無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
【画像追加】 生観戦!! 7・27 DRAGON GATE 神戸ワールド記念ホール
 神戸ワールドに遠征してまいりました!

言うまでもなく、ドラゲー年間最大のビッグマッチ!
新日本ならG1決勝!
全日本ならチャンカー決勝!
WWEで言うなら、レッスルマニア!

『ビッグマッチ』と言える興行の生観戦は、
長年プロレスファンをやっている身としては恥ずかしながら初めて!
苦手な休日の早起きも、この日ばかりはしっかりと!
9時に待ち合わせをして、飛んで行きましたよ〜。
i-Podに入れていたドラゲー関連のBGMをかけながら、ドラゲートークで3時間!
テンションを上げていた為、到着した頃には妙にソワソワ(笑)
ポートアイランドへ繋がる橋から綺麗な海と街に感嘆の声をあげ、
ようやく会場の神戸ワールドが目に入った時には、
「本当に来たんだ〜!」
とちょっと感動(笑)
お祭り騒ぎのような会場周辺の人ごみ。
暑いはずなのに、待っているのも全然苦になりませんね。
この待ち時間もスッゴイ楽しいんですよね♪

 試合開始15分前ほどに自席に到着!大きな電光掲示板の下。
でもスリ鉢状だからスッゴイ見やすかったのは予想外!
財布事情により少し控えめなチケットにしていたのですが、神戸ワールド記念ホール。
素晴らしい会場です!!
天井高ぇし(◎A◎)
開始まであと少し。

その間、いつもはテレビ画面越しだったPPVの実況席を、離れた後ろから見学(笑)
マッチョ記者の藤本さん、本当にマッチョ!!
ゲスト解説のハヤブサさん!!
日本が誇るレジェンド。
ハヤブサさんが居なかったら、日本国内は勿論、
海を越えて、WWEのジェフ・ハーディーをはじめとするスーパースターは存在しない。
まさに神様!!
この目で見れたことに感激!

 そして遂に開始のイントロスタート!!
JAM projectの『DRAGON STORM 2007』が爆音で鳴り響く!
01
レーザー光線も半端ない!

もうね、

鳥肌が「ブワァァァァッ!!」って。

テンション上がりすぎて、正直、


少し泣いてました(笑)


これがビッグマッチ・・・・。
ドラゲーのHOME、神戸。

来年も絶対にココに来る!!
何があっても絶対に来る\(≧▽≦)丿

相変わらずいい声な菊池リングアナの「試合を開始いたします!」のアナウンスで、いよいよスタート!!


===============================================

7・27 DRAGON GATE 神戸ワールド記念ホール
〜ドラゴンゲートKOBEプロレスフェスティバル2008〜


■第1試合 タッグマッチ
○エル・ジェネリコ、戸澤アキラ、大野勇樹
(9分19秒 垂直落下式ブレーンバスター)
K-ness.、スペル・シーサー、●シーサーBOY


02
 先ずは『クネ・シーサーズ』が入場。
何とクネスさんは白コスチューム!すっげぇカッコイイ!!
シーサーズとカラーを合わせたのね〜。
改めてPPVで確認したけど、
スッゴイ良い!
また他のステージでも見てみたいっす。

【参考URL】クネス選手BLOG
http://spora.jp/kness/archive/603/0

 序盤はシーサーズが好連係も見せ、素晴らしい試合運び。
しかし、中盤から戸澤塾も奮起を見せ、重さを生かしたムーブで流れを止める。
そして、留学生のジェネリコが大立ち回り!
あの細い体でありながら、垂直落下式ブレーンバスターの重量感!
ポイントで面白いアクションも魅せるけれども、凄い技術の持ち主だ!


■第2試合 “ハリウッド”ストーカー市川 暴走十番勝負 第4戦
○ICHIKAWA(6分23秒 サスケのセントーン自爆)●ザ・グレート・サスケ


 何って、
市ちゃんが勝っちゃったよ(笑)
サスケさんが自爆で負けちゃったよ(笑)
この『自爆』で負けるってのが、日本最強のオンリーワンレスラー『ザ・グレート・サスケ』たる由縁(笑)
ICHIKAWAさんよ、勘違いするなよww

内容?
「ラダー」がセットになった場合のサスケさんといえば、
プロレスファンならもうその予想通りですよ(笑)
ダイブで思いっきりラダーにIN(笑)
後楽園ホールの「ノスタルジックツアー開幕戦」で青サスケさんがやってしまったアレですよww

ICHIKAWA選手もラダーを頭にかぶってグルグル回ったり。
しかも、しっかりサスケさんにクリーンヒットするしwww
05
「ラダーが主役だった。」
と言ってもおかしくないよなぁ(笑)

 試合後のコメントを見てみると、
サスケさんは亡くなった水野晴夫さんの為にも
『何としてもハリウッドの称号がほしかった』
らしいwww
何じゃそりゃww



■第3試合 タッグマッチ
○サイバー・コング、TAKEMURA
(15分41秒 サイバーボム)
岩佐拓、●新井健一郎

06
 予想外にサイバー&TAKEMURAが良いコンビネーション。
前ツインゲート王者の二人が翻弄される場面が凄い印象的でした。
今後もいける?
逆に新岩コンビは、王者時代の輝きが出せず・・・・。
愚連隊にツインゲート挑戦者決定戦を持っていかれてから、未だ勢いを戻せず!?


■第4試合 オープン・ザ・ブレイブゲート王者決定戦
○堀口元気(10分33秒 ビーチブレイク)●m.c.KZ.


 凄い久々に堀口さんのレア技、『GHロック』を見た!
しかもこの目の前で見れた\(≧▽≦)丿

07
結果でみれば当然のような堀口選手のブレイブ二度目の戴冠。
でも、KZ選手もキャリア以上の凄い良い内容でした。
要所で魅せたトペも美しかったし、
攻め込まれていても常に前を見る姿勢。
ビーチブレイクも一度はキックアウトし、掟破りの逆さ押さえ込みでカウント2・9!
ベルトまであと指先ちょっとだったんだけどなぁ・・・・。
でも、ベルトは獲得圏内。
この日はダメでも、今度は行ける!!

入場のラップもカッコよかったよ!!


■第5試合 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
【王者組】○斎藤了、横須賀享
(14分1秒 プレミアム・ブリッジ)
【挑戦者】MAZADA、●NOSAWA論外


 改めて愚連隊恐るべし・・・・。
世界をまたに駆けたタッグチームの違いという物は、
「ただ勝ち続けているってことじゃない」ってのを思い知らされた感じ。
勝敗、結果ではない。
「何かしらで魅せた物が勝ち」
っていう「プロレス」しかない独特の評価ってのはこういう事かと。
何て表現したらいいのか・・・・

あともう少しで背中の痒い所に指が届くのに、
その度に愚連隊が茶々をいれてきて、皮が捲れちゃうような勢いでその箇所を引っ掻かれる。


・・・・意味分かりませんね(笑)
文字で表現するにはちょっと国語力が足りないのか(TヘT)

王者組は「何とか手繰り寄せた」
そんな印象が残りました。

08
でも逆に言えば、「何とか」でもベルトを手繰り寄せられる引出しがある。
本当に素晴らしいチームなんだなぁ。


■休憩〜休憩明け

初めて耳にするJAM projectの歌が。
「セミファイナルだぜぇ〜!!」
って言ってたから、ビッグマッチ限定??
それともこの日だけ?
何にせよ、凄い得した気分♪

 そして、ワールド恒例、岡村社長のご挨拶。
やっぱり今年もキタ!

11
「超満員御礼」発表!!
11月に「大阪府立第一競技場」大会開催発表!
これまた大きな会場ですね〜!
そして、特別ゲストのCIMA選手がセグウェイに乗って登場!
12
欠場中とはいえ、やっぱりこの人がいないとね\(≧▽≦)丿
この日はレンタルのセグウェイ。
なんとか購入したい為、社長をのせる駆け引き。
しかし、購入の場合はCIMA選手の給料天引だそうです(^ω^;)

来年はワールド開催10周年。

社長「できればウイング(神戸ウイングスタジアム)行きたいと。」

(◎A◎)
これまた凄い大きい会場ですよ!

■神戸ウイングスタジアム
http://www.homes-stadium.jp/


でも、
ドラゲーだったら埋められそうな気がします。
もし決まったら、そこへも遠征しますよ!!


CIMA「必ずこのリングに戻ってきます!!」

この言葉だけで十分。
ドラゲーだけじゃない。
世界中のプロレス界全体がアナタを待っています!!


■第6試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合 6人タッグ4WAYマッチ
【1】
○Gamma、神田裕之、YAMATO
(21分29秒 マスク剥ぎ首固め)
望月成晃、ドン・フジイ、●マグニチュード岸和田

【2】
○土井成樹、吉野正人、谷嵜なおき
(25分43秒 バカタレ・スライディングキック)
ドラゴン・キッド、アンソニー・W・森、●PAC

【3】
○YAMATO、Gamma、神田裕之
(28分00秒 ギャラリア)
土井成樹、吉野正人、●谷嵜なおき



13
電光掲示板も一杯一杯(笑)

何が凄いって、入場だけでも物凄い贅沢で華やか!
15
リング上は満員電車だよ(笑)


はっきり言います。言わせて貰います。

プロレスファンをやってて、このドラゲーの4WAYを見なければ、
プロレスの「楽しさ」の大多数を損してる!!!

現場なり映像なりで見た人は、そう言っても納得してくれるはず!
まさに『ジェットコースタープロレス』。
間違いなくこの形式はDRAGON GATEでしか「出来ない」。
見られない試合。

28分。
超秀逸な映画を見たような満足感。

楽しさ、激しさ、駆け引き、レスラー同士の歴史

全てがこの時間に集約される。
見ている間は、鳥肌、涙、叫び。
五感の全てを開放している事の気持ちよさを戴冠できるはずです。

雑誌やネットじゃ、8割も感じることが出来ない。
どんな手段でもいい。
絶対に見てほしい試合でした。


 それにしても、
悪の軍団ってのはこういう形式になるとめっぽう強いですよね〜(゚ー゚;A
Gamma・・・・何だかんだで酷い目にあっても、最後は持って行っちゃうんだよなぁ〜。
そこが「プロレス頭がいい」って言われる由縁なのかなぁ。


そして、

フジイさんは神様ですww

3WAY、ならびに4WAY戦はフジイさんvs他全員のチョップ合戦がないとね(笑)


 さぁ、そして遂にメインへ!
16
電光掲示板も緊張感が走ってるような気がします!!


■第7試合 オープン・ザ・ドリームゲート第9代王者決定戦
○鷹木信悟(36分53秒 ラスト・ファルコンリー)●B×Bハルク


 遂に訪れた『 DRAGON GATE新時代の真の幕開け 』。
間違いなく、この日、この瞬間からDRAGON GATEの新たな扉が開かれました。
絶対的エースが認めざる負えなかった、『DRAGON GATE』生まれの純血の二人が、
数多くいるメインイベンターを退け、年間最大の興行のメインのリングに。
この意味というのは、思っているよりも遥かに大きいのかもしれませんよね。
この団体のサイクルの速さを象徴するのにこの上ないです。

 そんな事を考えているうちにB×Bハルク入場!
カッコよくアレンジされた新テーマ曲!!
ダンスもキレてます!!
17
最後のポーズ、キメッ!!

二人が揃って会場中が全員起立。
国歌斉唱。
何、この緊張感( ̄□ ̄|||)
重厚な君が代。学校の卒業式より重みを感じたのは内緒だ。


そして遂にゴング。

緊張感のMAXの中にらみ合い、探り合う2人。
スッゴイプレッシャーを感じてるのかなぁ・・・・。

ビッグマッチだからといって特別な事はしない。
あの60分引き分けの闘いと同じく、正面から自分をぶつかる。
しかし、「これで真の決着がつく」、
「新時代の幕開けが目の前で繰り広げられる」
という見た目以上に感じる緊張感と、2人の存在感が、
一挙手一投足を重厚に感じさせる。

当然、リング内だけの戦いに収まらず、
花道での強烈なスープレックス、
エプロンサイドからの強烈な断崖式EVO!

15分を過ぎた頃には壮絶な消耗戦とでも言いましょうか?
「極細の糸がプツッと切れたら負け」
と言うかのような攻防の連続。
ブラッド・フォール、
ラスト・ファルコンリー、
メイド・イン・ジャパン、
FTX、
EVO、
マウス、
惜しみなく得意技を繰り出す両者!

そして、遂にハルクが繰り出した!
ハヤブサさん直伝の『フェニックス・スプラッシュ』
これ以上無い完璧な決まり方。

しかし、2・9で返す鷹木選手!!
思い返せばコレで決められなかったのが本当に痛かった・・・。
コレを返した後の鷹木選手の顔つきや動きが明らかに変わる。
ラリアット、エルボー。
単純な一撃が物凄く重たい魂の一撃に。

ハルクも負けじと全てを出し尽くし、本能の闘いに。
得意技も惜しげもなく何度も何度も繰り出す。

しかし、決着の時。
ハルク選手も何とか落とされまいと抵抗するも、
完璧な溜めの問答無用の『ラスト・ファルコンリー』!

会場の隅まで伝わる説得力抜群の強烈無比な一撃で遂に決着!!
新時代の旗手は鷹木信悟!!


 『王者』鷹木選手の口からハルクを認めるマイク。
コレだけの闘いをすれば、もうそう言うしかないよなぁ・・・。

そして、解説にいたCIMAに向かって「戻ってきても居場所はない!」と宣言。
コレには日本最高のマイクテクを持つCIMAさん。
本当に巧く言い返すも、
サイバー・コングが襲撃!CIMA選手ををリングへ。
コレに異を唱える新王者に、「一発喰らわせろ!」と言い、仕方なくやろうとするすると、
背後から堀口選手がミサイルキック!!
三行半宣言!!!

鷹木信悟 リアル・ハザード追放!!

何という流れの速さ( ̄□ ̄|||)
リンチをされる鷹木選手を救ったのはタイフーン勢。

キッド「タッグリーグも始まるし、俺と組んで優勝しよう!」

当然、拒否。
斎了が説得するも、去ろうとする鷹木選手を
何と、アンソニーがビンタ!!

アンソニー「偉そうな事を言ってるけどなぁ、お前が幾ら強がったってなぁ、タッグリーグには一人では出られないんだよ!!
悔しかったらキッドさんと組んで優勝してみろよ!!」


凄く当たり前のマイクに鷹木選手は勿論、
会場中もビックリで大沸き(笑)
アンソニー、実はこの団体で一番凄い人なんじゃないかww

鷹木「お前が組めばいいだろ!!」

アンソニー「僕と組んだらキッドさん優勝できないだろ!!」

おいっ!!アンソニーwwwwww
大爆笑wwwww

コレには納得せざる負えなかった王者(笑)
完全に根負けして、無理やり納得したような感じで、
タッグリーグ限定のタッグ結成承認!!
形はどうあれ、王子の完全勝利( ̄▽ ̄;)

鷹木「森、お前控え室で覚えとけよ!後でやり返すからな!!」

またまた爆笑www
鷹木選手、マイクもうめぇwwww
しっかりと締めてみせて、見事に神戸ワールド大会終了!!
ドラゴンストームが流れる中、日の丸に向かいベルトを掲げる王者。
見事なメインでした!!
本当に、ココの選手は皆個性がしっかり合って面白すぎ!!

 終了しても余韻をいつまでも味わいたくて、
しばらく席にいて撤収作業を眺めてました。
19

時よ、止まってくれ(iдi)

帰路もやっぱりこの話。
本当に、本当に楽しかったDRAGON GATE!!

来年も絶対に来るぞ!!!


あ、


撤収時、ゲスト解説を終えて、多くの人に囲まれるも、
凄くいい笑顔で快くサインに答えるハヤブサさん。
20


本当にいい人ダァァ(T人T)ァァ!!

えっ?ワタシ?

お姿を拝見するだけで、もう、ね(iдi)

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DRAGON GATE | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。