無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
タッグリーグ暁藩陲粒幕! も、そこにはどこにも負けないお客さんとの『プロレス愛』がある。
 新日本ではG1が開幕しますが、ドラゲーもタッグリーグが開戦!
神戸ワールド後の大型シリーズ開幕。コチラも気になります。

そんな初日。
ありえない大事件が勃発したようですね(◎A◎)


----------------------------

DRAGON GATE「Summer Adventure Tag League II」東京・後楽園ホール大会

■第1試合
○Gamma、神田裕之
(8分6秒 マスク剥ぎ→横入り式エビ固め)
シーサーBOY、超神龍●




 神戸ワールドでは“天敵”の岸和田兄さんをマスク剥ぎという卑劣極まりない手でフォールし、
絶倫ズを早々に退場させましたが、この日も神龍を餌食に。
もしかして、Gammaさんは今後マスクマン狩りを!?


 さて、結果速報を見ていると、気になったのは


「開始後間もなくリングのキャンバスから異様な音が鳴り始め、堀口がロープに振られた瞬間、ものすごい音と共にロープがいっせいにゆるみ、鉄柱の1本が大きく傾いてしまう。」


なんと、リング崩壊( ̄□ ̄;)!?

■リング崩壊! DRAGON GATEで前代未聞の珍事が発生
(スポナビ)

■ノーリング状態でタッグリーグ戦が開幕 前年覇者の土井吉敗れる=DRAGON GATE
(スポナビ)

昔、WWEでコーナートップに登ったビッグ・ショーをレスナーがブン投げた際に、リングが崩壊して番組終了!
という回がありましたが・・・・。

何でも、
「アメリカから買ってきたリングの西側の鉄骨の鉄柱と横の鉄骨をつなぐ溶接がはずれていた」
と・・・。
選手が怪我する事無く第1試合が終えられたというのは幸運でしたね。

お客さんの許しを得て、
床に直にマットと板を敷き、ノーリングで興行を進める
ということになり、
リアル・ハザード以外の全選手、欠場中のCIMA選手、そして社長の岡村さんをはじめとするスタッフ全員での作業開始!
コレって凄いですよね〜。
リング屋さんを使わずに、選手、スタッフが興行の全ての事を理解、作り上げているドラゲーだからこそ。
30分という中断時間ではあったようですが、この日観戦されたお客さんは非常に貴重な物を見れたラッキーなお客さんであると言えますよね!
ロープのないプロレスといえば『アイスリボン』がアイスボックスでやってましたね。
それに、埼玉プロレスやお金のないドインディー団体くらいのものでしたが、
アクシデントとはいえ、ドラゲーがやってしまうとは・・・・。

BLOG『セコンドアウト!』さんでは、その時の写真もUPされていますね。
http://blog.livedoor.jp/editor/archives/51473727.html

 ただ、ロープワークや高さを生かした攻防の多いドラゲー。
その後、どんな感じだったのだろう!?
と興味は沸くばかり。
四角いマットのみの、ドラゲーでは考えられなかった陸上戦必死の大会。
しかも、タッグリーグ初日。
キッド選手をはじめ、ムーブに相当不利になる選手がどんな攻防を見せるのか・・・。
勝敗にも多大な影響が出るはず。
気になるなぁ・・・。

無事に作業も完了し、全員で頭を下げて再開!

土井「すみません、大変お待たせいたしました。よろしくお願いします!!」

頑張れ、みんな!!


■第2試合 戸澤アキラ・ダイエット7番勝負 〜第1戦〜
○マグニチュード岸和田(4分5秒 逆片エビ固め)●戸澤アキラ



『30分もの中断時間があったにも、観客のテンションは下がらず。』
分かる気がします( ̄▽ ̄)
いつもと違うシチュエーションが起こると、逆にワクワクしますし、応援のし甲斐も上がりますよね。
 
 岩佐選手のBLOGによると、急遽作り上げたリングは「痛かった」との事。
そんな場で、第1戦から岸和田兄さん(笑)
大地震で全身の贅肉がプルプル揺れて脂肪燃焼ですかww
岸和田兄さんは数々のインディー団体を歩いてきてる人。
こういうリングも「へっちゃらりん☆」って人ですからね。
相手も、場も悪かったか?


■第3試合 3WAYマッチ
1.○堀口元気(4分23秒 バックスライド・フロム・ヘル)●アンソニー・W・森
2.○忍(4分53秒 逆さ押さえ込み)●堀口元気



 1本目をとった30秒後に、逆に逆さ押さえ込みですか( ̄□ ̄;)
当然、堀口さんの持つブレイブ挑戦の流れになるわけですね〜。

「ブレイブ王者の堀口に勝ったぞ。オレはこういうリングには慣れてるんだよ。八木さん、ブレイブゲート、ボクにやらせてください」

確かに。
この日の参加選手の中では、埼玉プロや二丁目プロレス等で数々のノーリングプロレスをやっている忍選手だ( ̄▽ ̄)
まさに『経験の違い』ってヤツですね〜。
この日ばかりは、忍選手が一番地の利を生かせる訳画ですね!

堀口「このどインディーレスラーが。トライアングル取ったから次はシングルか。甘いんだよ、おまえにシングルのベルトをかける資格はないんだよ」
八木本部長「忍選手を次期挑戦者に指名します。決定します。堀口、せいぜい負けないように頑張れよ」
堀口「頭じゃおまえに勝ってるぞ!」


堀口さん、正直ドッチもドッチっす(笑)

 あと、余談ナンですけど・・・
どうしても、ドラゲーで活躍する忍選手と、
リアルメンズ倶楽部、666等に出てる「妖しい忍」さんが同一人物とは思えません(笑)
どんだけ振り幅があるんだよ!
と(゚ー゚;A


■第4試合 Summer Adventure Tag League供仝式戦
○ニック・ジャクソン、マット・ジャクソン<2点>
(5分53秒 ジャックナイフ式エビ固め)
望月成晃、ドン・フジイ●<0点>



 巧みなロープワークと空中戦が主な戦法のジャクソン兄弟に比べ、
陸上戦が主なフジイサンがいる分、絶倫ズ有利かと思いましたが、あらら・・・・。
約6分・・・・。真・最強ハイキックの誤爆。
超強力な一撃を誤爆っていうのが本当に痛かったんだなぁ・・。
ま、まだまだ始まったばかりです!

望月「絶好調!」
フジイ「絶好調!」
望月「絶好調だこの野郎!絶好調すぎて誤爆のハイが効き過ぎたんだよ!」
フジイ「絶好調すぎて、効き過ぎたよ!」


リングの違いの影響で下半身が安定しすぎて綺麗に入ったんだそうでΣ(◯o◎;)

絶好調じゃんww
火祭りの疲れ、ハワイ帰りの夏風邪も吹き飛ばして(笑)

フジイさん、モッチー、ファイト!!


■第5試合 Summer Adventure Tag League 公式戦
○鷹木信悟、ドラゴン・キッド<2点>
(13分42秒 MADE IN JAPAN)
B×Bハルク、●谷嵜なおき<0点>



 ロープが無い。
この日一番影響を受けるのがキッド選手ですよね。
タッグ結成の経緯もあり、どうなる事かと思いましたが白星発進。
鷹木選手のドッシリしたファイトスタイルが上手くフォローしたようですね。
試合後のハザード軍の乱入もキッドさんと蹴散らして握手。
幸先良いじゃないですか〜。


■第6試合 Summer Adventure Tag League 公式戦
○横須賀享、斎了了<2点>
(16分18秒 ジャンボの勝ち!固め)
●新井健一郎、岩佐拓<0点>



 この日一番のタッグ屋対決は王者が流石の勝利かぁ・・・。
ワールド前から不調気味な新岩タッグも勢いを取り戻して嵐を巻き起こしてほしいっす!


■第7試合 Summer Adventure Tag League 公式戦
○サイバー・コング、YAMATO<2点>
(19分12秒 サイバーボム)
土井成樹、●吉野正人<0点>



 昨年覇者でもあり、団体No1のタッグ屋さんが初戦敗退!
悪の勢いに乗るハザード軍にいかされちゃったかぁ〜・・・。

YAMATO「タッグチームの象徴である土井吉から完璧な3カウントを取ったぞ! ロープがあろうがなかろうが、リングがあろうがなかろうが、強い者が勝つのが自然界の摂理。アメリカかぶれがこんなとんでもないリングを持ってきたからこんなことになった、28日、最後にこのリングに残ってるのはオレたちYAMAコンだ、以上!
ひとつ言い忘れた。おまえら、何であのリングがぶっ壊れたか知ってるか?

こっそりオレが道場で細工してたんだ

バーカ!」


微妙な空気を察して咄嗟に付いた嘘なら物凄く良い人ですが、
本当ならトンでもないヤツです( ̄□ ̄;)


土井「さっき壊れたリングはオレたちがアメリカから発注したリングです。最後にツメが甘かったと思います。すみません。
でも、そんなこと言ってられへんやろ。つぶれたもんはつぶれたもん。しゃあない。
オレらはリングで恩返しするだけ。それだけや。8月28日、そこで決勝トーナメント優勝して、これぞDRAGON GATEという試合をお見せしますんでよろしくお願いします。みなさん、今日はリングコンディションの悪い中、最後までご観戦、ありがとうございました」


 仰るとおり、「なっちゃった物はしょうがない」じゃない。
この考え方は分かるなぁ・・・。
私の普段の考え方と同じ感じ。
「今後ろ向いたってしょうがないじゃん。その時間で次の一手を考えようよ。」
後悔、反省ははそれが終わった後。
そういう思考が出来なくて、いつまでも人を責めて連帯感を崩す様な人が意外と多いんだよなぁ・・・。

全く持って予想外だった今大会。
なにより、無事に終わってよかったですね。

吉野「ああいう状況になったにもかかわらず、最後までお客さんも残ってくれて温かい目で見守ってくれて、お客さんから貰った拍手、一生忘れないです。
一言言えるのはDRAGON GATEのファン本当に最高ですね。今日何回リングで涙流したか分からないです。
お客さん一人一人が『楽しかった』『お疲れ様』と声をかけてくれて、本当にDRAGON GATEでプロレスやっててよかったと思います。」


 普段はコッチ側が色々貰っている立場ですからね〜。
たった一度の失敗。しかもそれを帳消しにするような一生懸命なファイトをしたら誰も責められないんじゃないですか?
終了時には全選手でお見送り。
当たり前のような事でも、お客さんへの誠意がより強く感じられたのは、
今まで幾つもの素晴らしい舞台を作り上げてきた、ドラゲーへの信頼があるからなんでしょうかね?

本当にプロレスファンは温かい人が多いんだよ\(≧▽≦)丿


岡村社長「これまで数々の団体のピンチがあったけど、それを乗り越えてきたように、今のDRAGON GATEを象徴するような出来事だった。
何もないところからひらめきを見せた選手たちもすごいし、ケガもなくて良かったし、お客さんのあたたかさを感じた。選手たちの勢いはすごい。止められない」



団体は底が知れない。
本当にこの日は全選手、スタッフさん、「お疲れ様でした!」です。



JUGEMテーマ:プロレス


| からし | DRAGON GATE | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。