無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
新日本プロレス後楽園ホール大会7・7『TRILL』をみましたよ
 昨日の新日本プロレス後楽園ホール大会3連戦『TRILL』の第2戦を、
SAMURAIの即日放送、ニアライブで見ました!

その為か、今日起きるのは辛かったですよ〜(笑)

それにしても対抗戦は今も面白い。
でも、ちょっとお客側の熱が冷めてきてる??
歓声は凄かったけれども、始まった頃に比べたら下がった感じが。
平日だからだったからかな??

ま、いいや。面白いのに変わりなし!


■試合結果 新日本公式HP

■永田と田中がついにシングルマッチで決着戦へ=新日本プロレス

(スポナビ)



■第0試合
○岡田かずちか(4分54秒 逆エビ固め)●吉橋伸雄


 放送されず!!
う〜ん、なんか最近この「第0試合」ってのが定番化してきたような気が。
実際に会場に足を運んだ人だけのお楽しみの様な意味合いもあるんだけど、
こういう自分カラーが定着されていない新人さんのファイトこそ、
現在の団体の方針や、引出しが少ないゆえの素の一生懸命さを感じられて好きなんですけどね。
特に新日本の若手対決は迫力があるから好きなんですけど・・・・。

それと余談みたいですが、
『第0試合』って表記にちょっと・・・・。
0って何だ??存在しないみたいで嫌な感じ。
『ボーナストラック』とかにしたら、豪華というか、お得感があってよくない??
 

■全選手入場、カード発表
 皆が集まって、カード発表なんてすれば当然睨み合いや小競り合いが始まるわけで。
こういう場をみれば、誰が血の気が多いのか分かりますね。
勿論、ライガーさんの事です( ̄ー ̄)

それと、
今回で3回目となる、vs浪口戦を控えた裕次郎選手の冷めた目を見た時は、
ちょっとだけ同情に近い心境が生まれたのはココだけの話(笑)
ヤル気満々の浪口選手と、非常に冷めてる裕次郎選手の分かりやすいコントラスト。
ここまでハッキリ分かりやすいのも珍しいですね。
負けるな、浪口!!


■第1試合
○長州力、平澤光秀(5分59秒 ラリアット→体固め)大森隆男、●植田使徒


 第1試合に長州さん!?
なんか凄く貴重な気がしますね〜。

リキラリアットも絶好調!全般的に体も軽そうな感じでしたし。
体調も気力も十分。そんな感じでしたね。

大森「(植田に)大丈夫か? オイ、長州、平澤! オマエら自軍コーナーでしか試合できねぇのか? 堂々とリングの真ん中に出て来いよ。」
植田「次は絶対に負けねぇからな!」
大森「オオ! 返せ、オラ!」


いつも負けてしまっては厳しい先輩方に手厳しい指導をしてもらっている印象がある植田選手。
今回も奮闘むなしく敗れてしまい、大森さんはどんな感じになるのかな?
と思いきや、ワイルド且つ紳士的に一言。
舞台裏ではもっとあるのかもしれませんが、メディアスペースではそんな感じでした。
さすが大森さん。紳士です。
アックスボンバーズ物語は大好きでしたよ。


■第2試合
○裕次郎(4分8秒 インカレスラム→片エビ固め)●浪口修


 煽りVTRもあり、裕次郎選手の心境とは裏腹に凄い盛り上がってましたね。
新日本のリングだというのに、浪口エールが凄い事。
ゴングが鳴った瞬間から気合一杯!
全力でぶつかっていくも、厚い肉体と圧倒的なパワーで一発逆転されちゃうのは何とも痛々しい。
3カウントを奪った早々、勝ち名乗りも無く退場する裕次郎選手。
流石の余裕です。

試合時間は5分とないですが、終始動きっぱなしでハラハラして面白かったです。
浪口選手が勝つためには何が足りないのか?
どんな事が必要なのか?
ココまできちゃうと、なんとしても勝たないと・・・・
気持ち一杯のファイトに勝利の二文字を付け加えないと、新日本にも味方にも突き放されちゃいそう・・・・。
 戦前のパフォーマンスはいいんだけど、そこのところを掴まないと。
ガンバレ!!


■第3試合
●内藤哲也、田口隆祐
(13分50秒 那智の滝→体固め)
○崔領二、藤田ミノル


 煽りVTRでは田口選手がピックアップされていましたが、
内藤選手も食って掛かれる大きなチャ〜ンス!
崔、藤田選手ともに美味しい相手でしたからね。
食っちゃったらNO LIMITとしても新日内でいいアピールになるし。

でも、強烈に踏まれてしまいましたが・・・。
那智の滝はいつ見ても痛々しい・・・・。
フットスタンプ系はやられたくない技上位に入ります。

田口「崔をシングルで、1対1で倒したら、あのZERO1ガール(神崎里奈)と勝負がしたい」

田口さんwww
田中将斗選手とかじゃなくて、そっちかい!
余裕だね〜。
さすがファンキー!(意味不明)


■第4試合
●AKIRA、獣神サンダーライガー
(9分31秒 雪崩式デスバレーボム→片エビ固め)
○高岩竜一、関本大介


 ヤバイ。
関本選手とライガーさんの絡みは面白すぎる!!もっと見たい!!


関本「まだまだ、物足りないッスよ。もっともっとやりたい。ライガーとも、AKIRAとも」
高岩「大ちゃん(関本)は、ここにいちゃいけないポジション。もっともっと新日本のヘビーとやんないと」
関本「はい!」
高岩「中西へのリベンジもあるでしょう?」
関本「はい!」
高岩「今日は圧倒的強さで勝ったんで、大ちゃんのおかげ。」


 仲いいねぇ〜。
っていうか高岩さんは関本選手を「大ちゃん」って呼んでるのね( ̄▽ ̄)
親近感UP!

ライガー「関本、すぐシングルでやってやる。シングルやれって。次の対抗戦、俺と関本のシングル組め。
やってられるか。何がスーパーヘビーだ。この“筋肉お化け”が。
俺が大日本(プロレス)に乗り込んだっていいんだ。とにかく、俺と関本のシングル組め」


是非お願いします!!


■第5試合
○井上亘、タイガーマスク
(13分29秒 オラシオンフレイム→エビ固め)
日高郁人、●澤宗紀


 金本さんの欠場により、遂に対抗戦にタイガーさんが登場ですね。
井上さんはヘビー転向で白のショートタイツ。
髪も短髪になり、肌の色と合わさって爽やかさ200%増になってる感じ。
いいね。

バチバチ相棒コンビと、キラータイガー、そして自信に溢れたドッシリ感溢れる井上さん。
誰もが凄い良かったなぁ。
澤選手のバチバチの勢いを冷静に対処しつつ、技術の違いを見せる井上さん。
「頼もしさがこうも変わるものか!?」
と驚いてしまいました。

日高「ちょっとバカ騒ぎが足りなかったな、オイ!」
「すみません」
日高「タイガーマスク、対抗戦始まってからなんも反応を示さへんかったけど、メチャメチャやる気やんけ。
それやったら最初から出て来いよ。アイツ、俺らに向かって言うたからな。
『オマエら全員でかかって来い』って。
でも、全員もいらんからな。
そんなんやったら、俺が1対1でとことんやってやるよ。
あと、金本浩二。なに休んでんねん。さっさとリングに戻ってこんかい! まだまだオマエのこと、蹴り倒してやりたいねん。(澤に向かって)相棒、負けたけど気にすんなよ、オマエ」


コレだけ言われてますが、タイガーさんにとっては対抗戦は2番目らしいです。
トーナメントが終わったら出てきてくださいね。
金本さん、悔しいだろうなぁ。


■第6試合
△永田裕志、中西学(30分時間切れ引き分け)△田中将斗、大谷晋二郎

■第7試合(延長戦)
△永田裕志(5分時間切れ引き分け)△田中将斗


 前回30分引き分けで、再び再戦!
今度は永田さんもコンディションが戻ってきた感じでしたから、
この日は何かしら決着がつくかな?
と思ってたけど、その考えも甘かったですね(゚ー゚;A
凄い人たちはどんな状況でも凄い。
延長戦も緊急決定しましたが、それでも足りないかぁ。

次の機会は火祭り&G1後?
リング上で
田中「今日のお前は、本調子やったんか? 俺は自分ところの火祭りを制するから、お前、G1を制して来いよ!」

ちょっと田中さん(笑)
隣に大谷さんがいるwwww

大谷「まぁ、俺は冷静に答えてやるよ。前回引き分けた時よりも上がっているよね、調子が。でも、まだまだだね、スタミナ面で。俺らはまだ何試合でもできるよ。まぁ、田中には申し訳ないけど、永田はG1優勝できないよ。何でか分かってるよね? 俺が出るからよ。そこはちょっと(田中に)忘れられたな!」
田中「いや、ぶっちゃけ、俺が火祭り獲って、オマエがG1獲ってよ、“火祭りvsG1”、俺らのリングでやってやろうや。悪いけど、火祭りはオマエには譲らん。そのかわり、G1獲ってきてくれ。それほど悔しいことないよ、新日本のヤツらにとって。それをやったら俺らの勝ちじゃ」
大谷「俺は人一倍欲張りだから、ヤバいね。これ以上言うとケンカになっちゃう。悪いが、火祭り、G1、どっちも俺が獲る。今日はありがとう(と田中と握手)」


よかった、忘れてなかった(゚ー゚;A
ゼロワン二人が「火祭りvsG1」かぁ・・・いいね。
ん?
G1が大谷さんで火祭りは当然田中さん。
エールを送りながら
「火祭りは俺には勝てんよ」
って挑発してるね( ̄▽ ̄)

永田「キツいとか大変とか言う前に、気持ちが前へ出るっていうかね、それにようやく体がついてきたかなって。
なんかヤツと闘ってたらタッグ頂上決戦とか言ってるけど、そんなもんどうでもよくなってきちゃった。ZERO1-MAXを本当の意味で支えてるのは、田中将斗だと思うから。
中西、真壁が(火祭りで)勝ってくれれば俺の出る幕はないって当初は考えてたけど、そういうのを抜きに田中将斗を倒したい。完膚なきまでに。その気持ちが強いッスね。」


なんか復帰してからコメントに爽やかさが増したような気がする永田さん。
貫禄も出てきたのを感じて安心感を私が感じてるから、そういう気がするのかな?

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。