無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
プロレスには『 テンコジ 』という永遠の友情がある!
7・8 新日本プロレス 後楽園ホール大会3連戦『TRILL』3日目
(スポナビ)



■第7試合 ランバージャック・デスマッチ 時間無制限1本勝負
○天山広吉(23分15秒 アナコンダバイス)●飯塚高史



リングサイドに新日正規軍とGBHが終結し行なわれた、天山vs飯塚の完全決着戦が遂に昨日行なわれましたね。

アイアンフィンガー使用禁止というルールがアナウンスされましたが、
内容を見るに付け、隙あらばGBHが上手く乱入し、上手く流れをもって行かせない大苦戦の一戦になったようで。
リング内外でもう大変。

それでも、最後は正規軍全員がGBHを取り押さえる好アシストを受け、アナコンダバイスで決着!!

よかった。
本当によかったよ、天山さん。

しかし、試合後もそう簡単には終わらせない。

-----------------------------------
友情
 試合後、怒りが収まらないGBHがリングに乱入。
矢野が天山をはがい絞めにして真壁がチェーンラリアットを見舞い、なおも天山を痛めつけようとするが、
そこへ私服姿の小島が花道から突如姿を現し、コーナートップに上がった真壁に雪崩式ブレーンバスター。
客席からは、かつてないほど大きな歓声が沸きあがった。


小島「真壁、GBH、よく聞け。オレたちが世界一有名で世界で一番カッコいいチーム、天山小島略して天コジだ、バカヤロウ!
天山、待たせたな。探したぞ。もうちょっとしっかりしようぜ。オレもおまえも、まだまだ団体のトップを張っていかないとならないだろ。まだまだトップを張っていく気があるのか? 答えろ、天山」」


天山「おう、コジ。やる気あるよ。やってやるよ。まだまだ負けへん。あきらめへん。IWGPもG1も取りに行く。オレは最後まであきらめへんぞ。コジ、新日本、全日本、関係ない。オレとコジ、2人でこの業界盛り上げて行こうぜ!
オレはプロレスに友情があるって信じてるよ。コジ、プロレスに友情はあるやろ。まさかコジが助けてくれると思わなかった。ありがとう」


2人でガッチリと固い握手をかわした。

-----------------------------------


コジ!

コジ!!


コジィィィ\(≧▽≦)丿ィィィィ!!!

最高だよ!やっぱコジは最高だよ(TwT)!!!
コジ好きで本当によかった!!


俺、こういう展開はダメっす。
弱いっす。
試合結果を読み進めながら鳥肌が立って、感動でプルプル震えたのは久しぶり!
布団の中で感動と興奮でなかなか寝付けなかったよ!!
心の涙が止まんなかったよ!


天山さんの危機も、右肘の手術をして自身の事で精一杯。
週プロでも「天山の事に構っている余裕はない。自分でなんとかするでしょう」って言ってましたし、
現在のVM所属という立場的なことも考えれば、駆けつける可能性は無いと思っていただけに、

これは本当にビックリしました!!



-----------------------------------

小島「友達が困っていれば助けに行く。それだけです(と言い残し去る)」

天山「まさか、まさか、俺のパートナー、盟友、コジが入って来ると思わなかった。ホンマにお客さんよりビックリした。
コジとはやっぱり終わってなかった。これがホンマの友情。どこの誰かと違う。ホンマの友情やったね。最近、人を信じることができひんかったけど、コジは入って来て何するかと思ったら(G・B・Hを)蹴散らして、俺にも食らわすかと思ったら、やっぱりコジや。最高やった。試合よりも沸いたからね。ある意味、ちょっとショックやったね。おいしいとこは知ってるよ。さすがや。ただ助けに来ただけちゃうやろと思うけど、今日は感謝しとる。素直にありがとうって。」


-----------------------------------


団体が違うとか、立場がどうとか、

テンコジに関してはそういうものを超越する『友情と絆』がある!

『天山が困ってる』

それ以上の理由が無い。

泣かせるじゃないか!!
カッコよすぎじゃないか!
今までのテンコジストーリーで最高かも。
IWGPと三冠のダブルタイトルマッチでの再会に負けない位に感動した!

あの時は絶対に負けたくない倒すべきライバルとして。
今回は何者にも変え難い親友として。


いいなぁ。
この信頼関係、いいなぁ・・・。
久々に文章だけで泣きそうになりましたよ。
そんじょそこらのタッグなら
「ちょっとこっ恥ずかしい事言ってるなぁ」
と読みながらコッチが恥ずかしくなったり、むず痒くなる所ですが、

テンコジだと感動しちゃうのは何故なんだ?

『テンコジ』という二人の関係はプロレス界全体でも何かが違う。
唯一無二の特殊な関係。


----------------------------------

天山「とにかく今日はひと段落。区切りつけた。コジも来た。俺にとってはハッピーエンドでしょう。間違いなく、ハッピーエンド。ただ、体はボロボロやけど。誰かいい医者紹介してくれって。(立ち上がり、去り際に)ハッピーエンドちゃうんか」

----------------------------------

本当によかったね、天山さん。
これで気持ちよくG1を迎えられるかな?
GBHがこのまま終わるかなんて今はまだ分からないけど、
一旦決着!!


 あと、天山さん曰く、
「小島に意思があるならば、お礼にG1出場への手助けもする。」
って言ってましたが、

小島選手の右肘の状況はどうなんでしょう?
画像ではまだサポーターというか、テーピングをしてますけど、
しっかり治ったんでしょうか?
ガッチリコジコジカッターなど繰り出したという事ですが、その辺は??
コレばっかりは予想もなにも出来ることじゃないんだけど・・・
御本人のみぞ知る。
無理せんといていてね〜。

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。