザ・グレート・サスケ』を悪の『SASUKE』に戻す為に、サスケ・ザ・グレート&ドン・フジイ選手が登場。
金曜のS−ARENA出演のさいに過去の悪行VTRを見たためか、頑なに悪に戻る事を拒否、
というか条件が揃っていない為戻れない、と。
その「条件」というのは、

10年前、デルフィン離脱をスクープした当時の週刊ファイトで頭を殴って気絶させる

という事。
「そんな物、見つかるのか?」と見つける為に物凄い苦労があったのは言うまでもなく。
諜報部員の望月選手は勿論、週刊プロモバイルでも多方面からの情報収集を行なっていて当日までに見つかるのか懸念されていましたが、
なんと現在週プロ編集部に在籍している、元週刊ファイトの記者さんが持っていたとの事で、
あとは「調度メインに復活できる」位の力で殴れるか?
という事。これは望月選手の長年の勘を頼るしかないですよね。

サスケ「失神しなきゃダメだもん。何もなきゃ失神できないよ。失神させてよ」

こんなに失神を懇願するのは世界中を見てもサスケさんぐらいでしょうね(笑)
最初はフジイさんがポコポコ殴るも、『東スポ』だった為、当然気絶はせず。
さすがにフジイさんは週刊ファイトを見つけることが出来なかったようで困った所に、望月選手が後ろから『本物の週刊ファイト』でパコンッ!と一激!!
見事に失神するサスケさんwww
後はメインまでに目を覚ますか?
一杯の期待感と、笑いの開会式でした。


■第1試合 15分1本勝負
第八代ダイナマイト東北、●日向寺塁
(10分28秒 右ハイキック→体固め)
相澤孝之、○拳王


 マイトさん、さすがは東北一の大物(゚ー゚;A
何をやっても威風堂々であります。
これからまた15年。その時は彼らがみちのくのトップなんだろうなぁ。
相沢&拳王選手は修行の為みちのくを一時離れるそうで。
大きくなれよ〜!


■第2試合 20分1本勝負〜珍念復活“迷”勝負数え唄〜
○つぼ原人(6分10秒、珍ぐり返し)●北海珍念


 珍念さん変わってねぇ〜( ̄▽ ̄)
この日の為に一生懸命鍛えたそうですが、それでも変わらぬ白い肌とポッチャリお肌。
これこそが珍念。
入場、つぼ原人のリングアナ&テッドさんの股間への一撃、試合展開。
どこをとっても毎日のようにやりあっていた当時のまま!!
懐かしいなぁぁ〜。
僅か6分でしたが、笑った笑ったwww



■第3試合 30分1本勝負
GAINA(11分2秒、無効試合)藤田ミノル


 今ではZERO-ONE MAXのトップと沖縄プロの中心選手。
みちのくで凌ぎを削りあっていた時から大きく成長された2人。
人生さん曰く、
「残っていたなら間違いなくみちのくエースだった」。
そんなの2人の再会マッチ。

 SAMURAIのニアライブで毎試合前に、その試合に出場する選手の昔の懐かしい映像が流れていたのですが、
そこで流れた若手時代の2人のシングルマッチの様子。GAINA選手はまだ湯浅選手だった頃。
今と全然体格が違いすぎますねぇ〜。
みちのくを退団して、しばらくして大阪プロレスに上がった時の豹変振りには凄く驚いたものですが、
今改めて見てもその衝撃は変わらず。
大きくなりすぎ(゚ー゚;A
藤田選手もその点に非常に苦戦されたようですね。
結局は熱くなりすぎた二人、椅子を持ち出しチャンバラをする前に邪魔なレフェリーをゴツンと一撃でノーコンテスト。
それでも綺麗に握手して終わるかと思いきや、藤田選手が「サスケだまし」ならぬ「GAINAだまし」をかけようとするも、逆に湯浅選手がブレーンバスター。
流石に事ある毎に騙され続けるサスケさんの情報は嫌でも目に入っていたんですかね?

藤田「湯浅のくせにブクブクでかくなりやがって。知らないヤツだ、あんなの!あんな重量級アメージング・コング以来だ。15周年ふざけんな!オメデトウ、おら!」

怒ってんのか、祝ってるのか、どちらですか(笑)

GAINA「ちょっと沖縄のプロモーションが忙しいもんで、体調があまり良くなかったですけど、やっぱり藤田さんは上手いですね。もっといきたかったですけど。時間があればZERO-ONE MAXとかにも出てやっていきたいです。今日だけじゃ終わらないようにしたいです。」

お忙しい中、本当にご苦労様ですm(_ _)m
旗上げ戦も近づいてきてますし、体だけには気をつけて。
また藤田選手との顔合わせも見たいです!


■第4試合 30分1本勝負〜デルフィン軍団復活!〜<デルフィン軍団>
○スペル・デルフィン、新崎人生、ヨネ原人、愚乱・浪花
(12分37秒、デルフィンクラッチ)
<旧世代正規軍>グラン浜田、HANZO、マッチョ・パンプ、●ガルーダ


 本当に凄いメンバーですね(゚ー゚;A
ヒール軍団とはいえ、愉快なムーブが多いデルフィン軍団。
おなじみのデルフィンさんと浪速選手の『腕折劇場』を初めとしたコンビネーション、合体技。
久々のみちのくマット登場のマッチョさんのカッコよさは異常ww
ピープルズ・・・ではなく、マッチョ・エルボー最高!
カッコよすぎ!惚れるぜ、マッチョさん!キレも変わらないですねぇ!

デルフィン「15周年記念大会で勝てて、亀頭が熱くなる思いです」
浪速「師匠、それ目頭です」


10年前ではみちのくで毎日のようにやり取りされていたこのコントww
今のお客さんも多い今回の舞台では「ポカーン」とするお客さんが多かったみたいで、デルフィンさんも苦笑いww
リアルタイムで見てはいないものの、「懐かしいなぁ・・・」と思ってクスっと笑ってしまった自分の笑いの敷居の低さに涙。

デルフィン「みちのくの15周年で沢山の関わった人間と一緒に出れたのはホンマにうれしいね。こういう大会が開けるみちのくは素晴らしいと思う。
一重に人生社長の人柄のおかげだと思う。」

人生「私ではなくみちのくの土壌がそうさせるんだと思います。」


確かにみちのくの温かさは見る側にもそんな感覚を植えつけてくれます。
どんなファンでも温かく迎えてくれるというか。
一度は生で触れて見たい。
そんな空気を維持するのも、リーダーがそんな部分を理解し、持っていいてくれなければ続きませんよ。
人生さんの力も本当に大きいのです!


■第5試合 30分1本勝負
○タイガーマスク(11分3秒、タイガースープレックスホールド)●野橋真実


 野橋選手は序盤のトペで左足を負傷してしまったようで。
その後の動きに大きな制限が出来てしまって少し残念な感じだったそうで。
(野橋選手のBLOG → http://blog.livedoor.jp/arakoichi/archives/51168916.html
なんか、ちょっと勿体無かったなぁ。
みちのくの先輩として、これからも時間があれば上がってもらって、もう一度やってあげてほしいなぁ。


■第6試合 30分1本勝負〜正規軍vs九龍〜
<正規軍>義経、景虎、ラッセ、南野タケシ、●精霊
(11分39秒、ヘルム→体固め)
<九龍>○フジタ“Jr”ハヤト、佐藤秀、佐藤恵、ken45°、大間まぐ狼


 他の『ノスタルジー』カードとは違い、現行みちのく、そして未来を示す10人タッグ。
これだけ多いと自分の見せ場、色を出すのが難しい感じが。
それだけに義経選手、景虎選手はもっともっといけたなぁ・・・。
九龍の完封といっても良いような印象。
九龍だけあって、9人のメンバーがいるらしく、今は6人。
あと3人が入ってくるとなると、正規軍は益々手のつけようがなくなってしまう感じに。
はやと選手が入ってから勢いも急加速した今、どこかで大きな抑止力を作らないと、
5年後の記念大会は九龍劇場になってもおかしくない!?
20周年記念大会を明るくする為にも、正規軍の活躍に期待!


■第7試合 時間無制限1本勝負〜15周年スペシャル6人タッグ〜初対決!最強ヒール軍団対決!!
<SASUKE組>●SASUKE、サスケ・ザ・グレート、望月成晃
(20分15秒、ダイビングセントーン→体固め)
<オリジナル海援隊☆DX>○ディック東郷、MEN'Sテイオー、獅龍


 やっぱり海援隊はカッコイイ!!
個人的に3人以上のチームで、世界で見ても最も完成されたチームというのは、海援隊☆DXだと思っています。
内容の海援隊☆DX、
話題のSASUKE組。
正直、結果は見えていたような気もしないでも無いですが、それでも
「あのSASUKEなら何かしら仕出かすんではないか?」
という期待が膨らんでいたのが本当の所。
只でさえハチャメチャなサスケさんですから、青SASUKEの破天荒ぶりといったらwww
今大会を控え、過去の映像が色々流れていたのを見ても何ともグループ分けしにくい軍団が『SASUKE組』。
悪いことをしているのは勿論ですが、何かしらベクトルが違うような感じがwww

 試合ではSASUKE組のオチャラケムーブが面白い!
相変わらずの好連係と、ゴツゴツのハードな技を繰り出す海援隊との対比が大きいだけに、余計に目立ってましたね。
何度も繰り出したデルフィンさんの茶化すポーズ(本人が見ていないことを祈る)、
今見ても新しい「ジェットストリームアタック!!」→決めポーズ。
いい流れ出でやりあってても空気豹変ww
これがSASUKE組ww

結果はやはり海援隊の勝利。
でも、ここからがSASUKE組の真骨頂!

SASUKE「せっかくみんな何年かぶりぐらいに集まったのにすまん。グレート、すまん。さぁ帰ろうかと言いたいところだが、まずはこの口の中を消毒しないとならない。この口を消毒するにはアルコールが必要。酒だ、酒持ってこい!」

SASUKE集会に突入\(≧▽≦)丿!!
試合にも介入した当時はクレイジー・MAXのスモー・ダンディ・フジだったドン・フジイ選手も参加。
しかし、集会にはなくてはならない代名詞、ちゃぶ台が無いということで、「ちゃぶ台はどこだぁぁ!」と呼び込みをかけると、
『営業部長』こと茂木さん(もてぴょん)が登場!

グレート「みちのく15周年、おめでとう。おまえたちが知ってるみちのくプロレスを堪能したか。ここにいるオレたちがみちのくプロレス軍だ。乾杯」

SASUKE「グレート、お前飲んでないじゃないか?その口じゃ飲めないか。いやでも、もてピョン久しぶり。最近どうよ?」

もてピョン「どうももてピョンです。」

会場(答えになってない)の空気に

SASUKE「これがもてピョンだよ。いいなこのマッタリした感じ」

ここから脱線気味のロングトークライブに(笑)
もてピョン=チャビンガーを本人がばらしちゃったり、
元祖KY、一人SASUKE組を名乗っていた土方隆司選手の不在を嘆いたり、
と、爆笑ライブに腹筋が痛くなりましたよwww
悔やまれるのはCIMA選手の不在・・。
こればっかりは首の調子が芳しく無いとのことで、本当に仕方ないですけども、
『日本一マイクの上手いプロレスラー』と自他共に認められるCIMA選手がココにいたなら、
更に内容も濃く、時間も一杯一杯使って大変なことになったんじゃないかと(笑)
週プロモバイルのBLOGでも悔やまれる内容の更新がありました。

が、まぁ、その件はSASUKEさんが

「2012年12月22日、地球最後の日まで俺たちSASUKE組大暴れするぞ!」

なんて締めて、舞台裏でも

グレート「今ココで復活したSASUKE組。俺たちに何を求めるか。リクエストに答えてやる!みちのくプロレスまでドンドン応募してこい!」

SASUKE「緊急アンケートだ!」

とみちのくプロレスまでメールを送る指示!
実にそっけなく「地球最後の日まであと4年」という、世界規模の爆弾発言まで飛び出してしまったものの、
困惑する隙も与えられず次への行動も希望次第で動く事を宣言。
その時こそはCIMA選手も絶対にいてほしいですね!
地球滅亡まで残りあと4年(笑)
その時までSASUKE組の破天荒ぶりに期待したいですね!!

なにはともあれ、今回の大会は大成功!!

みちのくプロレス15周年ツアーは始まったばかりですが、

15周年オメデトウございます\(≧▽≦)丿

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。