無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
日高 vs 望月 第1次ゼロワンJr抗争決着! 火祭り08参加選手も決定!【ZERO-ONE MAX】
 昨日はZERO-ONE MAXの後楽園ホール大会がありましたね。
いろんなサイトで情報チェック!
そして今日のS-ARENAで少しですが映像を見ました。

■ZERO1−MAX「勇猛果敢」最終戦
(スポナビ)

■第0試合 Chick Fights SUN 15分1本勝負 
●前村さき
(10分36秒 Lanakila-H → エビ固め)
○Hikaru


 最近、Hikaru、前村選手共にSAMURAIでもメッキリ見なくなったなぁ・・・。
女子団体への参戦も少ない(というか無い??)し。
『SUN』として独自の興行をうたなくなってから全然って感じで。
女子プロ界はニュースの中とか、「その時にやっていたら見る。」という感じで、
あまり見るほうでは無い自分ではありますが、そんな中でも好きな女子選手でしたから、ね。
ある意味実際に足を運ばないと目に出来ないというプレミア感を感じたりもしますが、
そうそう足を運べない地方民のファンにはちょいと寂しい・・・・。


■第1試合 ZERO1−MAXvsバトラーツ「BATI-BOKO」
〇浪口修、斎藤謙
(17分35秒 デラックスボンバー → 片エビ固め)
吉川祐太、●矢野啓太(バトラーツ)



■第2試合 タッグマッチ
●佐藤耕平、藤田ミノル
(10分31秒 グランド・コブラツイスト・ホールド)
○KAMIKAZE、植田使徒


 火祭り参戦残り一枠の希望に全てをかけたKAMIKAZE選手が、既に決定している耕平選手から執念のピンフォール!
あんな力強いグランドコブラは初めて見ましたよ〜!
「一心不乱」の言葉がポンッと頭に浮かびました。
必見。

 この結果を受け、KAMIKAZE選手

7年越しの火祭り参戦決定!!!

おめでとうございます!!
毎年、アピールの甲斐なく落選していってたのには、
見ているコチラが切なくなる感じで。
ようやくの参戦。
そんな思いがどんな形で火祭りに出るか非常に楽しみです!!

※KAMIKAZE選手 喜びのBLOG更新
http://kamikaze.blog.players.tv/article/16424577.html


■第3試合 シングルマッチ「BATTLE-SOUL-NOW」
〇稔(新日本プロレス・RISE)
(11分22秒 FIRE BALLスプラッシュ → 片エビ固め)
●澤宗紀(バトラーツ)


 バトラーツの先輩後輩直接対決!
ちょっとの時間だったけど、熱っち〜なぁ、二人!!
バトラーツってスタイルはチョッとの画でも熱が伝わるから好き(^ω^)

 それにしても、稔選手がファイアーバードスプラッシュって!!(◎A◎)
正式表記は上の通り『FIREBALLスプラッシュ』だそうで。
これにはビックリしました。
中村祥之氏のBLOGに連続写真が掲載されていますが、
見ての通りの素晴らしいフォーム!!
久々にうおっ!!っと声を出して見入ってしまいました〜。

△中村祥之氏BLOG 『6/26稔対澤宗紀 衝撃のFINISH 写真』http://nakamurayosiyuki.blog.players.tv/article/16425640.html

本当に器用でもあり、技術の引き出しの底が見えないなぁ・・・。

「そこのランジェリー、すっげぇ楽しかったよ。楽しかっただろ。おまえのおかげだ。またやろうぜ。ありがとうよ、このすっとこどっこい」

稔さんの沈みかけていたプロレス熱を再燃焼させた澤選手。
この功績はとても大きいけど、見返りもスッゴイよ〜(笑)
天晴れ!澤宗紀!!


■第4試合 ZERO1−MAXvsGBH
〇田中将斗、崔領二
(18分6秒 スライディングD → 片エビ固め)
真壁刀義、●本間朋晃(新日本プロレス・GBH)


 GBH、そして真壁選手はZERO-ONE MAX初上陸??
少なくともGBH入りしてからは初めてですよね。
どこに上がっても暴虐武人。
THIS IS GBHスタイル。
パートナーの本間さん。
体ガッチガッチやね〜。鍛えてますね〜!
「小島さ〜ん、小島さ〜ん」
って言ってた全日本時代が懐かしい(´∀`)


 この試合後に火祭りのブロック分けが発表!!

---------------------------------
【Aブロック】
大谷晋二郎(8年連続8回目、‘01・‘02、‘05優勝)
佐藤耕平(8年連8回目、‘04優勝)
KAMIKAZE(初出場)
真壁刀義(新日本プロレスGBH、初出場)
望月成晃(ドラゴンゲート、初出場)

【Bブロック】
田中将斗(8年連続8回目、‘06・‘07優勝)
崔領二(4年連続4回目、‘06・‘07準優勝)
大森隆男(5年連続5回目、‘04準優勝)
関本大介(大日本プロレス、3年連続4回目)
中西学(新日本プロレス、初出場)

---------------------------------

 やっぱり、この錚々たる顔ぶれの中でも、
KAMIKAZE選手の『初出場』って文字は少し涙を誘うものがありますねぇ(しみじみ)

 7月27日の開幕戦で、
【Aブロック】KAMIKAZE vs 佐藤耕平、大谷晋二郎 vs 真壁刀義
【Bブロック】崔領二 vs 関本大介、中西学 vs 田中将斗
が決定。
どの組み合わせも豪華なのは分かっている事ですが、
開幕戦で当たるって聞くと、豪華さ3割増な感じがするのは自分だけ??


■第5試合 ZERO1−MAXvs新日本プロレス「勇猛果敢」
大谷晋二郎、●大森隆男
(23分33秒 大中西ジャーマン)
永田裕志、○中西学(新日本プロレス)


 ぬがぁぁぁぁぁ・・・・大森さ〜ん!!!
全開の炎武連夢では引き分けでしたが・・・・。
一度は勝ったとはいえ、
今までの対戦の印象などから中西選手との相性の悪さを感じてしまうのですが・・・。

更にはバックステージで永田さんが

永田「病み上がりの俺ですら、息ひとつが上がらずに帰ってこられた。
俺はもう出なくていいかな、ZERO1-MAXには
テメェら、体調の悪い永田裕志を仕留められなかった未熟さを噛み締めろと言いたいですね。」


言われちゃってますよ、大谷さん、大森さん!!!
火祭り前にもう一度何かしらやり返さないと!!


■メインイベント インターナショナルジュニアヘビー級選手権60分1本勝負
●望月成晃(DRAGON GATE・王者)
(17分21秒 野良犬ハイキック → 片エビ固め)
○日高郁人(挑戦者)

※第6代王者望月が4度目の防衛に失敗。日高が第7代王者となる。

 遂に望月選手の『ゼロワンJr 全員斬り』を日高さんが食い止めたぁ!!
長かったすねぇ〜。
今日の会見で日高さんが

「昨年9月から戦ってきてようやく決着。」

思えばもうそんなに経ってるんですね。天下一Jr.からかぁ・・・
時の流れって速いっす。それだけ非常に濃い内容だったって事ですよね。

お父様が倒れて闘病中とのことで、その為にも!って心が、
蹴りの先生の小林聡氏の指導と合わせて大きな力になったんでしょうね。
あの望月選手の『最強ハイキック → 真・最強ハイキック』という、プロレス界屈指の蹴り技コンビネーションを2カウントで返したってだけでもビックリなのに、
逆にハイキックで3カウントを獲ったという結果。
望月成晃に蹴り勝つっていうのは、正直予想できなかったです。
凄い!!

 新技の『石見銀山』も前に負けない、インパクトのある痛そうな技だったなぁ(゚ー゚;A
『鷹の爪団』で一躍有名になったフロッグマンさん共々、
島根県の宣伝部長になっていきそうな感じもしないでもないっす。


 今日の一夜明け会見では、戦前HPにコメントを寄せた、現TNAのスターアレックス・シェリー選手や、
クリス・セイビン、サンジェイ・ダット選手など海外選手との戦いをしていく希望を出した日高さん。
この要望はコチラにとっても非常に嬉しいもの。
あの名物外国選手がまた日本マットで大暴れするのも見たい!
スタッフさん、カレーマンも宜しく!!


 見返してみると本当に話題満載でしたね〜。
メインが日高vs望月ってのも当然といえば当然かと思えますが、
どこの団体でもそうですが、Jrがメインにくるってなかなか無いだけに、Jr大好き人間としてはちょいと嬉しくなりました!

あとは火祭りに向かって突っ走るだけ!

3・2・1、ゼロワン!
ウ〜ッ、マ〜ックスパンチ!!

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO-ONE MAX | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。