無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
色んな意味で 『泣ける』大会 【NOAH】
うぉぉぉぉぉぉぉ!!


やって、


やって、


やってしも〜た〜!!!!

録画予約、ガッツリしましたよ。

PM6:00〜PM10:00

って。

そんでもって後は昨日の日記にUPした通り。
そいで今日仕事が終わって、「さぁ見ようか!」と気合を入れてTVの前に座ってHDDレコーダのスイッチON!

・・・・あれ?無いぞ(?□?;)

よくよく確認してみると。


7/19 PM6:00〜PM10:00


日にちが今日じゃん!!!
何でだ!!
一生の不覚<(ToT)>
もうね、ココ最近無かった様な虚脱感。
絶望ビリーですよ。
その後涙ながらにサイトを開いて結果を見たのは言うまでもありません。
せっかく必死にネタバレ避けてたのに(T人T)
友人に涙のメールを送ってみたところ

「いいじゃん、死ぬような事でもね〜し。2時間版まで待ってなさい」

彼には一度プロレスLOVEを注入しなくちゃならないようです。
ガッデ〜ム。


------------------
7・18 NOAH「Summer Navig’08」最終戦 日本武道館
(スポナビ)


■第1試合 タッグマッチ
井上雅央、●百田光雄
(10分7秒 隕石→片エビ固め)
○泉田純至、平柳玄藩

■第2試合
佐野巧真、●大田一平
(11分4秒 ダイビングセントーン→体固め)
○川畑輝鎮、志賀賢太郎

■第3試合
小川良成、田上明、○鈴木鼓太郎
(11分12秒 ブルーディスティニー→体固め)
本田多聞、菊池毅、●伊藤旭彦


■「第2回日テレ杯争奪ジュニアタッグリーグ戦」出場チーム発表

KENTA&石森太二(昨年度覇者)
金丸義信&鈴木鼓太郎
ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ
青木篤志&伊藤旭彦
リッキー・マルビン&エディ・エドワーズ
ブライアン・ダニエルソン&デイビー・リチャーズ
中嶋勝彦&飯伏幸太
(全7チーム)


 今年は丸藤さんは出ないんですね。
今年は外人選手が一杯。ROHの強豪たちが一杯。
その点でも新鮮さが一杯ですね。
そして何より驚いていたのが、
「中嶋&飯伏組」!
前日には「対NOAHとして組みたい人がいる」と発言をリリースしていましたが、
まさか飯伏選手だったとは!!
確かに対NOAHとしては昨年度の実績といい、実力といい申分ないですねぇ。
この2選手は組んだ経験は勿論ですが、
対戦も無かったですかね?
非常に興味深い新鮮な顔並び。
一体どうなるんでしょう!!

唯一問題があるとすれば、
飯伏選手の個性ある口下手でのコミニケーションでしょうかね(゚ー゚;A


■第4試合
○リッキー・マルビン、モハメドヨネ、齋藤彰俊
(16分26秒 サンタ・マリア→エビ固め)
秋山準、デイビー・リチャーズ、●青木篤志


 リッキー、立ち直った!?
ちょっと気になるのは秋山選手がBLOGで怪我をされたって事を書かれていること。
△秋山選手BLOG 19日UP「武道館大会」
http://akiyamajun.typepad.jp/blog/2008/07/post-5c6d.html

その辺は心配ないようですが、ちょっと気になるのは、
前のUP分に
『力皇選手が負けたら坊主になる』というのを東スポ記者に約束していた事。

△7月12日UP「今日の東スポ」
http://akiyamajun.typepad.jp/blog/2008/07/post-46d4.html

結果は森嶋選手防衛成功。

----------------------------
東スポの約束を・・・と思っているところにリキがダメージのあるところ来てくれて、「秋山さん、坊主には僕がなりますから止めて下さい。」と言ってくれた。

僕「それは俺が言った事だから、リキには関係ないよ。」

リキ「僕が負けたんで・・・」

そんな事はないよリキ。
苦しいリハビリを頑張ってよく4ヶ月でここまできたよ。
逆に『おめでとう!』と言いたいよ。

そう思ってくれるなら、また頑張って2人でタッグに挑戦しよう!
その時、頑張ってくれ。

8月23日は高校2年生以来、22年ぶりの坊主かぁ。

----------------------------

 凄い良いよぉぉぉぉ(T人T)
力さん、秋山さん、期待してます!!!!


■第5試合 特別試合6人タッグマッチ
○杉浦貴、三沢光晴、丸藤正道
(17分46秒 足首固め)
小橋建太、高山善廣、●中嶋勝彦


 『 寸評を 読めば読むほど 悔やまれる 』

悲しみの一句を詠んでしまいます・・・・。
TOPどころを差し置いての中嶋選手大奮闘。
あぁぁぁぁ(T-T ))(( T-T)あぁっぁあぁぁあ
泣くしかないね・・・。

 小橋さんの復帰戦では『約束の合体』を果たしましたが、
やっぱり高山さんと小橋さんは合わないそうで(゚ー゚;A


■第6試合 特別試合シングルマッチ
○佐々木健介(22分23秒 ノーザンライトボム)●KENTA


 『 悔やまれる あの時日付を 見なかった』

またまた自分のどうでも良い一句。
ハフン。

 予想どうりのハードな内容ですね。
でも、健介さんの方が流石の印象。受け止めて倍返しをやっていたのかな?

-----------------------

――KENTAは何度も立ち上がって来ました

健介「試合終わって、こんなこと言っちゃいけないのかもしれないけど、よく俺の力についてきたんじゃないの?
俺もヘビー級だけど、戦っててKENTAのスピードで目が回らないように、俺もスピードで対抗しようと思ったしね。
ヘビー級が力だけだと思ったら大間違い。ジュニアがアッと思うような動きを見せたかった。
まぁそんなことよりも、試合やっちまえばスッキリした。KENTA君が勝彦のことを子どもだと言ったけど、俺からすれば2人ともまだまだ子ども。
固まる必要はない。まだまだ強くなれる。俺は(2人が)幼稚園行っているときから頑丈な壁、武器を作ってきた。
(KENTAは)気持ちよかった。的確にエルボーとか入ってくるし。こういうときにこそ先輩でよかったなと思う。
後輩にこういう選手が控えてて。プロレス界の宝たち、鼻血垂らしながらでもがんばれ。」

--------------------------

何かコメントが大人の余裕満載ですね。
KENTAさん、リッベ〜ンジだ!!


■第7試合 GHCジュニアヘビー級選手権試合
○金丸義信(15分33秒 タッチアウト→エビ固め)●石森太二
※第14代王者が5度目の防衛に成功


 GHCタッグでの不本意な結果をシングルで返せなかったかぁ〜。

----------------------------

金丸「防衛して当然。ここでつまづくわけにはいかない。
この前タッグ獲ったしね。チャレンジャーはあれぐらい勢いなきゃダメ。もっとあってもいいけど。
(試合は)うまくまとまったかな。これからどんどん引っかき回していきたい。 」


----------------------------

金丸さんは口数が少ないけれど、その分内容はズバッと辛口ですよね。


■第8試合 GHCヘビー級選手権試合
○森嶋猛(13分24秒 バックドロップ→片エビ固め)●力皇猛
※第12代王者が2度目の防衛に成功


『見たかった 大型対決 見たかった』

この貴重な超巨体タイトルマッチを生は無理だったにせよ、
近い時間で見れなかったのは泣けます。
今回の森嶋さんはどうだったのかな?
全開の防衛戦がちょいとガッカリ感満載だっただけに、この一戦は力さんが相手というのもあって、心の期待感が高かったんですよね。

短いようだけ、内容が濃かったりしたのかなぁ?
ま、悔やんでもしょうがない!
何週間後の「G+ NOAH 2時間放送版」を楽しみに待つとします・・・


森嶋「本当にすごい強い挑戦者でした。ありがとうございました。
これからも張り合っていけると思った。ノアで一緒に頑張ってきた仲間でありライバル。防衛もうれしいけど、力皇とやれたことがうれしい。
(時期挑戦者は)自分の中では決着をつけないといけない人がいます。
白黒つけたいと思いますんで、佐々木さん、お願いします。」



 もはや『伝説』となった様な博多大会での一騎打ちが時間切れ引き分け。
タイトルマッチとしてリマッチをする事は、その時から必然。
博多大会では健介さんに押されたりと、難しい内容ながらの引き分けだったようです。
これまた結果、内容ともに難しい防衛戦になりそうです。

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | NOAH | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。