無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
11・12 新日本プロレス大阪大会を見てきました
観戦記はたぶん書きません(汗) 
これから色々忙しい時期なのでw 



写真はUPするとは思います。 



今日のメインはIWGPヘビー級選手権試合。 
タナさん vs 矢野さん。 

なんと、タナさんがメヒコ仕様!! 

日本初披露!! これが最高にしびれました!! 

G1後楽園ホールでの直接対決以降、矢野さんへの会場人気が凄まじく、もちろん、この日の大阪もカード発表の時点から凄まじいリアクションがありました。 

完全に、タナさんがアウェーな雰囲気。 

それを少しでも覆すために持ってきた「棚橋弘至・メキシコルードバージョン」 


スタイルまではルードではありませんが、すこしそんな匂いを感じさせる部分もありつつ、試合を展開。 
反則に苦しみながらも堂々たる防衛でした。 

タナファンだから、という部分を抜きにしても、矢野さんとの流れはタナさんがどんな状況でも自分のものに出来る凄さってのを改めて知りました。 

メヒコ仕様で矢野ムードから「おっ!?」と振り向かせたり。 
どこまで「世界感を見せてくれるんだ・・!」と。 


本当に素晴らしい王者です。 

タナファンであることが嬉しくなり、もちろん、新日の素晴らしさも感じたり。 


あ、もちろん、矢野さんももう一度タイトルに挑んでいって欲しいです! 

昨今の矢野ブームは決して一過性のものではなく、ずーっとファンの方たちが望んでたことが一気に爆発したところからでもあると思うので!! 


他の試合の詳報は公式HPをご参照ください。
今回も様々な動きのスタートが・・・・!!
テンコジ、どうなる・・・!?
++++++++++++++++++++++ 
▼新日本プロレス公式HP 大阪大会結果詳報 
http://www.njpw.co.jp/match/detail_result.php?e=469 
++++++++++++++++++++++

JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
【新日本】力こそが全て!G1タッグリーグ2011最終戦を見ました! 11・6後楽園
G1でシングルの頂点を争った後はタッグの頂点を争うシリーズ、G1タッグ。
今日で最終戦!!
J SPORTSで生放送!!!
しかも、今日は「無料開放デー」ということで、普段契約していない方々でもしっかり見られるという素敵なタイミング!!
きっと、普段見たくても見られないという新日本プロレスファンの皆様も沢山みられたのではないでしょうか?
ナイスタイミング!!

++++++++++++++++++++++

■第1試合 8人タッグマッチ
渡辺高章、●高橋広夢、三上恭佑、キング・ファレ(9分2秒 ナイスジャーマン)ドン・フジイ○、石井智宏、秀雄・サイトー、飯塚高史

 解説の小林邦昭さんが完全にヤングライオン寄りw
解説っていうか、完全に親のようにマイク越しに激を飛ばしておりましたw

そしてドラゲーの新人教育係のフジイさん、今日は新日のヤングライオンを教育。
最後は石井さんとの怒涛の連携からのナイスジャーマン!!!!
新日で流れる「WILD DRANK HUSKEY」は、また違った新鮮さがありました。


■第2試合 タッグマッチ
田口隆祐、○真壁刀義(7分54秒 キングコングニードロップ→体固め)タイチ●、TAKAみちのく

 TAKA&タイチくんのペースに苦しんでるかとおもいきや、真壁さんのカウンターのダブルラリアットでの反撃から一気にキングコングニードロップで勝利。
全然余裕の表情でしたねw
そして真壁さんは
おい、三下共よく聞け。高山を呼んでこいコノヤロー!こちとら大阪のカード無いんだよ。きっちりカタをつけてやる!!!!」 
とマイク。
そうだよ!真壁さんはカード決まってなかったw
今年の汚れ、今年のうちに!


■第3試合 G1 TAG LEAGUE 2011 準決勝戦
[Bブロック1位]●中邑真輔、矢野通(12分8秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)ランス・アーチャー、鈴木みのる●[Aブロック2位]

 準決勝にして好カード!!
最後は鈴木選手がしつこいまでに中邑選手を襲い、ゴッチ式パイルドライバーでカウント3!!
中邑さんが取られた・・・!!!

これで優勝決定戦1組目は鈴木&アーチャー組!!
まさか中邑選手がとられるとは・・・と思って、ちょいとビックリしましたぞ・・・。


■第4試合 G1 TAG LEAGUE 2011 準決勝戦
[Bブロック2位]棚橋弘至、●後藤洋央紀(12分10秒 ガンスタン→体固め)ジャイアント・バーナード、“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン●[Aブロック1位]

 これまた好カード。
いやぁ、終盤の切り返し合いよ!!
後藤さんが一人でバナさんを排除し、アンダーソンとの攻防。
めくるめくペースの握り合い、切り返し合い。
最後は後藤さんの頭突きに合わせた・・!?電光石火のタイミングでアンダーソンのガンスタンが綺麗に決まり3カウント!
相変わらずのガンスタンの切れ味よ!!!!
いいもの見ました!!

これで優勝戦は鈴木みのる&ランス・アーチャー vs ジャイアント・バーナード&“ザ・マシンガン”カール・アンダーソンに!!

■第5試合 8人タッグマッチ
内藤哲也、●本間朋晃、タイガーマスク、KUSHIDA(11分12秒 スライディングD→片エビ固め)邪道、外道、高橋裕二郎、田中将斗○

 本間さん大人気。
内藤さんとも相変わらず良い感じ。
最後はおなじみ、こけしにいくも、かわされ一気に畳み込まれKO。
そして田中選手がマイク。

田中「オイ!後藤聞いとるか!お前にはこのベルト絶対に渡さへん!大阪ではアイツ(本間)のようになんねん! 俺らがコンプリートプレイヤーズや!!」

自信にあふれたマイク。
後藤さんと田中さんの関係といえば、これまでに何度も。
今度は大きなタイトルがかかって、再び。
後藤さんもそろそろ大きなタイトルがほしい、見たい・・・!!

■第7試合 G1 TAG LEAGUE 2011 準決勝戦
鈴木みのる、○ランス・アーチャー(17分42秒 ダークデイズ→片エビ固め)ジャイアント・バーナード、カール・アンダーソン●
鈴木&アーチャー組が「G1 TAG LEAGUE 2011」制覇

 両チーム共にAブロックからの進出。
公式リーグ戦ではバッドインテンションズが勝利していますが、今回は鈴木軍が勝利!!
鈴木&アーチャーが初優勝!
力と力の勝負を制した。

鈴木「ブーブーブーブーここは豚小屋か?お前らノン気にもうちょとガンバレとか言いやがって。侵略は始まってんだよ。この賞金、ランス、お前にやるよ。オレの目的は果たされてるからな。
(ブーイングする客に)お前らちゃっちゃと帰れよ!!俺らは強いからなんでも許されんだよ!!てめえらとか新日本が弱いからなーんにも許されねえんだ、ザマーミロ、バーカ!!」

そして実況席に「強さこそ全てだ!」

まさにその通り。
鈴木さんの侵攻がまた一つ。
もう、ぼちぼち団体の頂点へ大手といった感じもでてきましたね・・。

いやぁ〜、それにしても悔しかった!(汗)
いや、何の反則やら手出しもなかった完全なる勝利なので、鈴木軍の優勝はしっかりと認めざる負えないですが、個人的に応援していたのはバッドインテンションズだったもので(苦笑)

次は12日の大阪でのビッグマッチ。
そこでまた何か新たな展開が始まるのかな?
生観戦予定ですので楽しみ!
会場に行けない方は是非ともPPVでチェックしてください!


JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【大日本】その剛力、体育館を吹き飛ばす!!堪能、ストロングBJW! 10・19鳥取産業体育館 その3
 大日本プロレス観戦記その3!!
これでラストでございます〜。

今回は最侠タッグ公式戦の2試合をご紹介。

メインのド迫力感を感じられた幸せは極上でございました!!


関本大介選手
ムッキムキ!!
「全日本の両国大会の試合も楽しみにしてます」とお声掛けさせていただいたら「勿論です。期待していてください」と力強く。
すげえええええ!!


++++++++++++++++++++++
▼10・19 鳥取産業体育館『大日本最侠タッグリーグ戦』
続きを読む >>
| からし | 大日本プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【大日本】鳥取大日本その2。精一杯デスマッチ。あいしてま〜す! 10・19鳥取大会
 はい。その2です。

今回は3試合を紹介。
今回は大阪プロレスからあの2名も登場〜!

鳥取大会」というなら、もちろん・・・・!!
このお二人は第4試合に登場。

ではいってみよー。



【李日韓レフェリー】
大日本のお母さん!お姉さん!アイドル!!
撮影させていただいた後、握手をしながら「しっかり楽しんでいってくださいね!」と熱いお言葉をいただきましたー!
素敵!

【BJWデスマッチ王者・伊東竜二選手】
ようこそ鳥取へ!そして来ていただいてありがとうございます!
日韓さんの旦那様。
夫婦そろって温かいんだ、これが。
各会場の売店等でお見かけしたら是非お声をかけてみてください!
サービス精神も満載ですよ!


++++++++++++++++++++++
▼10・19 鳥取産業体育館『大日本最侠タッグリーグ戦』

続きを読む >>
| からし | 大日本プロレス | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【大日本】嬉しや鳥取大日本!バーラーモン!バーラーモン! 10・19鳥取産業体育館
 おはようございます、こんにちわ、こんばんわ。

もうすっかり生観戦&生視聴した観戦記しかUPしなくなったからしです(汗)



さる19日、大日本プロレスが鳥取市にやってきました!!


少なくとも、私がプロレスファンになってから大日本プロレスさんが鳥取産業体育館で興行を行うのは初めてではないかと。
伊東選手やスタッフさんにお聞きしても「(僕らが)来るのは初めてですね」という方も多く。

アブドーラ小林選手など一部のベテランの方は「10年ぶりくらいと言っていた」という情報も目にさせていただきました。
昔、いつどこで興行をされたのかは分かりませんが、少なくとも、現在の大日本のトップ戦線を支えている選手の皆さんの世代になってからは初めてということなんですかね。

嬉しい・・・!!!!

そんな感じで心躍らせつつ、観戦させていただきましたよ。
遅ればせながらレポを簡単にザザッと。


「デスタマ」というゆでたまごを売り歩く岡林さん。
塩味効いてておいしかったっす。
観戦のお共に!それかお土産にどうぞ!w
++++++++++++++++++++++
続きを読む >>
| からし | 大日本プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ドラゲー】現実を受け入れる覚悟。向き合って明日を見る気持ち 10・16大阪府立
 久々のドラゲー観戦!!!
といっても、PPVですがね!(苦笑)

実はドラゲーの中継自体を見るのも久々だったりします(汗)
なので、ちょっと色々と新鮮でしたw

ちなみに、メインを迎える前には会場内は相当に暑かったよう。
関東では夏日にもなったといいますし、大阪でも体育館内は相当な感じだったようですね・・。

++++++++++++++++++++++
▼10・16 大阪府立体育会館『THE GATE OF DESTINY 2011』
■6人タッグマッチ
新井健一郎、○岩佐拓、K−ness.(8分15秒 熨斗紙)スペル・シーサー、超神龍、琴香●

 琴香選手、遠目からだと稔さんに似てる髪&コスの組み合わせですなw


 そして試合後、メインの金網戦に出場する6人タッグマッチが入場ゲートに登場。
マイクで意気込みを。

サイバー「いよいよこの日がやってきたな。オレはマスクがかかってる。背負ってるもんが違うねん。YAMATO、切りそこねたその髪、バリカン入れたるからな」 
B×Bハルク「鷹木信悟!いよいよこの日がきたな。オレはオマエに坊主にされた恨み、忘れてねえからな。髪の毛の恨み、髪の毛で晴らしてやるからな」
戸澤「大阪に来てるJ3を応援してる気持ち悪いファン共。今日は誰か一人を坊主にしたるからよ。あと良くキレるバリカン用意したから」 
KAGETORA「オレは今日この日を目標に一ヶ月過ごしてきた。この日を迎えたオレは今にも爆発しそうです。テメエラ、今日のメインで髪かマスクを失うのはテメエらだからな」 
鷹木「いよいよ決着戦だ。お前ら3人とも気に入らねえけど標的はハルク貴様だ。ハルク、去年オレが坊主にしてやったのに。今日は坊主だけじゃなく金輪際オレの目の前に立てなくしてやる。それから今日は多くの子供さん達が来てんだ。最後は正義が勝つということを見せます。期待してください」 
YAMATO「いよいよ決着の時が来た。お前らが勝ってバッドエンドになるのか、俺らが勝ってハッピーエンドで終わるのか?勿論、今日来てるみんなはハッピーエンドを期待してるよな?期待してください」 


■6人タッグマッチ
●神田裕之、●ブロディ・リー、●メタル・ウォリアー(トリプルジャーマンSH)高山善廣○、ドン・フジイ○、“ハリウッド”ストーカー市川○

 高山&フジイ&“ハリウッド”ストーカー市川さん、神戸ワールドに続き登場!
ブロディとメタルウォリアーだけ目にすると、ハロウィン気分を味わえますなw

フジイさんはいつもどおり場外から二階席へのハッスルタイム(笑)
今日のお相手は神田さんw
リング内では市っちゃんが高山さんをうまく使い(使われ?)メタルウォリアー相手に奮闘。

中盤、ブロディがなんとトペ・スイシーダ!!!
これにはさすがの帝王もキツそうな表情を浮かべてたのが印象的でした(汗)

しかしその勢いに負けずいっちゃんも奮闘。
3人の猛攻を必死に耐えてる場面も多かったですね。
フジイさんと高山さんも極力介入しないようにしていた感じ。

最後はイナバウアー、エベレスト、ナイスのトリプルジャーマン決まって3カウント! 
神戸に続いての名場面!
しかし、フジイさんに投げられ、高山さんと共に踏みつけ式体固めに(汗)
置いてけぼりにされてリングに大の字の市川さんw
しかし、これがフジイさん流の愛のムチ・・・だと思うことにしましょうw


■シングルマッチ
○斎藤了(7分4秒 ダブルクロス)リッチ・スワン●

 スワンはいつも通りボイスパーカッションで入場。元気だ。
しかし、とにかく跳躍力が凄い!!
リングの半分以上を飛翔したボディプレスは圧巻でした!!

神田選手の介入もあり3カウントをとれることはできませんでしたが、インパクトは凄まじく。
ほんとにドラゲーに集う外国人選手はみんな足にバネが仕込んであるんじゃないかと思うほど(汗)
(久々に見ただけに尚更強く感じたのかもしれませんw)


■オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[王者]○土井成樹、谷嵜なおき、Kzy(バカタレスライディングキック)望月成晃、Gamma、横須賀享●[挑戦者]
※王者組のみ2カウントフォールで勝利となる特別ルール
※王者が初防衛に成功

 なんとなんと「王者組だけは2カウントで勝利」という特別ルール(汗)
試合開始前の事前情報番組にて望月&享さんが登場。そこで、
望月「土井ダーツを経てだったんでこれを飲まないと辿りつけなかった部分もあるんで。でもメンバー見たらちょうどいいんじゃないかなと。土井を上手く分断して、谷嵜、Kzyならいつでも3カウント取れるんで。カウント1さえとらせない感じでいきます。気だけはっとけば大丈夫かなって。」
享「どう考えても不利なんですけど(笑)これで勝てば向こうは何も言えないでしょうから。ハッキリいって今はリラックスしてます。」
と言っていましたがはてさて?

 入場時、谷嵜&Kzyがゾンビ化してる!
ロディ&メタルウォリアーに続き、ここでもちょっとしたハロウィン気分を演出か。
BW、なかなかに憎い(←勝手な妄想です)

 試合開始からチーム土井ダーツが飛ばす。
そして「挑戦者だけ2カウントルール」というもののため、実にスリリングでスピーディー。

望月さんが「アックスボンバー!」・・・どうした!?(汗)
そしてGammaの汚水攻撃への恐怖にKzy「ゴメンナサーイ!ゴメンナサーイ!!」→Gammaほぼ0距離汚水攻撃(汗)

J掘不利な中でも見せる。
最後は享と土井の攻防の中、Kzyがパウダー攻撃。
そこから谷嵜の一撃から、土井のバカタレスライディングキックで勝負あり!
初防衛成功。

何やらW望月とGammaさんが仲間割れ・・?
バックステージで何かあるか?


■オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
[王者]○PAC(360°シューティングスタープレス)堀口元気●[挑戦者]
※王者が10度目の防衛に成功

 これまた堀口さんがジョーカー風の特殊メイク?マスク? ハロウィン感満載だ。
そしてPACは物凄い肉体!!!ガッチガチの筋肉の鎧という表現がピッタリなほどの・・!
来日直後の頃の姿とは別人のようですね・・・。
それに、PACって24歳なんですね・・・。改めてマジかよ・・・(汗)
普通にこのゲーム出ててもおかしくない体だぞ(汗)それくらいガッチガチのムキムキ(汗)

【WWEオールスターズ】

スピード+パワー。
恐ろしい存在ですね(汗)

しかし堀口さんもインサイドワークで追撃。
PACの首を中心に猛攻。そしてセコンドの神田選手の存在もありペースを握り続けたが、最後はPACが畳み掛けて勝利。
10度目の防衛という前人未到の二桁防衛達成!!
ドラゲーでは初かな?
土井ちゃんがいくつでしたっけ?(汗)

PAC、この体でもこの跳躍力・・・・。
パワーと上手く融合してるなぁ・・。惚れ惚れする。
ヘラクレス。


■オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
[王者]○CIMA、リコシェ(メテオラ)吉野正人●、ドラゴン・キッド[挑戦者]
※王者が防衛に成功

 試合巧者が集ってる4人のタイトルマッチ。
王者はコーナーマットをはがして腰を打ち付けたりと。

吉野&キッドはミサイルセントーンとバイブルのコンビネーションなど、驚きのコンビネーションも披露。
歓声と戦況をひっくり返していく。

終盤は挑戦者がダブル619からのウルトラウラカンラナも、そこにCIMAメテオラ、さらにトカレフというような慌ただしいぞ、ひー!!
しかしその吉野の上にリコシェが飛んでくると、更にダブルローテーションムーンサルトを仕掛けに。しかしキッドが防ぐと吉野が雪崩式ライトニングスパイラル・・も、CIMAがヴィーナスから、リコシェとのシュバインシュタイナー。しかしカウント2!
リコシェがCIMAに託すと、メテオラ!!これでカウント3!!
防衛!!

怒涛のフィニッシュへの流れの握り合い。
最後は王者組が勝ちをゲット!

一度掴んだペースを逃さない安定感。
強い。



■マスカラ・コントラ・カベジェラ 金網サバイバル6WAYマッチ
B×Bハルク VS 戸澤陽 VS サイバー・コング VS 鷹木信悟 VS YAMATO VS KAGETORA
●YAMATO(エスケープ)サイバー・コング○
※YAMATOの髪切りが決定


 6メートルの金網の中で闘う。
金網上部5箇所に設置されたポールをGETしたものが抜けていくルール(最初の10分はとることができない)
3カウントやギブアップは無し。
敗者はマスクか髪の毛を失う過酷なルール。
今回で3度目。

興行開始前の事前情報番組に出演されてた望月さん&享さんのコメントは以下。
「網があるだけで普段できることができないとか。何気なく囲ってあるだけかと思いきや、入ってみなければ分からない感覚がある。仲間を置いていけるかとかもありますし。駆け引きですよね。」
望月「ギブ技も3カウント技、丸め込みも全く意味が無いという。戦いというよりも人間模様。出る時に仲間を残してでなきゃいけない、仲間三人でやりあわなきゃいけないという可能性もある事を考えれば…。」

過酷以外の何者でもない・・。
泥沼の抗争の完全決着の方法として用いられるこの試合形式。
今年はどうなる・・・?

鷹木はハルク、YAMATOは戸澤を狙う。
10分経つと一気に旗へ向かうBW軍。
J3軍は必死に阻止。サイバーは右腕を痛めているので登るのにてまどう。

ちなみに金網戦となるとセコンド陣の妨害ですが、今回はBW軍はテニスのセットと長い棒、Gammaは油。
セコンド陣の動きも実にカオス(汗)

まずはサイバーの力を利用し技ありで金網に登ったKAGETORAが一抜け
そして、続いてYAMATOが登り切るが、鷹木が一人きりになってしまうので苦悶・・・!!
鷹木「行けーー!!!」
しかし、YAMATOは降りた!
フジイさん「僕だったら獲ってますね(苦笑)」

かつて、ハルクが吉野選手を残して脱出し、最後には涙を流すシーンがありました。
が、この度は3vs1の状況になってしまうのでこれは正しいか。
引き続き2vs3の状況で続行。

そしてハルクと鷹木が同時に金網上へ。
なんと鷹木とハルクが旗を狙いあうが、谷嵜がハルクに赤ワインをかけようとするも、鷹木がすべり止めの粉で目潰し。
その隙に鷹木が2抜け

そしてその後すぐ、ハルクが金網上を綱渡りの要領でわたり旗をゲット。
ハルクが3抜け!!

2vs1の状況に苦戦のYAMATO。
戸澤がかつてCIMAが見せたような逆上がりで登頂。
そのまま旗をゲットし戸澤が4抜け

これでYAMATO vs サイバーの一騎打ちに。
ハードな打撃戦。先に強烈な一撃を浴びせた方が有利に。
その攻防をまず制したのはYAMATO。
スリーパーで落とした!
その隙に金網を登ろうとするも肩を痛めて登れない・・・!
セコンド陣も妨害&アシストにかかるも、エスケープしていた戸澤が先に登り旗を盗み、対角のコーナー上へ設置する悪どさ。猿め・・・!

さらに堀口がYAMATOへブルーミスト。
さらにセコンド陣がパウダー、大きなクラッカー?をYAMATOへ発射。
YAMATOがヒドイ目に・・・

そして眼を覚ましたサイバーが登るが、やはり上手く上がれない。
すると元レンジャーのハルクがロープを上部から吊るしアシスト。
しかし、サイバーはまだ上手く登れない・・

今度はKzyが縄梯子を上から落とすアシスト。これでサイバーは上手く登り始めるが今度は鷹木が妨害へ。
その隙にYAMATOがサイバーへ起死回生のギャラリア!!
YAMATOが縄梯子で登ろうとするが、今度は谷嵜が先手バサミでハシゴを切断・・・。
とんでもないカオス(汗)
 落下したYAMATOへサイバーがサイバーボム。
そしてハルクがまた登り2つ目の縄梯子投入。
登るサイバー。立てないYAMATO。
そしてサイバーが旗をゲット!!!

YAMATOの髪切りが決定!!!!!!

YAMATOの元へ行き水をかけてあげる鷹木・・・。
フジイさん「セコンドの差。リングの中は互角でしたけどセコンドの頭の差」

 先手バサミで髪を切るBW勢。
そしてバリカンで落ち武者風に。
何度も見たことある光景だけど、やっぱこの結末、風景はキツイ・・・。
最後まで抵抗する鷹木。
「オレが悪い」と言いながらバリカンをYAMATOへ。
耐えるYAMATO。膝を付き見つめるしか無い鷹木、KAGETORA。

そしてKAGE、鷹木もバリカンでYAMATOの髪を・・・。


戸澤「俺達の勝ちや。金網からもでられへん。仲間にも裏切られる。コイツはゴミレスラーじゃ。この戦いは俺らの勝ちや!」
サイバー「大阪のアホども。お前ら見ただろ。完全勝利や。オイYAMATO。これがジェンぐるの厳しさや。」
ハルク「オマエなかなかいい髪型になったな。鷹木。オレは髪の毛の恨みは髪の毛で晴らすからよ
戸澤「YAMATOの坊主が見たかったんだろ?これでハッピーエンドで終わりじゃボケ!」

鷹木「ブラッド!これがテメエらのプロレスか!反則三昧で勝って嬉しいのかよ!テメエらの顔、忘れねえからな!これで終わらねえからな!必ず立場逆転してやるからな!ちくしょう!!」
会場の皆さん、すいませんでした。YAMATO、本当にスマン(リングを叩く) 
望月「これが金網の現実です。確かに鷹木は先に出た。しかし誰のせいでもない。YAMATOファンの皆さんも是非とも今日のこの姿、目に焼き付けといてください。必ずYAMATOはやり返します。それまで悔しさを腹に貯めてYAMATOがやり返す日まで待っていてください。必ずやり返します」

++++++++++++++++++++++

これで3度目の髪切り。
昨年のさくらえみ vs 米山香織という女子プロレスでも同じくらいの衝撃を得ましたが、ほんっとうに「あの光景、衝撃」を今後脳裏に焼き付ける覚悟がなければキツイ形式。
プレイヤーだけではなく、見ている私達も目の前で起こる「現実」を受け入れられるくらいの心構えをして戦わなければならない。

本当にキツイです。好きな選手ならば尚更。
ハッピーエンドがプロレスじゃない。でも、満足してもらって帰ってもらわないとけない。でも時にはこういう非情な現実もたたきつけられる。
プロレスファンは時にタフさも試されますね・・・。

望月選手の言葉を信じ、今後のYAMATO選手のリベンジを信じて見守っていくしかない。
華やかさだけがプロレスじゃない。
でも一度踏みにじられ、新たに強くなって咲く花だってある。
YAMATO選手のこれからのリベンジを大いに期待したいと思います。

 以上、おつかれさまでした。


JUGEMテーマ:プロレス
| からし | DRAGON GATE | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
【新日本】久々のCHAOS新日本!IWGPはかくも気高く高き壁 10・10両国
 神戸ワールド大会もまだ記憶に新しいところですが、新日本・秋のビッグマッチはあっという間にやってきましたよ! 

今回もPPVで観戦しましたー! 


++++++++++++++++++++++ 

■10人タッグマッチ 
キラーラビット、○KUSHIDA、タイガーマスク、ヴァイス、シュヴァルツ(7分53秒 9469)ヒデオ・サイトー、石井智宏、邪道、外道●、飯塚高史 

 白のヴァイス、黒のシュヴァルツ。 
シュヴァルツは以前、ブシロードレスリングに出場した際は「帝王」でしたが、今日は帝王じゃないねー。 

そして恒例「飯塚さんと野上アナ」 
今日も客席を連れまわされ半裸(汗) 
怒った山崎さんが野上アナを救出。も、再び実況サイドに近寄ってきた飯塚さんが威圧。 
椅子を持った山崎さんと飯塚さんの睨みあい(汗) 

更に、試合終盤。 
ヒデオくんが場外で飯塚さんのアイアンフィンガーを見つけ装着。 
本部席に立って大喜びww 
それをリング内で見つけた飯塚さんは怒り心頭。 
場外、客席を追いかけっこwwww 

なんだこれはwww 


ヒデオくんと飯塚さんの間でドラマが展開されるのか!?w 


■シングルマッチ 
●本間朋晃(8分22秒 東京ピンプス→片エビ固め)高橋裕二郎○ 

 本間選手。最近はシングルプレイヤーとして邁進中。 
実直にコツコツやってきた本間さん。最近では「こけし」コールも起こしたりと人気もUP。 
そしてG1、IWGPにはまだ届かずとも、内藤戦との一戦で注目を浴びた裕次郎選手。 
「これから」が楽しみな二人のシングル。上にいくためにも大事な一戦。 

高角度気味に決まったインカレスラムをキックアウトするも、東京ピンプスで裕次郎が3カウント。 
裕次郎選手は「当たり前だ」と言わんばかりにさっさと退場。 
本間選手は悔し泣き。 
再び、コツコツと歩みを進めていくしかない・・。 

本間さん、ガンバレ! 


■シングルマッチ 
●井上亘(7分39秒 ダークデイズ→片エビ固め)ランス・アーチャー○ 

 神戸では鈴木戦でいいところを見せられなかった井上さん。 
今回は鈴木軍の狂犬、アーチャー。 
今日はデビューしてからまる12年目の日なんだそう。 
大きな相手との対戦では光るという印象があるのですが、とはいえ、さすがに苦戦。 
エプロンサイドに寝転がる井上さんをジャイアントスイング風に振り回して鉄柵にぶつけたアーチャーさん、マジパネえっす(汗) 

スピアー・オブ・ジャスティスの一発目は炸裂も、二発目のスピアー・オブ・ジャスティスを一跨ぎで回避!そしてチョークスラム!!! 
アーチャーさん、相変わらずのポテンシャルすげえ(汗) 
そしてダークデイズで3カウント。 
井上さん、またも鈴木軍に敗戦。 


■スペシャルタッグマッチ 
○後藤洋央紀、タマ・トンガ(11分3秒 昇天・改→片エビ固め)ウルティモ・ゲレーロ●、中邑真輔 

 後藤選手のメキシコ時代のメキシコでのライバルだったウルティモ・ゲレーロと両国で再会! 
敗れていた借りを返すと意気込み。 
荒トンガ vs 中邑ゲレーロ。豪華。 

試合はタマちゃんが捕まる展開。 
耐えて耐えて、後藤さんが一気に挽回。 
This is ゲレーロという雪崩式の強烈なカウンターも食らうが、中邑のボマイェムーブをタマちゃんが飛び込んできてのシャイニング気味の膝!! 
いいぞタマちゃん!! 
後藤さんもそれに応えてゲレーロに牛殺しからの昇天・改!! 
カウント3!! 

後藤さんがリベンジ成功!! 

荒トンガ、素晴らしい! 
タマちゃんがよく頑張りました! 


■IWGP Jrタッグ選手権試合 
[王者]田口隆祐、●プリンス・デヴィット(13分29秒 コントラクトキラー→片エビ固め)ロッキー・ロメロ、デイビー・リチャーズ○[挑戦者] 
※王者が防衛に失敗、第29代新王者誕生 

 もはやジュニアタッグ絶対王者といってもいいでしょう。歴代最多防衛記録8回。 
宇宙規模の名タッグ。今回も更新するか? 
ミラノコレクションA.T.さんはSAMURAIの番組にて王座交代を予想していましたが・・。 

デイビーのパワーに苦しめられる王者組。 
デヴィットが何度も悶絶。 
パワーと連携にペースが握れない。 

終盤。 
どどんが決まるもカバーに行けず。デヴィちゃんに交代しダイビングフットスタンプ。ブラディサンデーはロメロに防がれ、四者が混戦。 
デイビー、レフェリーを突き飛ばすほど熱い。 
しかしブラックホールバケーションを被弾するも3カウントはならず。 
ならばとデヴィちゃんが雪崩式ブラディサンデーを狙うもロメロがカット。 
するとデイビーが担ぎ、ロメロがフランケン!高さ、3メートル級!? 

挑戦者がダブルのダイビングヘッドバット。さらにデイビーがデヴィちゃんに強烈なバズソーもカウント2! 
強烈なパワーボムもカウント2! 
しかしコントラクトキラーでデヴィちゃんから3カウント!! 
王座移動!!!! 

まさかの交代劇・・。 
といっても、内容でいえば真っ向から王者組を叩き潰した印象。 
終盤のラッシュ、コンビネーション。 
王者組の良いところをださせることなく完勝と言ってもいいかも。 

この二人・・・・本当に凄いぞ・・・。 


ここで休憩。
後半へ。
続きを読む >>
| からし | 新日本 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】天山の日!!みんな大好き天山さん! 20周年記念大会を見ました! 10・3後楽園ホール
 10月3日は何の日? 
テンザンさんの日!! 


祝!!テンザンさん20周年!!!!!! 



今日は後楽園ホールで記念興行がおこなわれました。 
SAMURAIでなんと生放送!「シュー!」と帰宅して観戦しました! 

それにしても温かく、グッとくる興業でしたね〜。 

まずはパパっと興業内容を。 
詳しくは公式HPをご参照ください。 

++++++++++++++++++++++ 
(新日本公式HP) 

 第一試合前に天山さんがご挨拶。 
なお、各試合の前にお祝いVTRが。 
ライガーさん、藤波さん、お笑い芸人のトータルテンボスのお二人、長州さん、武藤さん 

■6人タッグマッチ 
渡辺高章、高橋広夢、●三上恭佑(8分22秒 ダイビングダブルニードロップ→片エビ固め)邪道、外道、ロッキー・ロメロ○ 

 ヤングライオン3人と実力派のケイオスの3人の対戦! 
若さ溢れる直線ファイト。 
かと思いきや、三上選手が大きな体のわりに驚きの身軽さも見せたりと良い奮闘を見せてました。 

 あ、広夢選手はNEVER大阪大会で矢野さんにバッサリ狩られちゃったので丸刈りになってました(汗) 
バーバー矢野の役割は終わった・・?(汗) 

■シングルマッチ 
●タイチ(5分59秒 カリビアンデスグリップ)ヒデオ・サイトー○ 

 今大会のカードが発表となった際に反応が大きかったんじゃなかろうかというカード。 
問題児vs問題児(汗) 

 ヒデオが柔ちゃんみたいにシュシュで髪の毛を結んでいたw可愛いw 
「ヒデオ・サイトーとシュシュ」。 
そしてゴングを打ち鳴らすw相変わらずお気に入りの様子(笑) 

タイチ選手の入場テーマが鳴り始めてもずっとゴング叩いてる。 
出てくるなり困惑するタイチww 
木槌を奪い、シュシュも取り上げてもて遊ぶ。 
タイチ「何だコイツ、きもちわり〜(笑)」 

そして終盤。タイチくん、ロングタイツキャストオフ。 
「来いよ!」と挑発してるとカリビアンデスグリップをくらい3カウント。 
ある意味、タイチ選手の「パターン」(笑) 
シュシュを取り返し、上機嫌で髪の毛をまとめるヒデオくん。 
ヒデオくんが可愛さをアピールしはじめぞw 

全国のヒデオ女子(この呼び方でいいのかは分かりませんがw)が悶絶しているんじゃないかという一戦でしたw 


■6人タッグマッチ 
●キング・ファレ、タマ・トンガ、本間朋晃(10分18秒 東京ピンプス→片エビ固め)石井智宏、高橋裕二郎○、飯塚高史 

 影でこっそり見てた(?)テレビ朝日の野上アナウンサーが飯塚さんに襲われ上半身裸で逃げまわる姿がSAMURAIの生放送でしっかりwww 

最近、注目度が上がってる本間選手が捕まる展開。 
コーナーで野性味満載で見守るタマちゃん&ファレが心配そうに見守る序盤。 
およよ・・。 

タマちゃんがさすがの身体能力をみせたり、ファレの突進力で挽回にかかるも、最後は裕次郎の必殺・東京ピンプスで3カウント。 


■タッグマッチ 
真壁刀義、●井上亘(14分10秒 エビ固め)TAKAみちのく○、鈴木みのる 

 いきなり真壁vs鈴木で開始! 
神戸で一騎打ちを望んだ真壁。二人は両国で対戦。 
この試合、鈴木さんはスカすことなく正面から真壁選手とぶつかり合っていたのが印象的。 
最後はタイチ選手の乱入、金的からTAKA選手が丸め込んで勝利。 
タイチカエレー! 

 そういえば、真壁さんの登場時にロープをあけてた若手が鈴木さんに蹴られて凄い勢いでぶっ飛んでた(汗) 
大丈夫かな?(滝汗) 


 ここで休憩へ。 

■タッグマッチ 
●永田裕志、後藤洋央紀(14分22秒 鏡割→片エビ固め)矢野通○、中邑真輔 

 実力派が一同にそろったカード!!豪華すぎます!! 
どの顔合わせもタイトルマッチクラス。 
タッグで見れば、勝ったほうが何かに一歩前進する感じ。 
中邑選手はG13Dでのイベントで矢野さんとタッグに挑みたいという発言もされたそうで。 
期待値は膨らむばかり。 

最後は矢野と中邑のコンビネーション技から、矢野の鏡割りで永田さんから完璧な3カウント!! 

IWGPタッグ、見えてきたりした・・・!? 
強力です、この二人・・! 

■6人タッグマッチ 
棚橋弘至、タイガーマスク、○KUSHIDA(12分54秒 ミッドナイトエクスプレス)内藤哲也、田口隆祐、プリンス・デヴィット● 

 棚橋さんと内藤さんのIWGP前哨戦が中心の6人タッグマッチ。 
そこにアポロ55とタイガーマスク&KUSHIDA組。 
何かあるかな・・?と思ったら、それは試合後に。 

最後はKUSHIDAがデヴィちゃんから3カウント。タッグとはいえ一つの実績ゲット。 
そしてタイガー&KUSHIDA選手がアポロ55のIWGP Jrタッグ挑戦をアピール! 
アポロ55の二人も握手で応え、これは決定の流れかな・・・? 

そして棚橋さんと内藤さんは視殺戦。 
内藤さんがマイク無しで叫べば、棚橋さんもマイクで反論。 
決戦は1週間後。 
輝かしいばかりの存在感を示す二人。 
最後にベルトを巻いているのは果たしてどっちなんでしょうか・・・!? 

それにしても内藤+アポロ55の3ショットはとても素晴らしかった〜! 


■天山広吉デビュー20周年記念試合 
○天山広吉、蝶野正洋、ヒロ斎藤(22分53秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)大谷晋二郎、金本浩二、西村修● 

 20周年記念試合。 
天山さんが20年の中で絶対にかかせないターニングポイントとなったという「狼群団」の再結成!! 
懐かしい! 
私が新日本を始めてみた頃のユニットですよ(笑) 

93年のヤングライオン杯を優勝し、そして海外修行に旅立ち95年に帰国。 
心身ともに驚異的に大きく成長し、そして当時のIWGP王者・橋本真也選手に史上最年少で挑戦。 
敗れるもその後、平成維震軍からの誘いを断り、蝶野さん&ヒロさんと共に『狼群団』を結成。 
その後、この偉大な先輩二人との活躍はnWo、T2000とユニットが変わっても長く継続。 その間に小島選手との「テンコジ」も誕生したりと、皆から愛される『天山広吉』史の大きな起点になった軍団でした。 

そんな再結成の3人の相手は大谷&金本&西村という天山さんの同期とも言える第3世代トリオ! 
大谷選手は久々の新日本参戦。 
アニキ・金本さんとも久々の合体! 
あのジュニアの黄金時代が脳裏に蘇りますね! 
小島選手とトンガリコーンズでプロレスファンになった私にはたまらないものがありましたよ(涙) 

 まずは大谷さんが登場。その後、金本さん、西村さん。 
アニキと大谷さんが握手した時には鳥肌が立ちました・・! 

そしてヒロさん、蝶野さん、天山さんの順で登場!! 

天山vs金本で開始! 

ヒロさんが元気! コンディションが素晴らしいかったですね〜。 
柴田さんが「基礎ができてる方はいくつになっても変わらない」とおっしゃっていましたがその言葉を裏付けていらっしゃいますね。 

南側客席で暴れてリングに戻る途中、飯塚さんが乱入!!! 
天山さんを椅子で殴打!! 
これはお祝い・・? 

ケンカキックからのセントーンという懐かしの連携からダイビングヘッドバット。 
そしてTTDからの久々の解禁! 美しいムーンサルトプレスで3カウント!! 

バックステージでの天山さん。 

天山さん「ムーンサルト何年ぶりかに。アナコンダバイス、マウンテンボム、ダイビングヘッドバット、TTDありましたけど、ムーンサルトはやっぱり最高の時にできないといけないと思ったし。自信が出来たし。 
もう一つ上でやるために必要な武器が戻ってきたと思います。40になって改めてしっかり練習して自信を取り戻して、20周年をステップにまたチャンピオン目指して頑張りたいと思います。」 

天山さん、復活・・!! 
そして、 

天山さん「自分はもう少し蝶野さんとヒロさんに助けて欲しかった、本音を言えば(苦笑)」 

本人が語られる通り、天山さん、本当に頑張りました!w 


 そして記念セレモニー。 
最後には天山さんの結婚式で使われたという、在りし日の橋本真也さんからの祝福VTR! 
有名な「レンゲ」のエピソード、そして「額に爪楊枝を刺す」という姿w 
そのVTRと同時に場内に流れる「爆勝宣言」から、前日のゼロワン・靖国大会でシングルを戦った橋本大地選手が登場し花束贈呈。 
この流れだけでもウルウル・・。 

++++++++++++++++++++++

 20周年。 
天山さんの20年って改めて振り返ると物凄い密度。 
どん底から頂点へ。そしてまたどん底、そしてまた復活。 
「どん底」がホントに命に関わることであったりして・・。そこからまた帰ってきてくださってこの日を迎えられた。 
まさに『不屈』って言葉の代表格ですよね。 
そしてそんな道を歩きつつ、リング上では荒々しくも、ファンの前では心優しき猛牛。 
そんな天山さんがみんな大好き。 
そんなファンのみなさんの雰囲気もあって凄く温かい大会になっていたと思います。 

 なお、バックステージでは泣きながらコメントを出していた天山さん。 
奥様との面白エピソードもあったりと、笑って泣ける素晴らしいものですので是非、ご確認を!(笑) 


天山さん、本当におめでとうございます!! 



以上、テンザンさんの日生まれではありますが、「小島聡ファン」の私からでした!(笑) 

テンコジ!!!

JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】絶対愛王者!/おかえり!新日本・小島聡選手! 9・19神戸ワールド記念ホール
 秋の関西決戦!!
V6を達成した王者か、それとも真夏の覇者か!?
強いのはどっちだ・・!!

本当は会場で生観戦の予定でしたが、お仕事の事情で泣く泣くPPV観戦しましたよよよ。゚(゚´Д`゚)゚。

++++++++++++++++++++++
(新日本プロレス公式HP)

■タッグマッチ
本間朋晃、●三上恭佑(8分30秒 ジャストフェースロック)TAKAみちのく○、タイチ

 鈴木軍の二人は風になれのイントロからTAKAさんのテーマ曲が流れるミックスVer。

鈴木軍の二人がさすがの連携力で三上選手を中心に攻め立てる。
最後は二人の連携からTAKAのみちのくドライバー狙いからカウンターの丸め込み連発。
しかしジャストフェースロックでギブアップ

タイチくんとTAKAさん、串刺し口撃のさいに「アーックスボンバー!!!!」と叫ぶ。
お・・・大森さん・・?

三上選手、突進力に加え、意外と身軽さもあるんですね〜。

退場時、タイチが山崎さんを怒らせる。


■星野勘太郎メモリアルマッチ
○金本浩二(5分25秒 アンクルホールド)魔界28号●

久々に流れる魔界倶楽部のテーマ曲。
28号のマスクには星野総裁のプリントもされてる。
魔界マシンが星野総裁のカードを渡すと、アニキもそれを受け取る。

しかし、アニキが奇襲をし試合開始。
28号は星野総裁ムーブも。
最後はアニキがアンクルであっさり勝利。

金本「みんな、今日はよ魔界倶楽部のようわからんポンコツたおしたけどやりたりんから声、めっちゃ通るよな。勘太郎さん、おれはおんなじ神戸の出身と言うことでよう聞いといてくれよ!ビッシビシいくでー!!」

柴田さん「”28”号という数字は鉄人28号からでは」
なるほど。神戸の復興の象徴、鉄人28号ですな。


■8人タッグマッチ
天山広吉、後藤洋央紀、タマ・トンガ、●キラー・ラビット(12分42秒 鬼殺し→片エビ固め)飯塚高史、矢野通○、石井智宏、外道

※今日の野上アナ劇場
野上アナ「今の私は青義軍の特訓を受け今までの私と違います!!飯塚のテーマ曲さえも青義軍のHEROに聞こえています!」
飯塚さん来る
「話をしませんか!私はアナタと話がしたい!」
襲われる
タマちゃんと天山さんに救われる

下に青義軍Tシャツを着ていたので半裸は逃れたwww
しかし山崎さんが流血(汗)

試合はタマ・トンガが集中攻撃される展開。
興奮冷めやらぬ飯塚さんはTVカメラマンも襲撃。
しかしカメラマンさんは倒れることなくお仕事続行。
プロです。

最後はラビットが矢野の鬼殺しで敗北。
今日のキラー・ラビットはなんだかアントーニオ本多選手っぽかったw
てか、アントンだと思うw


■スペシャルシングルマッチ
○永田裕志(9分24秒 バックドロップホールド)ヒデオ・サイトー●

いつもどおりの黒道着で花道からゆっくりゆっくり前進。
そしてリング中央で寝ることなく入場ゲートを見つめる 
野上アナ「平澤頑張って!その殻をやぶって戻ってきて!!」

永田さん登場。
花道でシャツを脱ぎ捨てリング上のヒデオと睨みあい。
そのままヒデオが花道に走り殴りかかって開始! 

永田さん、上の道着を剥ぎ「立てー!」、「どうした平澤ー!」と厳しい蹴りとビンタ。
ヒデオが逆襲。
レフェリーの静止も聞かず永田さんの首を締めレフェリーを突き飛ばす。
さらには腰紐でも首を締め絞首刑。

さらに場外ではヒデオがG1で見つけたお気に入り(?)のゴングで永田さんに一撃。
リングにあがって更に首を締める。
そして腕折り!!!! ヒデオが白目に!!

野上アナ「白目の著作権は永田裕志にある!!!!」

マ ジ で す かww

怒りの永田さん、ジャスティスニー、さらにエクスプロイダーから垂直落下式ブレーンバスター。しかしヒデオはむくりと立ち上がるも、永田さんが白目腕折り!
さらに永田さんが「ひらさわー!」と叫んでのバズソー、さらにバックドロップホールドで3カウント!!
永田さんが勝利!!

そして永田さんがヒデオに声をかけるとなにやら反応・・?
しかし背後から矢野さんが襲撃
バーバー矢野開店!しかし永田さんをかばった高橋くんが髪をバッサリ切られた!

矢野「永田!そのクソだせえ髪型をこのバーバー矢野様がいつでも丸坊主にしてやるよ!!」

永田「この世に青義があるかぎり、悪の栄えたためしなし!最後は青義が勝つ!!∠(`Д´)ゼアッ!!」
爆音のヒーロー

 ヒデオくん・・・何か戻ってきた部分があるのかしら?
今日の段階ではよく分かんない。
でも最後は不思議な感じだったなぁ。


■IWGP Jrヘビー級王座決定戦
●KUSHIDA(13分30秒 ブラディーサンデー→片エビ固め)プリンス・デヴィット○
※デヴィットが第62代新王者に

 試合前に前王者の飯伏幸太選手が登場。
9・11大阪での「MATRIX」興行で脱臼し返上となってしまいました。
自らの手で菅林社長へベルト返還。

飯伏君「DDTの飯伏幸太です。今日の試合を楽しみにしていた皆さん、本当にすいませんでした。一日でも早く怪我を直して完璧な状態でまたこのベルトに挑戦したいと思います。その時はまた応援よろしくお願いします」

飯伏選手は本部席でそのまま観戦。

 序盤からデヴィットの攻めに苦戦する展開が続く。
終盤のミッドナイト・エクスプレスもこれはデヴィトが剣山。
そこからデヴィットが垂直落下式ブレーンバスター。
カウント2で返されるも、立ち上がろうとするKUSHIDAの背中にダイビングフットスタンプ!
そして飯伏を指さし、ブラディーサンデー!
カウント3! 勝者デヴィト!

王者はリング内から飯伏くんへベルトをかざしアピール。
KUSIHDAくんは涙。
デヴィットは健闘を讃えて退場。
「腕をあげてまた来い」と言っているようにも。

しかしKUSHIDA選手も光る切り返しとか、ペースを握った時の畳み掛けなど光る所が見えました。
まだまだ若い年齢。
突然、王者が欠場してしまうなど、精神面でも大きな経験になったと思います。

更に強くなって、もう一回挑戦しよう!
頑張って!!!

 ここで休憩時間へ


続きを読む >>
| からし | 新日本 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
【やず☆わったいなプロレス】アットホームにプロレスリング! 8・27郡家ふれあいドーム その2
 はい。わったいなプロレス第2弾です。
今回もまったり参りましょ〜。
++++++++++++++++++++++
▼8・27 八頭町郡家ふれあいドーム『やず☆わったいなプロレス』

休憩時間前に大日本プロレスの石川晋也選手が10月19日(水)鳥取産業体育館大会をPR。
産業体育館では初の開催になるのかな?
ついにデスマッチが上陸!
チケット、購入させていただきました!!!
超楽しみ!!!

■第4試合
ディアブロ[フリー]、黒影[フリー](レフェリー暴行により反則負け)石川晋也[大日本プロレス]、サウザー[タブプロレス]

 左が石川晋也選手、右がサウザーさん。

そしてディアブロ、黒影。
二人は『ブラック・ジャックス』というユニットを組んでいるとのこと。
客席を闊歩闊歩。
しかし、以前聞いてた&見たディアブロ選手の入場時の雰囲気と比べるとこの日はおとなしめだったかな?
一見さんが多い会場に合わせた気遣い?
ディアブロ横顔参考画像(笑)
ちなみにこの横顔画像はディアブロ選手がサウザー選手を会場外にひきずっていっている瞬間w
外にある遊具にサウザーさんをぶつけるなど(汗)
まさかここで路上プロレス的なものを見れるとは思わなかったw

大日本の石川選手といえば最近実力も急上昇の注目株。
関本、岡林、そして石川選手と、ストロングBJWを支えている一人。
キレのあるエルボーも定評がありますね。
最近ではSMASHに参戦していたりと、活躍の場も増えている印象があります。
正直、この大会は事前にカード等も調べずに行っていたので、売店で石川選手を発見した時は「うおおおおおおお!!」とテンションがあがってしまいましたw

そんな石川選手がディアブロ&黒影に捕まる展開。
ディアブロ&黒影は初めて拝見しましたが、なかなかに悪どい。
なめてました、ごめんなさい。
石川選手のピンチが続く。

劣勢の中でなんとか自力で窮地を脱した石川選手。
ようやく、サウザーさんとタッチ!!
パワー爆発!
なんとなく、新日本プロレスで「最強外人」と讃えられていたスコット・ノートン選手を思い浮かべてしまいますね。

サウザーさんの活躍で流れを取り戻し始める。

しかし、悪というのは油断なりませんな。誘って椅子で一撃。
強烈な一撃・・・。

サウザーさんが一気に反撃に向かおうとするも、ドンピシャのタイミングでレッドミスト噴射。一気に顔面が真っ赤に・・・。
この後、ブラック・ジャックスが大暴れ。レフェリーも吹っ飛ばし反則裁定。
収集のつかないリング内にお客さんも困惑。

さらにグレート・カイザー選手も乱入し手助け。
カイザー選手も一員だったのか・・!!

サウザーさんを絞首刑。
悔しい二人。
しかし、この試合でようやくガッツリしたプロレスが見えましたねー。
体も大きいプロレスラーらしい選手に、マスクも良くキレのある石川選手。
そして分かりやすいくらいにヒールなディアブロ&黒影選手。
「反則裁定」というちょっとスッキリしない決着ではありましたが、迫力はありました。

サウザーさんはもう一回生で見たいな〜。
興行後も写真撮影をお願いし、その時に少しお話させていただいたのですが、凄く良い方で感激でございました。

続きを読む >>
| からし | プロレス(ローカル情報) | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |