無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
みなぎっていたプロレス愛に涙サプライズ
  今回の内容は「何を今更w」と思われる方が多くても仕方ないと思われますが、私にとってはかなり新鮮だったので(笑)


 今日、ゲーム仲間から「AKB48のゲームでこんなオモロイ子がおったんだけどちょっと見てみ?」と言われたので拝見。

その方は倉持明日香さん。
-------------------------------------
▼オフィシャルBLOG
-------------------------------------

私、恥ずかしながらAKBのことはあまり詳しくなくて(゚ー゚;A
(回りの影響から少しづつ勉強中ではありますが、ファミリー劇場で放送されてたネ申TVを少し見たことがあるくらいw)
倉持さんがどんな方だったのかはまったく分からなかったのですが、いきなり度肝抜かされましたww

※注:この後にリンクしている動画はPSP用ゲーム「AKB1/48」のエンディングともいえる大事な映像です
現在プレイ中で、まだ倉持さんを攻略されていないという方はご注意ください



続きを読む >>
| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
集え!熱きプロレスラー志望者!新日本とNOAHがスクラム!
■新日本とNOAHが「プロレスラー養成プロジェクト」開始 
(週プロモバイル)
http://www.njpw.co.jp/news/detail.php?nid=5058 
(新日本公式HP)
http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=2647&td=20110112
 (NOAH公式HP) 

三澤「ここ何年か、新日本プロレスの入門テストの係をやっているんですけど、入門希望者が減ったりとか、希望者はいても熱意はあるんでしょうけど、そこに体力が伴っていないっていう人がいるんですね。
というのは、どういう練習をしていいのかわからない、プロレスはアマチュアがないのでどういう鍛え方をしたらいいのかわからないっていう、熱意と体力のアンバランスさが見られる入門希望者が結構多くて、昔プロレス学校というのが新日本プロレスにありまして、山本小鉄さんが指導していたんですけども、そこの出身が自分だったり、ノアさんの浅子トレーナーだったりしますので、昔のように練習を教える環境があったほうがいいんじゃないかと。 
漠然と思っていたところに、ちょうどノアさんも入門希望者に対してそのような考えを持っているということが一致しましたので、二つが組んだらもっと大きくいい人材を育てられるんじゃないかということで、今回こういうプロジェクトをスタートさせることになりました。」 
浅子「やはり、最近入門希望者が減少しているっていうのは来る人材というのが他の野球だったり、バスケットだったり、バレーだったりに流れてしまっているというのがあって、人材確保という意味でもこういう企画を広くプロアマ問わず開こうと。我々が持っている練習、ケガの処置とか、いかにケガをしない身体を作るというノウハウ……プロレスの基本は受けですから。やっぱり、受け身を最初にしっかりと取らせる。
それをやることによって、プロレスの試合にすぐに適応できる環境を整えるのが第一ですね。」 
NOAH・仲田GM「いままでの認識と違うのは、ノアのスクールを出たからノアに入門する、新日本さんのスクールを出たから新日本さんに入門するといったことではなく、最終的にアメリカでのトライアウトが当面のゴールとなっていますので、ノアの道場で練習した人が新日本さんの目に留まるかもしれない、あるいは新日本さんの道場で練習していた子がノアのほうに向いているんじゃないかなっていうことで、ノアに入門することもありますし、ハーリー・レイスのWLWが毎年やっているトライアウトにはアメリカのメジャープロレス団体からもスカウトが来るので、日本ではなくアメリカでデビューを目指している人にもいいのかなっていう気はしますので。
 いままでアメリカのメジャー団体で試合をしたいと思っても、どうしていいのかわからないというのが現状だと思うので、そういう道ができるのかな、と。 
それとプロを目指す人には年齢、性別問わずということになっていますので、いろんな人にチャンスが出てくるんじゃないかなと思っています。
 他にも例えば栄養とか食事とか救急法とか、他にもプロレス的英会話教室もやろうと思っています。 だから、いままでとは違った、既存のプロレススクールとは違ったものを提供できるんじゃないかなとは思っています」 
 ------------------------------ 
■プロレスリング・ノア×新日本メディカルトレーナー協会 “プロレスラー養成プロジェクト”概要   
プロレスリング・ノア、新日本メディカルトレーナー協会(協力・新日本プロレス蝓砲蓮 各社協力の下、プロレス界の優秀な新人育成を目指したプロジェクトを今春スタートさせます。   
■ コースは2種類! 
・ ノア道場にて練習ができる「ノア・レスリングアカデミー」コース ・ 新日本プロレス道場にて練習ができる「ヤングライオン」コース    
■ 各コース共に一流の指導者による指導 ! 
・ 現役選手をはじめ、トレーナーや一流コーチ陣によるきめ細かい指導    
■ プロを目指す方ならば、年齢・性別・経験を問わず受講可能! 
・ 将来プロレスラーになりたいと思っている学生 …成長期の体作りからトレーナーが指導にあたります。 
・ 現在、他の職業につきながらプロレスラーを目指している方 …確実で無駄の無いトレーニングを指導いたします   
 ☆ カリキュラム修了時には、新日本プロレス&プロレスリング・ノア連名の終了証を贈呈。
 ☆ さらに、成績優秀者にはアメリカ留学や各国プロレス団体合同のトライアウトのチャンス(別途費用がかかります) 
※その他、特典・プロレス団体による運営ならではのカリキュラムが盛りだくさんです。 
2011年4月STARTを 予定 
 ++++++++++++++++++++++ 

 超実践的プロレスラー専門学校のような感じ?これは凄い。 
今現役プロレスラーとして、その基礎を身につけるのに通った学校、道場としてよく耳にするのが皆さんご存知、アニマル浜口道場。 
そういえば、ディック東郷さんもスーパークルーという学校をされていましたね。 
他にもレスリングはもちろん、空手や柔道、相撲など、それぞれ武道の下地をつくって団体のテストをうけて入るというのが通例でしたが、団体がこうやってはじめるというのは新鮮です。 素晴らしいと思います。
 同じ志のもと、新日本プロレス、NOAHそれぞれが「プロレス道場・ヤングライオンコース」、「ノア・レスリングアカデミー」としてスタート。 
師範は新日本はヒロ斎藤さん、垣原賢人さん、三澤威新日本メディカルトレーナーが。 
NOAHはこの日は発表されていないようですが、おそらく浅子さんを中心に編成されるかな?
 新人選手が育っていないNOAHさんにとっては深刻な問題点としてこういう試みは積極的にやりたかったのではないかと。 
二大団体の管理の元、素晴らしい下地を作って、新日本、NOAHはもちろん、他の団体でも活躍する選手がいっぱい生まれてくれるといいなと思います。

| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カウントダウン
今日は後楽園ですごします。

NEOの最後、そしてカウントダウンプロレス。

楽しみます。みなさん、本年も大変お世話になりました。

よいお年を!
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010年のプロレスを名(迷)言で振り返てみよう。 超私的「2010プロレス名言&迷言集」
 みなさんこんばんわ。こんにちは。おはようございます。
全日本プロレスはすでに2010年全ての興行が終わりましたが、これから年末に向け、各団体が「最後の締め!」とばかりに集大成的興行をおこなったり、年始に行なわれる興行にむけてまっしぐら。
年末ムードを味わいつつも、休む暇なしで、情報を整理してりするのも大変な状況になってきましたかね?
ま、それがワクワクするんですけどね。

かくいう私も日々の年末進行スケジュールでなかなかにまとまった時間がとれず、ここの更新も滞ったりしております。
(あとモンハンとかモンハンとか…とコッソリw)
せめて体調だけは崩さずに、楽しいお正月を迎えましょう!

 さてさて。
そんなご挨拶はそうそうに。
今日は昨年もやった「2010年プロレス界 記憶に残ってる名言(迷言)」をいくつかピックアップ。
世間では何週か前に流行語大賞を発表していましたが、遅ればせながら私も似たようなものを。
あくまで超個人的『2010年 プロレス界名言&迷言集』を、ピックアップ!!

++++++++++++++++++++++

▼中西学 「奥にある中西御殿っていうのは凄いもんやで」

 2・14両国大会にてIWGP王者・中邑に挑戦することが決まり、その調印式で飛び出した言葉。
一体全体どういう意味なんだ!?と周囲は混乱しましたが、当日にいざフタを開けてみれば確かに物凄かった!!!ww
その後、ちょっと大人しめな日々が続いた印象ですが、ストロングマンという同じ野性をもった選手と出会い、たった1シリーズしか組んでいないにも関わらずプロレス大賞ベストタッグを受賞。
「中西学」この御方のインパクトはいつ何時どんな時だって強烈!

▼TARU 「VMはあえて嫌われてやったっとるねん。何が嬉しくて帰り道で石投げられたりイタズラ電話かけられたり、名前も知らん奴からアホボケ死ねって言われなアカンのや。そういう事もひっくるめてワシらブードゥー・マーダーズ。お前らも学校や会社で溜まっとる不満を俺らにぶつけに来とるんやろ。俺らは尊大やから全て受け止めてやるよ。よう考えて見い。」

 2・7後楽園大会にてF4との解散マッチを制した後、マイクを通して発した言葉。
「“ヒール”とはどんな存在なのか?」
長く武藤全日本のトップヒールとして君臨し続けているTARUさんが解散マッチを制し、発した心響く言葉。
ただのワルでは勤まらないのが“ヒール”。

▼ビリーケン・キッド 「僕はリングに上がればプロレスラーですが、リングを降りればただの人間。皆さんと同じで悩み、苦しみ、毎日生きてます。でもリングに上がった時の僕はスーパーマンみたいです。プロレスがやりたいんです」

 これは生観戦して、個人的に凄く印象に残っていました。
流行語ではなく、心に残った“名言”としていれさせていただきました。
2・10大阪ハリケーンでディック東郷を激闘の末、遂に撃破した後の涙のマイク。
プロレスラーとは超人であれ。多くの人達のヒーローであれ。

▼男色ディーノ「プロレスは“人を不幸にする道具”じゃない。“人を幸せにする”、プロレスは愛のツールだと思っているから」&「私が夢を創ります」

 DDT7・25両国大会でのHG戦のあと、そして総選挙に1位に選ばれた際に送ったメッセージ。
両方共に素晴らしい名言。
今年、男色ディーノ選手が放ったメッセージはどれも味わい深く、暖かく、感動させられるものが多かった印象があります。

▼真壁刀義…にインタビューするマスコミさん
真壁「俺って○○だな〜?なんだかわかるか?」
マスコミ「スーパースターだからです」
真壁「わかってりゃいいんだよ!」


 名言開発マシーン・真壁さん。
その効果はマスコミさんにも。
最後にマスコミさんにこの言葉を言わせるのが3月あたりからの恒例になりました。

▼棚橋弘至「オマエの罪を数えろ」

 某仮面ライダーじゃありません。棚橋さんです。
いや、ライダーからのフレーズなんですけど、棚橋さんのフレーズなんです(脳内暴走中)
と、とにかく、これを言う時の棚橋さんがかっこ良くて印象にのこってるの!w

▼澤宗紀、佐藤光留ほか「変態」

 下半期はやたらとこの2文字を聞きまくった気がします(汗)
そしてこの2文字に翻弄され、天下一ジュニア優勝、二連覇を果たした翌日にブルマ姿を披露してしまった日高さんw
しかし、変態という文字のイメージ以上に、リングでは熱いものをみせてきた上記に選手には心から拍手をおくりたいです。
あ、あと中澤マイケルさんもw7月の両国では凄かったしw

▼ウルティモ・ドラゴン「なんだそのロックスターってやつは。だいたいオマエはギター弾いてねえじゃねえか!弾いてるふりしてるだけじゃねえか!ロックスターを目指してんだったらピアノから練習しろ!」
 みちのくプロレス7・18矢巾大会にてロックスターを目指しているというサスケへむけて放った、なんともごもっともな一言。
サスケさんへの迷言w
ちなみにサスケは「エレクトーン6級」とのこと。

▼愛川ゆず季 「ゆずぽんキック」
 
 プロレスデビュー会見の際に得意技としてあげた技名。
蹴りの威力は素晴らしいものですが、そのネーミングにプロレスファンは「!?」
本人のキャラクターと技名のインパクトで強烈に脳内に残した。

これにDDT・高木大社長が過剰反応。
10・8後楽園ホールで行われたNOSAWA論外15周年記念興行にて、愛川ゆず季がスパーリングを披露。
そこで披露されたゆずポンキックをラーニングした高木大社長が、そのあとのバトルロイヤルで使用し優勝しましたねw
しかし、愛川さんの暖かい心意気で公認に。

▼SMASH 「〜カゲマングロ」

 ツイッターにて語尾に「カゲマングロ」を付けてつぶやいていましたが、いざ本人が現れると何か期待はずれだった…?
その後、まるで無かったかのように「カゲマングロ」ブーム消失w
これは「迷言」かな?w

▼杉浦貴 「三沢さんのいない武道館は物足りないですか?小橋さん、秋山さんが欠場でいない武道館は物足りないですか?おれはこういうものとも闘っています。これからも武道館でも田舎の小さな会場でも伝わることを信じてオレはやっていきます」

 9・26武道館にて潮崎との防衛戦を制したあとで観客に問いただした一言。
埋まらなかった武道館。使命感に溢れた一言。

▼ケニー・オメガ「おつかれチ○コー!」

 DDTビアガーデンプロレスのケニー&マイケルデーの最後の締めで放った一言。
教えた方、ちょっと来なさいw

▼しもうま和美「○○○、コノヤロ〜!」

 26日後楽園ホール大会で引退されるアイスリボン・しもうま選手の熱のある言葉。
「惜しまれんのかコノヤロ〜!」など、自分を鼓舞する意味でよく使われていて、その力たるや、おもわず使いたくなるようなパワーがw

▼松田慶三「メーン!」

 これは超個人的、私的、局地的なものです(笑)
今年一番ツボにはまったフレーズかもしれません。
ご存知、IWAジャパンが誇る「周りの気温を10℃あげるマン・オブ・ザ・マン」松田慶三選手が試合中に相手に向かって発する言葉。
今年は夏のシリーズに参戦。
相変わらず濃いそのキャラクターが現地観戦者のツイートから大阪プロレスファンの皆さんの間で大ブレイク。
ツイートの語尾に何かと「メ〜ン」を付けるのが流行ってましたw
そういえば、タダスケ選手もBLOGで凄く影響受けてましたわw

奇しくも、下半期にはIGFでセコンドについていた某ラッパーも「メ〜ン」の使い手ww
影響や耳にした人が多いのはコチラでしょうが、新宿二丁目および、関西・大阪方面では間違いなく慶三さんでしょうw

++++++++++++++++++++++

 以上、こんな感じでしょうか。
みなさまそれぞれ心に残ったフレーズはあるとは思いますが、わたし的にはこんな感じで。
プロレスとは試合の技術だけでなく、マイクやバックステージのコメントまで含めたものが一つの“作品”であると思います。
もちろん、寡黙なテクニシャンもおおいに評価するところですが、こういう“言葉”を持っている選手はやはり何かと“強い”です。

皆さんは2010年、どんな“言葉”が記憶に、印象に残っていますか?
まだまだ忙しい日々が続くとは思いますが、この1年を振り返る中で、「名言」を振り返ってみるのも面白いと思います。
プロレス流行語大賞、東スポさんあたりがやってもいいと思うんですけどねw

以上、超私的『2010年 プロレス界名言&迷言集』でした!


 ん?ちなみに大賞にするとしたら?


そうですねぇ・・・・
そのシチュエーションも含めて、TARUさんの一言ですかね。
何かと深く、そして憎らしくも愛すべき素晴らしいお方です。


ありがとうございました

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
関西のプロレスも熱い!大阪・天王山&DG・名古屋 (12・11)
 一昨日、そして昨日、それから年末にかけ西日本もプロレス熱が上がっていってる!!
そんな気持ちになっています!!

一昨日の大阪大会、そして先にUPしました昨日の愛知大会と続いた新日本プロレス。
そして、年末のナンバーワン決定戦が遂に開幕した大阪プロレス!
さらにさらに、同じくDRAGON GATEも年末のビッグマッチに向けて急加速!!

それぞれ、簡単ではありますが、チェックチェック!

++++++++++++++++++++++
 さて、まずは大阪プロレス。
年に一度のNo.1決定トーナメントである天王山が開幕!
この日に来るまで選手それぞれが色々と動き、主張をしてきましたが1週間前に遂に開幕。

■大阪プロレス 天王山一回戦
http://www.osaka-prowres.com/result/
(大阪プロレスHP)


▼12・5 大阪ミナミMoveOnアリーナ『天王山2010 一回戦』
■天王山2010 一回戦
○松山勘十郎(12分10秒 タイガー・スープレックス・ホールド)アルティメット・スパイダーJr●
○ツバサ(25分35秒 ドラゴンスリーパー)小峠篤司●
●政宗(19分19秒 秒顔面スタンプ→体固め)空牙○
※ハードコアルール
●ビリーケン・キッド(26分49秒 零式刀狩)秀吉○


 くいしんぼう仮面選手の突然「天王山卒業」宣言から、強制的に?バトンを渡された勘十郎選手は一回戦を突破!
UWA6人タッグベルトを巻いたときに叫んだ「ユニーク軍団は強いんです!」と言う名言を今回も結果で見せる?
ツバサ選手は今年急上昇した小峠選手に「キャリア15年」を見せ、現実の厳しさをみせつけたよう。
 そしてそして、突然の正規軍離脱から大阪プロレスに対し挑戦状を叩きつけた戦国タッグ・政宗&秀吉の二人。
政宗選手は現大阪王者の空牙に「ハードコアルール」という特別な形式で望みましたが玉砕。
しかし、秀吉選手は正規軍のエースに完全勝利。
正規軍離脱の理由の一つに、ビリー選手が帰ってきて噛ませ犬のような扱いを受けた事への不満もあったようですが、その怒りをしっかりとこれ以上無い結果で。

▼12・12 大阪ミナミMoveOnアリーナ『天王山2010 一回戦』
■天王山2010 一回戦30分1本勝負
●ゼウス(9分36秒 ザ・バウンス→エビ固め)The bodyguard○
●ミラクルマン(17分19秒 クロスヒールホールド→レフェリーストップ)タイガースマスク○
○原田大輔(22分52秒 片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)ブラックバファロー●
○タダスケ(22分7秒 アウトキャスト→体固め)ヲロチ●


 そして昨日の一回戦二日目。
久々にプロレスの舞台に帰ってきたゼウス選手は偉大な先輩の前に撃沈。
ミラクルマン選手今回のトーナメントに望むにあたって、何か大きなものを胸に挑んだよう。
ただ、試合途中の脚の負傷により無念のストップ。その際のタイガース選手の言葉がまた泣かせる。
タイガース「プロレスラーはベルトじゃないでしょ。ハートでしょ。あなたはただ過去にすがってるだけだった。あんただったら何回やってもオレには勝てない。TAKAみちのくとやりたかったら今の自分でTAKAみちのくまでつなげてみせろ」
この言葉を受けて、ミラクルさん、ツイッター上ではありますが、さっそく行動されてますね。
---------------------
ツイッター・ミラクルマン選手
http://twitter.com/miraclebeetle


2010.12.13 12:45
TAKAみちのく様1・26自主興行でシングルでの対戦をお願いしたいと思っております。御一考宜しくお願い申しあげます。大阪プロレスミラクルマン
------------------------
そんなコンタクトから始まったTAKAさんとのやりとり。
ただ、TAKA選手は
「せっかくのお誘いですが何かない限り過去を振り返らない人間なので、、、体もガタガタなので試合数減らしてるのもありますし」
「自分の力は自分が一番わかっています。残念ながらあの頃のギラギラしているTAKA みちのくはもういません。期待に応える試合ができそうにないので見送らせていただきます。オファーありがとうございました。」

と、否定的…。
ただ、ミラクルマン選手も
「プロレス界にありがちな、ただの挑発と取られたか…1月26日空いていたら大阪観光のついででも構いません、交通費は出しますのでお待ちしております。 ギラギラしてない落ち着いちゃったTAKAみちのくの首でも俺は欲しい!」
「今考えてる事があります。試合で忙しいと思いますので、また後ほど書きます。対TAKAみちのく諦めません。」


タイガース選手に背中を押され、一気に動き出したミラコーさん。
その思い、届くといいなぁ…。

 そして次に原田選手とバファロー選手の試合。
これが私がフォローさせていただいている大阪プロレスクラスタのみなさんの中で、実際に観戦に足を運ばれた方々から物凄く評価の高かった一戦!!
週プロモバイルのこの興行レポートのトップ画像はこの一戦から。
しかも、この日だけでなく、この2日前に東京・新木場1stリングで行なわれた政宗選手の自主興行『迎撃の陣』で行なわれたZERO1・田中将斗選手とのシングルマッチも壮絶なものだったということで、急激にブラックバファロー熱が高まっております!!
-------------------
▼12・10 新木場1stリング『政宗自主興行 迎撃の陣』
●ブラックバファロー(13分11秒 スライディングD→片エビ固め)田中将斗○

 SAMURAIのSアリーナでも映像を確認しましたが、自身の持ち出したプラスティック製のボックスで将斗選手にぶん殴られ、さらにその破片で額を切り刻まれ大・大・大流血。
それでも雄叫びをあげながらエルボーを耐え、さらにスライディングDをキックアウトだけでなく、カウンターで丸め込むという技術も披露。
最後は敗れましたが、その熱のある攻防に、この日のベストバウトという声も多く聞こえていました。

その他、様々なカードは『字blog(Z-SIDE)』さんへリンクを貼らせていただいてご紹介。
『12.10政宗自主興行"迎撃の陣"試合結果&トゥギャッター』
http://hazel.seesaa.net/article/172825991.html
ツイッターでの反応をまとめられた“トゥギャッター”も掲載されていますので、是非ともご参考に。
DVD出たら、絶対にほしい!!
-------------------
 そんな激闘の後の天王山。
原田選手への猛攻を傷口が塞がっていない頭でヘッドバットをお見舞いするという場面もあったそうで、これでまたまた流血。
男・ブラックバファロー!!バファブーム、マジできてます!!
一回戦敗退となりましたが、この熱を継続できるようなファイトに期待!

 そしてメインのタダスケ選手対ヲロチ選手。
最初はセミに組まれていたカードだったんだそうですが、カード発表時の反響の大きさにメインになったとか。
かつてはLOVの名コンビだった二人ですが、ヲロチ選手がJOKERに加入したことで袂を分かってから初の一騎打ち。
最後はエルボーの乱打戦から突如繰り出されたグーパンチがクリーンヒット。そこからのアウトキャストで一回戦突破。
タダスケ「今年、大サプライズが起きるぞ!オレが優勝するからだ!」
いいよ、いいよ!!
ずっと待ち望んでいたことです!!これは本当に楽しみ。
そんなタダスケ選手の二回戦の相手は………おぉぅ…LOVの同志・タイガースマスク選手じゃないですか…。
しかし、越えてみせよう!!


=====================
 さて、続きましてDRAGON GATE。
同じく、昨日も大きな動きが。

■DRAGON GATE 
▼12・12 名古屋国際会議場イベントホール『FANTASTIC GATE』

■タッグマッチ
○堀口元気、斎藤了(17分3秒 バックスライド・フロム・ヘブン)土井成樹、Gamma●

 Gamma選手が以前に口にされていた「怒りに震えているあのお方」というのは久々のガンマ大王だったわけですが、この日、k-ness.さんの怒りに呼応しまさかまさかの選手がDRAGON GATEに帰ってきた!!
なんと、ダークネス・ドラゴン!!!
正直、こっちの方がビックリですよッ!
闘龍門JAPAN時代、M2Kの寡黙な仕事人。
2002年に行なわれたドラゴン・キッド選手とのマスカラ戦に敗れて以後、現在の「k-ness.」となり二度とこの姿になることは無いと思っていたら、まさかココで!!!

ダークネスドラゴン「アイツはオレの開けちゃいけない引き出しに手をかけたんだ。極悪非道の昔のオレに戻るんだ。完全決着だ。アイツはダークネスドラゴンを知らねえだろ。極悪非道、冷酷なダークネス・ドラゴン。ガンマ大王の比じゃねえんだ。徹底的に潰してやる。プロレスじゃねえぞ」

確かに、あの当時に現在も正パートナーの享選手、そして望月さんとブーイングを浴び続けた極悪非道ぶりといったら・・・。
言葉や精神的にというだけでなく“実力行使”で周囲を黙らせる恐ろしさがありました。
そんな姿をGammaさんは呼び戻してしまった…。
WWEで例えるならば、まるでケインが“墓堀人”アンダーテイカーを蘇らせてしまったような衝撃。サプライズ。

みちのくの練習生時代からの仲間がここまで狂気を表に出し対峙する。
端から見ればちょっと「ドラマチック!」って感じもありますが、当のGammaさんにとっちゃ「ふざけんじゃねえ!」って事態になったのは間違いないかな?(汗)

それにしても・・・懐かしいっ!
週プロモバイルの画像を見た瞬間、久しぶりに鳥肌が立ちました!

■6人タッグマッチ。
CIMA、ドラゴン・キッド、○リコシェ(18分10秒 2回転ムーンサルトプレス→片エビ固め)神田裕之、菅原拓也、Kzy●


 来日前から話題の的だったリコシェ選手が遂に来日!!
驚愕の2回転ムーンサルト(ダブルローテーションムーンサルト)で小悪トリオを撃破!
神田「なんだ、あれ。見たか、最後の技。あんなの無しやろ!反則だろ!あの技は禁止だ!危ねえんだ!」
菅原「あんなことされたらよ、プロレスの枠、超えちゃってるじゃねえか!」
Kzy「パねぇ。超パねぇ。ひとつだけ言っとく。超パねぇ」

3人がここまでの慌てよう(汗)
そんな注目のムーンサルトはコチラの動画からどうぞ。

▼YOU TUBE『Perfect Double Moonsault』
http://www.youtube.com/watch?v=laI3_FvE70o&feature=player_embedded


パねぇ!!!!!!
これは、確かにがっちゃんやKzyが恐れる理由も分かるΣ(゚Д゚ υ) !
こんなの出されちゃ何やったってインパクトは上回れないよ!!
リコシェ選手。
帰ってしまう前に一度は生で見てみたい技だ!!!
++++++++++++++++++++++

 以上、関西が誇る二大団体も熱い!!
これからドンドンと盛り上がっていくプロレス界。
日にちが近いところではみちのくプロレスが年末恒例の宇宙戦争、いや、今年は音楽(ロック)大戦争が後楽園ホールで!!
そこから週末になるとどんどんと注目の興行が連発と、関東もプロレスが熱いですが、関西、西日本も負けていませんよ!

今回紹介した大阪&DRAGON GATEも同じ26日にはビッグマッチ。
大阪はIMPホールで天王山の最終戦。
こちらはZERO1の大谷晋二郎選手、NOAHの青木篤志選手が参戦とのこと!!
大谷選手に関しては、くいしんぼう仮面&えべっさんと絡むカードになるそうで(笑)
すっげぇ見てえ!!ww

そしてDRAGON GATEは九州は福岡でビッグマッチ!!!


今年最後の日曜日まで西日本が、関西が熱い!!
つまり、日本全体が熱い!!
全国のプロレスファンのみなさん、一生懸命ついていきましょうぜ!!

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【みちのく】サスケさん戴冠!「オレ、何やってんだろうって思うんですよ(涙)」 11・7盛岡
 新日本後楽園ホールではタッグリーグの最終戦が行なわれましたが、個人的にはこっちの方がきになってたりしましたw
東北から目が離せないってーの!!

週プロモバイルでチェックしました。
++++++++++++++++++++++
▼11・7 岩手県営体育館『ザ・グレート・サスケ20周年特別試合・東北編最終章』

続きを読む >>
| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【IWA】NOAH…じゃなくてHONA vs UMA、いざ開戦! 10・29新宿フェイス
 ついにNOAHの二軍『HONA』がUMAに挑む!?
某・超常現象雑誌等からも注目度高し!?
敵対していた浅野社長がなぜかハル・ミヤコ女史と手を組みNOAH…の二軍と対抗戦!
山口敏太郎氏も見守ったプロレス界でも異色の対抗戦が19日、新宿で開戦したようです!

ではチェックチェック!

++++++++++++++++++++++
▼10・29 新宿FACE『ノア対I.W.A.全面戦争〜ノア二軍『HONA』対 UMA軍団5VS5対抗戦』
http://iwajapan.com/main.html
(IWAジャパンHP)
続きを読む >>
| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【みちのく】今年も例の風物詩が!テーマは“ロック”だ!!!
 もう11月。年末が迫り、全日本からはオリンピアがきこえてきました。

が、年の瀬の足音をしらせるプロレス界の定例行事はそれだけじゃないのです。

ついに今年も………キタァァァァァァァァァッ!!

++++++++++++++++++++++
■サスケ&ken&リッキーVS佐藤兄弟&Xで宇宙大戦争最終決戦
(週プロモバイル)
▼12・16 後楽園ホール『宇宙大戦争〜ホントに最終決戦〜』
ザ・グレートサスケ、ken45°、リッキー・フジ vs 佐藤秀、佐藤恵、X

▼その他参戦選手
FUNAKI
ディック東郷
ウルティモ・ドラゴン

++++++++++++++++++++++

 毎年「最終決戦」ってついている気が(´▽`;)
とはいっても本音は「終わらないで〜」ですけどねw

 先日23日の新木場1stリングでの九龍興行にて、ken45°選手がまさかの九龍離脱!
なぜそうなったか?の流れを極簡単に説明すると、
---------------------------
:サスケさん、アンヴィルにはまってからというもの、やたらとロックバンドを組みたがる。

:15日滝沢村大会にて、サスケさんが布袋(寅泰)さんモデルのギターを餌に、「負けたらオレと一緒にバンドをやろうぜ!」と勧誘。佐藤兄弟の制止も、ken45°選手の心は大きく揺れ動き承諾。

:23日新木場大会での条件マッチで敗北。
■10・23 『ロックンロールだよ全員集合!条件マッチ』
○ザ・グレート・サスケ(15分39秒 セグウェイVr10.2モノマネ禁止→片エビ固め)ken45゜●
 試合後、佐藤兄弟がken45°選手をバックステージに連れ帰り、加入は無しかと思いきや、休憩後の「サスケの語り部」コーナーにて佐藤兄弟がサスケを襲撃。そこをken45°選手が救出。
「男に二言はねえ!オレは九龍を辞める!オレがギター弾いてやるよ」と、まさか、本当に加入。

:本当に入ってくれると思っていなかったサスケさん。こっそり仲間としてリッキーさんを連れてきていたことが判明。
その場で、サスケ(ボーカル&エアギター)、リッキー(エアギター)、ken45°(ギター)
という前例のない“ギター(二名はエア)3ピースバンド”が誕生。

:年末恒例の宇宙戦争を今年は“音楽(ロック)大戦争”として闘うと宣言
----------------------------
 お分かりいただけただろうか…(某・恐怖ビデオ風)

まさかまさかのken45°選手のサスケバンド加入w
あれれ?九龍、9人じゃなくなっちゃった(゚ー゚;A

SAMURAIでその状況ももちろん見ましたが、非常に面白かったですw

大会名は宇宙大戦争となっていますが、実際は音楽(ロック)大戦争。
佐藤兄弟のパートナーのXについては、15日の時点でなぜか異様に対抗意識を燃やした野橋太郎選手が最有力か!?
(佐藤兄弟は「コッチが大変なことになってきたじゃねえか!」と、なぜか制止しているw)
実はシリアスもファンタジックもなんでもこなせる野橋選手。
そういえば、06年の宇宙大戦争のときのサスケさんパートナーは野橋選手でしたよねw
その時を思い出し血が騒いだか!?

ロックンロール。
それはプロレスと同じように血をたぎらせ命を燃やすバイブル!!
セッ○ス!ド○ッグ!?ロックンロール!!ベイベー!!!
12・16は後楽園ホールが狂乱のライブハウスとなるか!?
観戦予定の方は自然発生(するであろう)ヘッドバンキングに備え今から首をトレーニングしておくべし!!

すげぇ見てえwww

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
“アパッチ”がまさかの復活。
 なんすか…これ…。

++++++++++++++++++++++
■12・17新木場で復活。金村、黒田、橋本らが所属に
(週プロモバイル)
■所属選手
金村キンタロー、黒田哲広、新宿鮫、小幡優作、橋本友彦、小坂井寛


続きを読む >>
| からし | プロレス | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【IWA】杉浦さん、不覚!?
 少し前にリリースされたIWAジャパン10・29新宿大会のプロレスリング“HONA”vsUMA軍団の5対5対抗戦のカード。
--------------------
▼10月15日更新分『【IWA】GHC王者vsビッグフット!!』
http://kimagure-guda.jugem.jp/?eid=2173
--------------------

本日、週モバをチェックしていると気になるニュースが。
なんと、カード変更!?
-------------------
■杉浦が吸血獣と対決/Iジャ10・29新宿変更カード
(週プロモバイル)
 IWAジャパン10・29新宿大会に参戦する杉浦貴の対戦相手が、ビッグフットから吸血獣チュパカブラに変更された。
(中略)
今月はじめにメキシコ遠征をした杉浦がチュパを発掘、日本に持ち帰りNOAHの二軍「HONA」に入団させた。
しかし、杉浦の自堕落な生活ぶりに愛想をつかしたチュパは、ハル・ミヤコ率いるUMA軍団に寝返ったという。

--------------------
 一時期でもUMAがNOAHにいた!!!
NOAHが誇る珍獣・MASAOさんとは気があったんじゃないかと推測(失礼w

コレに伴いメインのカードが変更に。
++++++++++++++++++++++
▼10・29 新宿FACE『ノア対I.W.A.全面戦争〜ノア二軍『HONA』対UMA軍団 5対5対抗戦』
1:井上雅央 vs ゴム人間
2:橋誠 vs 河童小僧
3:佐野巧真 vs 雪男
4:志賀賢太郎 vs ビッグフット※宇宙人アサターから変更に
5:杉浦貴 vs チュパ
※全試合時間無制限一本勝負

++++++++++++++++++++++
 アサターが消えたぁぁぁぁ!!!
うぐぅ…。
これもすべて杉浦さんの自堕落のせいだ…。
キャバ嬢のお姉ちゃんにうつつを抜かしているから…(ここでは関係ない
アサターが相手ということで特訓もされていたという志賀さんにもいい迷惑?

それにしてもですよ。
週モバで一緒に掲載されていた画像をみると、ハル・ミヤコ女史の美しさは変わらないとして、チュパカブラの姿がなんと禍々しいこと…。
仮面ライダーに登場していてもまったくおかしくない怖さ…。

杉さん、大丈夫かしら…。

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | プロレス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |