無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
【新日本】ジュニア黄金時代!リセットではなく受け止めて前へ! 6・18大阪
  新日本大阪決戦!!!
PPVで観戦しましたよ〜!


++++++++++++++++++++++
▼6・18 大阪府立体育会館『DOMINION 6.18』

■シングルマッチ
○金本浩二(逆片エビ固め)高橋広夢●

 高橋選手は金本さんに憧れて新日本入りを果たした。そんなあこがれの人と待望のシングルマッチ!
両者リングイン。ゴング前から凄いにらみ合い、そして激しい喧嘩のようなしばきあい!!
最後は金本が逆片エビで勝利。
アニキが広夢の前に立つと広夢は張り手で返答。
怒りのアニキがさらにぼっこぼこ。
も、広夢選手がとにかく熱かった!!

■6人タッグマッチ
●KUSHIDA、タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー(スライスブレッド#2)ブライアン“スパンキー”ケンドリック○、邪道、外道

 キラーラビットが入場早々、邪道&外道から花道でボッコボコ!!一緒に闘うことを拒否!
かわりに入ってきたのはかつてZERO1で活躍していた ブライアン・“スパンキー”・ケンドリック!!!!

ミッドナイトエクスプレスをかわしてのスライスブレッドで勝利!
さらに鼻の穴に指を突っ込んでのキャメルクラッチではずかじめるスパンキー。
とんだ悪ガキになって帰ってきましたな(汗)


■CMLL世界ウェルター級選手権試合
[王者]●田口隆祐()マスカラ・ドラダ○[挑戦者]
※王者が4度目の防衛に失敗、新王者誕生

 CMLLの若きエース vs スーパーJr準優勝という勢いにのる王者。3度目の防衛戦。
田口は華麗なトペコンで空中戦でも負けないという部分も披露。
ドラダもさすがのムーブをみせるが、セカンドロープからステップして場外へのトペにトライするも、足がひっかかってリング内から場外に真っ逆さまに転落!!!
ヒヤッとするも、無事に立ち上がり二度目のトライを華麗に決めて大歓声・・・!!
ほんと怖かった・・・・。無事でよかった・・

「ドラダ」コールが飛び交うも、田口がグラウンドテクニックなど変化球で3カウントをせまる。
が、丸め込み合戦を制したドラダが3カウント奪取。
至宝奪還!
大きな失敗があったものの、温かいお客さんの声援を力にした感じ。
マスク越しではあったけども感激しているような感じも。


■6人タッグマッチ
天山広吉、○永田裕志、井上亘(バックドロップホールド)飯塚高史、田中将斗、石井智宏●

 今日も今日とてスーパー飯塚さんタイムww
観客席を大暴れで闊歩すると、いつも通り野上アナの所へww
シャツを破って青義軍Tシャツもビリビリww
ご両親も来ていらっしゃるというのにww
表示されたテロップが「野上“ジャスティス”慎平」になってたww
そこに永田さんがさっそうと救出へww永田さんが肩に手をかけ実況席までエスコートw
野上アナ「シャツは破かれましたが心までは破かれません!」 

 リングでの試合になると天山さんが猛攻。
ジャスティスモンゴリアンをはじめ、青義アクションで野上アナの怒りを代行。
そして勿論永田さんも!
翌日には三冠戦!気合も入る!

最後は

そこに平澤光秀こと、ヒデオ・サイトー強襲!!
山賊のような風貌になってる!!
さらに永田さんを絞首刑で失神へ!!


■スペシャルシングルマッチ
●内藤哲也(11分12秒 東京ピンプス→体固め)高橋裕二郎○

 大阪のお客さんからも大歓声な内藤。
登場早々にミサイルキックで先制!さらに花道からのドロップキックも物凄く美しい!!個人的に記憶に残る名シーンになりそう!
しかし裕二郎もコーナーへのパワーボムで流れを強引にチェンジ。
今日の内藤はいつもに比べ、内藤ペースというよりも、感情に任せて技を次々に。
とはいっても強引にいくのではなく、華麗に綺麗に派手な技を決めていっていた印象。
特に中盤で出した高角度ジャーマンは芸術的な美しさと力強さ!!

裕二郎のジャーマンを着地。オリンピックスラムで頭から落としていく!!
さらに垂直落下のフィッシャーマン、東京ピンプスでカウント3!!
コンプリートプレイヤーズが内藤を制裁。
そこにGBHの本間が救出にはいってくるも、返り討ちにあい、ともにKO。

内藤&本間、ここで繋がる・・!?

裕二郎のセコンドにはコンプリートプレイヤーズがいたが介入一切なし。
正面から敗れた内藤・・・。ここからどう逆襲へ?

■IWGP Jrヘビー級選手権試合
[王者]●プリンス・デヴィット( フェニックススプラッシュ)飯伏幸太○[挑戦者]
※王者が8度目の防衛に失敗、第61代新王者誕生

 煽りVTRの最後の言葉は「プロレスの未来」。
スーパージュニアで文句なしの名勝負を繰り広げ続けた二人が東京ドーム以来の二度目のタイトルマッチ!!
「誇りをかけた防衛か!夢を叶える奪還か!」
この実況に更に燃えた!!!

安田拡了さん「あなたの夢は?あなたのやってる事はアクロバティックプロレスではないのか?」
飯伏くん「それは分かってるんだけど、僕は夢を持ってて、その夢を実現させるためのプロセスの一つ。プロレスは村社会のようになってるけど市民権を得る大きなプロレスにしていきたいんだ」

序盤はハイフライムーブと打撃でペースを握り合う。
飯伏の雪崩式フランケン!! ちょっと崩れて危険な角度で落ちた・・・!二人とも大丈夫かと思いましたが、直後飯伏が高速ジャーマンから
ムーンサルト+ムーンサルト!
しかしデヴィットが剣山!!
デヴィちゃんの蹴りをオーバーヘッドで迎撃も、すぐにデヴィちゃんが返す先の読み合い!!そこで不意のリバースブラディサンデーもカウント2でキックアウト!
一気に動き出した!デヴィちゃんがミサイルキックで追い打ち。ダイビングフットスタンプもカウント2でキックアウト!飯伏が粘る!
さらに1・4の時の再現、雪崩式ブラディーサンデーかと思いきや、飯伏がさらにフランケンシュタイナーでカウンター!3階建てくらいの高さじゃねーか!?
飯伏のラリアット、そしてライガーボムはカウント2。大飯伏コール!!そしてフェニックでカウント3!!!

飯伏がタイトル奪取!!! 

遂に飯伏君が大きな夢をつかんだ!!!
そして改めて、日本ジュニア新時代へ突入!!と宣言させていただきます!!

飯伏くん、おめでとう!!

ここで休憩。

続きを読む >>
| からし | 新日本 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】史上初!!今年も神がおりたスーパーJrファイナル!! 6・10後楽園ホール
いよいよ最終日!
ついにこの日がやってきました!
SAMURAIで生放送!!もちろん、視聴中!!

実況は清野アナ、解説は柴田さん。
そしてゲスト解説はミラノコレクションA.T.さん!!
名解説来ました!w

++++++++++++++++++++++
▼6・10 後楽園ホール『BEST OF THE SUPER Jr.XVIII 〜Bring it on!〜 最終戦』

■6人タッグマッチ
マスカラ・ドラダ、●高橋広夢、KUSHIDA(クロイス・ラツ)TJP、佐々木大輔、ケニー・オメガ○

 第1試合はスーパージュニア出場者5人に高橋選手が加わっての6人タッグマッチ。
もちろん、注目はおのずと広夢選手に。
しかし猛者ぞろい。
苦しい場面が続くが耐えに耐えて会場の熱を引き出していく。
最後はケニーのクロイス・ラツに沈んだが、他5選手の素晴らしい空中戦もあり大盛り上がり!!
ドラダ選手のハイフライムーブにミラノ先生、普通にお客さんのようなリアクションw
あまりの飛びっぷりに会場も大熱狂。

ミラノ先生「ドラダはこれが終わったらメキシコに帰れると思って(頑張ってる)んですかね?」

ちょっとww

■8人タッグマッチ
三上恭佑、●キング・ファレ、井上亘、天山広吉(東京ピンプス→片エビ固め)高橋裕二郎○、田中将斗、飯塚高史、矢野通

 第二試合はCHAOS vs 本隊。
飯塚さんはいつも通りに客席を大暴れ。
清野アナが襲われるも、テレ朝の野上アナのようにシャツを脱がされたりはせず一安心(笑)
そんな飯塚さんの大暴れっぷりを見て、ミラノさん大笑いww

CHAOSが天山さんへのコール時に尾崎アナを襲って開始。
CHAOS勢が本隊勢を蹂躙。
天山さん、井上さん

ミラノ先生「ファレと三上は勝負どころの見極めが甘い。ファレは顔だけ見るともう何人か殺めていそうですよね」
ちょっと先生w

 ゴング後、内藤哲也が田中、裕二郎を強襲!!!
内藤「裕二郎!!コンプリートプレイヤーズの子分になれた気分はどうだ?開幕戦の屈辱を一生忘れねえぞ。シングルで勝負だ。オレがお前にプロレスを教えてやるよ!」
裕二郎への宣戦布告!!
近いうちにケリをつけよう、と!

■「BEST OF THE SUPER Jr. 将次彌犒莨\
[Aブロック2位]○飯伏幸太(ファイヤーバードスプラッシュ)デイビー・リチャーズ●[Bブロック1位]
※飯伏が決勝進出

  ゴングがなると同時に両者ともに前へ!!短期決戦狙い。
しかしまずペースを握ったのはデイビー。じわじわと飯伏にダメージを重ねていく。
エプロンサイドでの攻防を制したデイビーがロケットのようなトペスイシーダ!
デイビーペースに苦しむ飯伏。客席の中で強烈なパワーボムをやられようとするも回避した飯伏が一気にロープへ駆け上がりケブラーダでカウンター。
リングに戻ると飯伏が一気に形勢逆転へ。雪崩式スープレックスはデイビーが雪崩式ジャーマンで放り投げる。
しかし飯伏は着地。おどろいたデイビーにジャーマン!
そこから一気にムーンサルト+ムーンサルト!しかし読んでいたデイビーが丸め込み。ギリギリのカウント2!!

打撃戦を制したデイビーが垂直落下式ブレーンバスター!しかしカウント2!!続けざまのバズソーもカウント2!!
10分経過。
デイビーがコーナーからデイビーの雪崩式パワーボムをウラカンで切り返す飯伏!!そこからファイヤーバードでカウント3!!!!!!

飯伏、決勝進出!!!!
デイビーーーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。 しかし、凄い試合だった・・・・・・・。飯伏くんの決勝進出も素直に祝福できます!!!!
こうなったら優勝してくれーーーー!!!!

■「BEST OF THE SUPER Jr. 将次彌犒莨\
[Aブロック1位]●プリンス・デヴィット(丸め込み)田口隆祐○[Bブロック2位]
※田口が決勝進出

 準決勝その2はアポロ55対決!!! タッグ結成からは初対決!!
田口さんとデヴィちゃんが本当に楽しそうでしたねえ〜。
序盤の探り合いから田口さんとデヴィちゃんが笑顔でもう一回握手。

まずはデヴィットが美しいトペコンで先手。なんと美しいことか。
田口が攻めるもデヴィットがすかさず反撃しペースチェンジを許さず。
田口の円盤中毒は自爆。デヴィットが立ち上がろうとする田口の背中へフットスタンプ。抜群の足ごたえ。
さらにお腹へのフットスタンプで危機一発。しかしカウントは2。

しかしどどん、丸め込みを回避したデヴィットがカウント2。
さらにどどんを切り返す、デヴィット、さらに丸め込み。
最後は田口が制してカウント3!!

田口が決勝進出!!
決勝は飯伏 vs 田口!!

ミラノ先生「ダメージ的には田口さんが有利。しかし公式戦では田口さんが勝っているのでリベンジされるという可能性も。あとはお酒を飲んでなければ・・」
田口さん、最初から最後まで「昨夜にお酒を飲んでないのか」を気にされるw 

ちなみに、田口さんは将棋に例えると「桂馬」by 柴田さん

■8人タッグマッチ
ザ・グレート・サスケ、○タイガーマスク、金本浩二、獣神サンダー・ライガー()フジタ“Jr”ハヤト、石井智宏、邪道、外道●

 休憩明けは豪華な4人が揃って vs CHAOS。
金本 vs ハヤトで開戦!!公式戦でも壮絶な試合を見せた二人。熱闘が蘇る。
続いてタイガー vs 石井、サスケ vs 外道、へと続く。

脇腹を負傷しているサスケが捕まる序盤。
ハヤト選手は開幕戦と同じ流れで金本選手をKIDで捉え、さらに串刺しのヘルム!!
勢いはまだまだ持続中!! そこから再びナックルでのシバキあいから蹴りの応酬へ。
再び素晴らしい一戦!!
ライガーさんも大ハッスル。
そしてリング内でサスケのマッハ!が炸裂し、フレアー式に邪道がダウンw
この二人の絡み、短時間ながらも素晴らしかったww
最後はタイガーが変形チキンウィングで外道からギブアップをとり勝利。

 そして今シリーズといえばもうひとつの注目だったのが邪道さんの「生尻」。
一度はサスケさんから半ケツにされそうになりましたが、何とか耐えて得意げな表情ww
三田佐代子さんも毎日楽しみにしてたんだぞー!w


■タッグマッチ
○小島聡、真壁刀義(ラリアット→片エビ固め)タイチ●、TAKAみちのく

 タイチ&TAKAは鈴木みのるの「風になれ」で入場。
呼びこむふりをしたけれど、当然来ないww

いきなりタイチがコジの頭部を椅子でうちぬく!!
コジが捕まる展開。
しかし、中盤、二人まとめてのラリアットからエルボーパッドをとってのラリアット・・・しかしこれは回避したタイチが調子にのってコスをキャストオフ。
しかしこの後にウエスタンラリアットをくらいKOww

ミラノ先生「(タイツキャストオフから調子にのっているのを見て)これはやられパターンですね。王道を突き進んでますね。やられパターン第一章でしたね」

タイチくん、ありがとうございましたww

■タッグマッチ
○永田裕志、棚橋弘至(バックドロップホールド)本間朋晃●、後藤洋央紀

  今日もでるかな?裏昇天。
YAHOOの注目検索ワードにもあがっていた新技。
注目はもちろん棚橋と後藤のIWGP前哨戦に。

しかし熱かったのは永田さんと本間さん。
終わりなきエルボー合戦からの攻防。
永田さんの垂直落下式ブレーンバスターをキックアウト。
しかし最後はバックドロップホールドでフィニッシュ。

場外ではタナと後藤が乱闘。
ミラノ先生「あの日(6・8)後藤選手がなぜ裏昇天を出したのか。一つは精神的に追い込まれやむなしにだしてしまったパターン、もう一つは挑発的な意味で出したパターン。開幕戦の状態とかからみるとあの日は止む終えなくなって出してしまったパターンのようにも思えますね。後藤はタッグマッチの型にはまっていた印象があった。その枠をとっぱらって、タイプは違うけど飯塚選手のように試合を壊すくらいの暴れっぷりも必要かなとも思います」


■「BEST OF THE SUPER Jr. 将次弖莨\
○飯伏幸太(フェニックススプラッシュ)田口隆祐●
※飯伏が初優勝

 飯伏くんが勝てば史上初の「他団体選手優勝」、田口さんが勝てば「初優勝」。
どちらも大きな勲章、歴史を刻むことになる大一番!!

田口コールと飯伏コールが最初から交差する決勝。
田口のセコンドにはデヴィットをはじめとする新日ジュニア勢。飯伏のセコンドにはケニーとマイケル。
握手を交わしゴング!!!

探り合いから田口さんのノータッチトペ!
デヴィちゃんの気持ちも背負ってる!!!

田口さんはお腹狙い。どどん、どどんスズスロウンへの布石。
将棋好きの田口選手らしく一手一手を丁寧に。
「田口さんの将棋のような一手一手。お腹攻めをすることでどどん、どどんスズスロウン、そして飯伏のファイヤーバードスプラッシュをも諸刃の剣になるようにしかけている」と、ミラノ先生。

田口がスリーアミーゴス。3回目の前に一度トップロープにお腹を打ちつけてから投げ落とす徹底ぶり。
飯伏もその後に、コーナー上の田口へ側転オーバーヘッドで迎撃。
さらに一足飛びフランケンで追い打ち!!
ジャーマンからムーンサルト。しかし回避され大ダメージ。
ここで田口は一呼吸。

田口さんがカウンターのラリアット!?しかし飯伏が槍投げからのラリアット!!
飯伏くんが一気にヒートアップ!!パワーボムは田口が丸め込む。が、飯伏がライガーボム。

飯伏のフルネルソンスープレックスホールド。
さらにファイヤーバードスプラッシュもカウント2!ミラノさんも唸る!
続けて飯伏が雪崩式を狙うが田口が雪崩式で前から落とす。
飯伏のバズソーを返した田口がジャーマン!!
どどんかと思いきやタイガースープレックス!しかしカウント2!!
延髄蹴りからどどん炸裂!しかしカウント2!

飯伏がオーバーヘッドからハーフネルソン。フラフラになりながらも耐える田口。そのまま張り手合戦!!ソバットで飯伏が打ち勝つとハイキック!!凄い大歓声!!!
ライガーボムからフェニックススプラッシュ!!
カウント3!!!  

飯伏が優勝!!!!!!!!!
史上初「他団体選手」の優勝!

勝利者インタビュー
飯伏「最高です。本当に最高です。これ以上無いです。本当に。ありがとうございました。
去年は決勝で怪我。今年は優勝、自分の中のベストオブザ・スーパージュニア、リベンジできました。まだ優勝だけなので、僕の夢はIWGP Jrのベルトをとることです。デヴィット選手、お願いします!」

デヴィット「飯伏、オメデトウゴザイマス。オオサカ、ガンバリマス」
そして握手。

ミラノ先生「決勝でミラノ作どどんスズスロウンを出せなかった。飯伏選手からすればアレで負けているんでそこまで持っていかせなかった。
シリーズ通しては怪我とか心配したんですけど欠場者がでず完走、素晴らしい内容をするんだという気持ち。素晴らしい試合を独りでも多くの人に見てほしいですね」

▼バックステージ
飯伏「去年準優勝だったんで、今年は必ず優勝しようと思って今年に賭けてたんで。失敗したらもう出ないと思ってたんで。念願のサスケさんとシングルができてそこから何かを貰ったような気がして更に調子が良くなったんで。あとは仲間がいてくれた。
サスケさんとの一戦は特別でした。僕が見た新日本プロレスで実現できたのが嬉しかった。個人的にライバルだと思っている田口さんと決勝で当たって勝てて嬉しいです。これ以上はもうでないです。これ以上は本当に無理です。全力でした。
最後は技がなかったんで気持ちだけです。あとはシングルのベルト。必ず巻きます。次の大阪で是非お願いします」

ミラノ先生自分の憧れである人を倒してしまった。じゃあ次はどうするか。その人を背負って結果を残すしかないですからサスケの生霊がうつった。サスケさんの戦闘力までもらって飛躍的にパワーアップしたという感じですかね。
サスケさんというのは普通の人じゃやらないことをやっていた。そこを飯伏選手が超えてやっているという現代のプロレスをみせつけられた。わからないですけどまた何年か後に飯伏選手を超える選手がまた出てくるんですかね?
(DDTの選手が優勝する)時代の移り変わり。プロレスに夢を抱く者っていうのが必ずしもメジャー団体の門を叩くものじゃない。個人個人のいい部分ってのは必ずあるから、DDTさんってのはその型にはめることなく自由にやらせていると思うんですよ。自分の長所を限りなく伸ばしていけば歴史を変えることも成し遂げられる、と。」

ミラノさんの飯伏くん評。
思い返せばミラノさんもウルティモ校長の元にいて、そして旅立っていった。
色々思い出しつつ解説されてたのかなぁ・・

 あとは18日の大阪大会
飯伏くんとデヴィちゃんのタイトルマッチは決定で間違いないでしょう。
1・4ドーム大会以来のシングル。
神試合はもう約束されたようなものです。

あとは、棚橋 vs 後藤。
今日の試合を見てのミラノ先生の後藤選手へのコメントも最後に。

ミラノ先生「後藤はブレーキを壊して爆発してくれるか。まだ殻を完全に破りきれてない。
何も考えてないようですけど、たまにコッチがビックリするようなことをしでかす。爆発力はあるんですよ。そこを出せる回数、力をコントロールできるかがキーポイント」

元RIZEの同志として見ていたミラノさんならではの言葉。
爆発力・・・・。後藤さん、お願いします!

 なにはともあれ、長く熱い日の連続だったスーパージュニアは飯伏幸太選手の優勝で幕。
そして何よりも、満身創痍だったサスケさんがいらっしゃったけど最後までリタイア選手がでなかったのは本当に素晴らしかった!
飯伏君はもちろん、田口さんもデイビーも、デヴィちゃんも、みんなみんな、毎日が充実してたなぁ。長いシリーズだったけど「あっ!!!」という間だったなぁ。終わっちゃったのが寂しいよ。
ニアライブ、そして最終戦を生放送してくれたSAMURAIさんにも大感謝!!

18日、仕事の予定が入ってるんですけど、可能性は10%もないかもしれないけど、最後まで大阪行きの希望は諦めないことにした。
行かなきゃ。行かなきゃ。行きたいな〜!!

言葉に出来ない素晴らしいものをたくさんもらった感じのするスーパージュニア。
本当に日本のジュニアは素敵すぎます!!

飯伏くん、おめでとう!!

そして参戦選手の皆さんに心からの感謝を!!
| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】4強決定!!いざ、最終決戦! 6・8ディファ
 長かった今年のスーパージュニアも残り2戦!
最終戦直前のディファ大会もニアライブでした。

実況はNOAH中継でおなじみの塩野さん。珍しい!!
そしてゲスト解説は棚橋さん!!

++++++++++++++++++++++
▼6・8 ディファ有明『『BEST OF THE SUPER Jr. XVIII〜Bring it on! 第9戦』』

■Aブロック公式戦
○邪道[2勝6敗=4点](7分11秒 クロスフェースオブJADO)フジタ“Jr”ハヤト●[3勝5敗=6点]

 このシリーズ中、邪道さんがお尻をだすキャラになってしまったのが気になります(汗)
この試合でもバッチリw
いいんすか?w

しかし試合はバッチリ勝利を頂戴。
ハヤトくんと握手し、ハグで称える男前ぶりを披露。
兄者ー!

両選手共に準決勝進出はならず。
ハヤトくん、スタートダッシュは素晴らしいものを見せてくれてました。
二度目の挑戦も残念な結果でしたが、今回もお客さんの心をバッチリつかんだのは間違いのないところ。
またみちのくを引っ張り、一回り大きくなって来年、また!!


■Aブロック公式戦
●タイガーマスク[4勝4敗=8点](7分4秒 スモールパッケージホールド)タイチ○[2勝6敗=4点]

 この試合もこのシリーズ中猛威(?)をふるった「のらりくらり」ワールドでタイガーさんをイライラの世界へ。
マスクにも手をかける悪童ぶり。
タイガーさんのヒートを散々かい、容赦なに手をかけを剥ぎとりスモールパッケージホールドでまんまと逆転勝利!
さらにマスクも剥ぎとり大笑い。

棚橋さん「怖いところいったなぁ(汗)」
タイガー「オレにこんなこと(マスク剥ぎ)してどうなるか分かってんだろうなー!その前にレスラーやめろコラァッ!!」

ここまできたか。
タイチ君、いろんな意味でも完勝ですよw

タイチくんも予選含めガッツり注目を集め続けたなー。
結果うんぬん関係なしに。見たい選手になりました。


■Aブロック公式戦
○プリンス・デヴィット[7勝1敗=14点](7分22秒 ブラディサンデー→片エビ固め)金本浩二●[4勝4敗=8点]
※デヴィットがAブロック1位通過

 すでに準決勝通過をきめているデヴィット。あとは1位か2位か。
金本さんはゴング前から怒涛の打撃ラッシュで。
そのラッシュに怒りの火がついたか、リングしたからテーブルを取り出す珍しい姿もみせてました。
エキサイト。
ケニー戦を経て影響されちゃったのかしら?(苦笑)

最後はデヴィットが勝利。
立っているアニキの背中へのフットスタンプ、これで頭をリングにうちつけたあとにブラディサンデー。
効果は二倍。

アニキも健闘を讃え爽やかな笑顔と共に手を挙げる。
さすがスーパージュニアの神。
準決勝にあがれずも、バックステージでもやりきったという表情で素晴らしかったですねぇ。

そしてデヴィちゃんは1位通過!!
IWGP Jr王者として二連覇なるか!?


■Bブロック公式戦
●ケニー・オメガ[5勝3敗=10点](9分55秒 パワーボム→エビ固め)デイビー・リチャーズ○[6勝2敗=12点]
※リチャーズがAブロック2位通過

 両選手共に勝てば2位通過という一戦。
ケニーにも上がってほしいという心境でしたが、ここは開幕前からのデイビー推しとして、デイビー頑張れとみまもりました!

スタートから激しい蹴り足の飛び交うなか、デイビーがリング内から場外へブレーンバスターで投げるという荒業も披露!!
初めて見たよ(汗)

波動拳をハイキックでカウンター!!
しかしケニーも強烈に投げ返す一進一退。
ケニーが雪崩式を狙えば空中でデイビーが切り替えし豪快な雪崩式ジャーマン!!
一瞬の隙が命取りになる攻防に。
壮絶な読み合いの末、デイビーが強烈なラリアットからの垂直落下式ブレーンバスター、さらにパワーボムで3カウント!!!
最後のラッシュがなんとパワフルなことか・・・・!!

棚橋「同業者としてデイビーの畳み掛けはゾッとします・・」

 この結果により、Aブロックは1位がデヴィット、2位がデイビー!!!


■タッグマッチ
小島聡、○真壁刀義(8分49秒 キングコングニードロップ→体固め)矢野通、石井智宏●

 ここでヘビー級の試合。
今日はコジマカベ初登場! ケイオスの戦い。
真壁選手はこの日初お披露目のベストを着て登場!!

途中、誤爆で不穏な空気が一瞬流れるも、直後に好連携(汗)
最後はキングコングニードロップできっちり料理。

まだまだこれから、っという感じかな。
でも超強力なのはまちがいなし!


■Bブロック公式戦
●ザ・グレート・サスケ[5勝3敗=10点](9分9秒 パントキック→片エビ固め)外道●[2勝6敗=4点]

 ユニバーサル時代の先輩後輩(サスケさんが後輩)
日に日に増していく脇腹のテーピング。
もちろん、外道さんがそこを見逃すはずがなく・・・。
ネバーギブアップなサスケさん。一瞬の丸め込みやグラウンドで対抗。
しかし、全く容赦のない脇腹攻めを見せる外道さん。
レフェリーへも「まだできます!!」と必死に耐えるも、無念の3カウントを聞く・・・。
いつもは長舌なサスケさんも、さすがにこの日はノーコメント。
この試合で燃え尽きたかなぁ・・・。

サスケさんは勝てば決勝進出でしたが、無念・・・。
この時点では微かな望みもありましたが、コンディションはギリギリだったか・・。
最後の最後まで夢見せてくれましたな・・。
文句なしに、今年のスーパージュニアを引っ張っていたのは間違いなく。


■Bブロック公式戦
○KUSHIDA[5勝3敗=10点](6分25秒 ミッドナイトエクスプレス→体固め)マスカラ・ドラダ●[4勝4敗=8点]

 両者ともに勝てば首の皮一枚という状態。
スピードが売りのふたりだけにスピーディーな展開。
ルチャでしたねぇ〜。


■Bブロック公式戦
○田口隆祐[5勝3敗=10点](9分26秒 ミラノ作・どどんスズスロウン→片エビ固め)TAKAみちのく●[4勝4敗=8点]

 ここも両者共に勝てば準決勝へつながる一戦。
読み合いへしあい。 うなる攻防・・・。
TAKAさんの地に足をつけた戦略に苦しむも最後は序盤から3カウント率100%の頼れる盟友の技で勝利を手に!!

凄い刺さり具合だったどどんスズスロウンでした・・・・(汗)

これで残すはメインの結果次第だったわけで・・・。


■Bブロック公式戦
●獣神サンダー・ライガー[4勝4敗=8点](8分47秒 ファイヤーバードスプラッシュ→片エビ固め)飯伏幸太○[6勝2敗=12点]
※飯伏のBブロック1位通過決定
※この結果により田口の2位通過が決定

 開始から一気に攻める二人。
マットのない部分に垂直落下式ブレーンバスターをしかけるなど、容赦の無さをみせるライガーさん。
リング内でも厳しい腕攻め。
なかなかペースを握れない飯伏くんでしたが、歯を食いしばっての逆襲。
最後はファイヤーバードスプラッシュで3カウント。
ペースはライガーさんだったけど、無理やり勝利をもっていったような感じ。
最後の最後、これしかなかったという印象。
ライガーさんも素直に負けを認め飯伏くんの手を挙げる。

 これでBブロックは飯伏幸太が1位通過、そして10点で並んだ田口、KUSHIDA、サスケも、それぞれの直接対決で2勝をあげている田口選手が勝ち上がり!!
Bブロックは飯伏くん、田口さんが準決勝へ!!


 ということで、準決勝のカード『プリンス・デヴィット vs 田口隆祐』、『デイビー・リチャーズ vs 飯伏幸太』!!!!
アポロ55対決・・・!!
ここで実現か〜。贅沢!!!!
もしデイビーじゃなくてケニーだったら、アポロ55とゴールデン・ラヴァーズという名タッグの直接対決からの決勝が見れてたってことかぁ・・・・。
それも観たかったなぁ・・・。

いや、でも自分はデイビー。デイビー推しでw

棚橋さんは「田口さんに期待したい」ということ。

果たして頂点は誰に・・・?

やべーなー。今年も凄く面白い毎日ですぞ・・・!!

JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】久々のニアライブ!憧れの人とのようやく! 6・7ディファ有明
 さぁ、終盤戦!
今日からSAMURAIでのニアライブ再開!!
しっかりと見ましたよ!


今日は全日本プロレス観戦もあってバタバタしていたので簡単な感想のみでw

++++++++++++++++++++++

■Bブロック公式戦
●外道[1勝6敗=2点](7分37秒 トルニージョ→片エビ固め)マスカラ・ドラダ○[4勝3敗=8点]

 ドラダのペースをかえるためにレフェリーとも握手をしてハグ。
そしてドラダとも握手をさそって、手を出したところにガットショットw
策士。

若干ロープの違いで足を踏み外したりしたものの空中殺法で外道選手を料理。
これで外道さんは完全に脱落。
ドラダ選手はまだまだトップ戦線へ行けるラインですね。


■Bブロック公式戦
○TAKAみちのく[4勝3敗=8点](7分19秒 ディックキラー)佐々木大輔●[1勝7敗=2点]

 佐々木選手はすでに脱落決定。TAKA選手はまだ決勝進出へ可能性を残している状況での一戦。
しかしTAKAさん、腕攻めに苦しみつつもさすがの勝利。
佐々木大輔選手はこれで公式戦全戦終了。
ここからまた来年、チャンスを掴んでほしいです。


■Aブロック公式戦
○フジタ“Jr”ハヤト[3勝4敗=6点](7分44秒 K.I.D)TJP●[3勝5敗=6点]

 血気盛んな日米の若者同士の対決。
TJP選手のほうが意識してたかな?

スピアにきたところを捉えてKIDで勝利。
「きつかった〜」とハヤト選手自身は口に出していましたが、表情的にはひょうひょうという感じも。
これまで踏んできた場数がいい感じに生きてる印象でした。
「強い!」と思えました。


■Aブロック公式戦
●ケニー・オメガ[5勝2敗=10点(9分42秒 クロスフェースオブ)邪道○

 これまで全敗の邪道さん。
先制攻撃でプロセコンダー・中澤マイケル氏も襲うも、ケニーの空中弾に首を痛めた仕草も。
一瞬、嫌な記憶が蘇りましたが、試合継続。
さすがの勢いの良さをみせるケニーでしたが、最後は波動拳をうまくかわしてのクロスフェイス!!!
さらにベノワ式に回転してリング中央でさらにグイグイ、そしてギブアップ!!!
邪道さんが初勝利!!
喜びも爆発させているように見えた邪道さん。
ココまで喜びを見せる姿も新鮮でしたね。

バックステージでは「一番順位が下の奴に負けるとは恥以外の何物でもない」というケニー。
星取状況では全然大丈夫な中ですが、この一戦が翌日の公式戦で何か影響するかな?
残りはデイビー。
怖い相手です・・・。


■スペシャルタッグマッチ
棚橋弘至、●天山広吉(13分3秒 昇天・改→片エビ固め)後藤洋央紀○、本間朋晃

 スーパージュニア中の恒例、ヘビー級のタッグマッチ。
この日は棚橋さんと後藤さんのIWGP前哨戦。

公開練習で披露したという「裏昇天」を棚橋選手に!!
でも、物凄くサラッとだしたなぁ(汗)


■Aブロック公式戦
●金本浩二[4勝3敗=8点](12分6秒 エビ固め)デイビー・リチャーズ○[5勝2敗=10点]

 アメリカの爆弾小僧vs新日本の喧嘩屋。
一度火がついたら止められない危険な導火線がバチバチ。
序盤から派手に飛ばす。

デイビーがらしさを見せつつアニキを攻める場面が目立つ。
アンクルホールドでとらえられる場面もあったものの、デイビーは肉厚な上半身からで絞るシャープシューターはピンチの場面。
しかし、グラウンドアンクルでタップ寸前まで追い込まれピンチ。
ファルコンアロー、投げっぱなしタイガースープレックスを耐えたデイビー。
終盤は殴り合い、蹴り合いからの丸め込みあいを制したデイビーが勝利!!!

ゲスト解説の鈴木健.txtさんいわく、「金本の性格を上手く利用した勝利」と。
激しい攻防の中にも策士ぶり!!!

デイビーは準決勝進出まで大きな可能性!!
アニキは逆に危ないか・・!?

デイビーデイビー!!!


■Bブロック公式戦
●ザ・グレート・サスケ[5勝2敗=10点](11分46秒 高角度サンダーファイヤーパワーボム→エビ固め)飯伏幸太○[5勝2敗=10点]

 この日のメインは飯伏vsザ・グレート・サスケさん!
かつて、新日本で行われたサスケさんと獣神サンダー・ライガーさんのシングルの試合を見てプロレスラーへのスタートをきった飯伏くん。
入場時にはかつてサスケさんから貰ったサスケマスクをかぶって入場!!!
ゴング前には少し感極まっているような表情も・・・。
このシングルを心から待ち望んでいたんですね・・・。
それに応えるかのように、サスケさんもライガー戦の時のように忍者コスチューム。
ただ、このコスの真意は
「今日は飯伏くんが望むような戦いが体調的にできないから、せめてその当時の格好をすることで飯伏くんに敬意を表す」
ということだったそう by 鈴木健.txtさん

かつてスーサイドアタックで新日を盛り上げていたサスケさんと現在進行形で新日本ジュニアに新しい刺激を与えた飯伏くんが当たってる。
その期待に応えるファイトを見せてくれてる。
飯伏くんと同じで見てるコッチも嬉しくなっちゃいました。

最後は飯伏選手がサスケさんの代名詞の一つでもあるサンダーファイヤーパワーボムで3カウント!!

試合後のバックステージでも感極まっていた飯伏くん。
ここまで涙声で話すのを初めて見ました・・・。
本当に、よかったねぇ・・。

当事者ではなくても、飯伏くんが憧れていた時代を同じくファンとして見ていた私たちにも同じような感動を与えてくれる。
プロレスファンは長くやっていればいるほどいい。
そんな気持ちを再認識させてくれました。


■Aブロック公式戦
○プリンス・デヴィット[6勝1敗=12点](6分54秒 ブラディサンデー→片エビ固め)タイガーマスク●[4勝3敗=8点]
※デヴィットがAブロック勝ち抜け決定

 タイガー選手には負けられない一戦。
しかし、タイガーさんの世界をしっかり倍返しでの短期決戦に勝利したデヴィちゃんが一抜け!!
準決勝進出へ!!!
あとは1位か、2位かってところ。
最後までデヴィちゃんは1位にこだわるでしょう!!
おめ!!


■Bブロック公式戦
○田口隆祐[4勝3敗=8点](10分14秒 ミラノ作・どどんスズスロウン→エビ固め)KUSHIDA●[4勝3敗=8点]

 前半は好調だった田口さん。
しかし3戦を終えてからブレーキダウン。
「3敗がギリギリ」と言われる中ですでに3敗を喫している田口さん。
ここが踏ん張りどころとなってのこの日。
相手はここにきて勢いを増しているKUSHIDA選手。
波にのっているだけに怖い。

 序盤、若きKUSHIDA選手の動きをうけつつもある程度の受けたところで反撃を開始。
しかしKUSHIDA選手もちゃんと対応。カウンターのDDTは強烈・・!
ただ最後はやはり田口さん。
受けつつもココぞの必殺技へもっていく急加速にKUSHIDA選手も返すことができず。
最後は開幕から3カウント率100%のどどんスズスロウンで勝負あり!!

これで得点はKUSHIDA選手と五分に。
田口選手は首の皮一枚つながった・・・!


 残りは二戦。
明日で4強がきまります・・・!

Aブロックはプリンス・デビット選手が一抜け。
残り3名。
誰が勝ち残るんでしょうか・・・!

明日も二アライブでチェケラ!!


JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】祭典3日目! 嵐の中で輝いて 5・29後楽園ホール
 スーパージュニア3日目!!

今日もありがたいことにニアライブです!!
今日の実況はIGF中継でおなじみの山口さん。
そして解説にはおなじみ東スポの柴田さん。そして初日に続きミラノ先生!!

++++++++++++++++++++++

■Bブロック公式戦
●マスカラ・ドラダ[2敗=0点](9分45秒 ジャストフェースロック)TAKAみちのく○[2勝1敗=4点]

 TAKAさんは赤のコスチューム!!
最初は場外にでてドラダのペースをつくるまいとするも、少しでも近づいたところにドラダの鉄柱越えトペが!!
そこからドラダもペースを握る。

ミラノ先生「ドラダの射程距離は5メートル。TAKAさんはさっき9メートルとってましたけど、少しでも射程距離にはいればどこでも飛んでくる。初戦はその空中戦でライガーさんを倒した」

しかしさすがのTAKAみちのく。
サミングから状況を握る。珍しくカンパーナも披露。
弓矢固めなど、腰に照準。
プランチャはよけられるもリングに戻るとスーパーK。
しかしドラダも丸め込みを連発。一進一退。
しかし最後は攻防を制したTAKAさんがジャストフェースロックでタップアウトゲット!!!
勝ち点4!!

TAKAさんはバックステージでドラダのことを「アイツは宇宙人か!!」
なんだかんだいってもさすがの貫禄勝ち。
余裕から出た言葉ですかねw
かつて長州さんに自分が言われた言葉。


■Aブロック公式戦
○TJP[1勝2敗=2点](12分7秒 片エビ固め)邪道●[2敗=0点]

 なにかと隙があればミラノさんにちゃちゃをいれてた邪道さん(汗)
つばを吐きかけられたり、手をだされたり。
そんな状況にミラノ先生、おもわず「もう負けちゃえ!邪道!」とw
ちょっと可愛かったっすw
でも邪道さんのテクニックには素直に唸っていたミラノさん。
攻防の果てには邪道さんが半ケツ姿にw

ミラノさん「さすがAV男優。おしり出すことに慣れてますね。微動だにしない。前も脱がせろ!」

TJPファンに戻って解説してましたねw
期待に応え華麗な450スプラッシュで勝利!!
ミラノ先生は「カッコイーーー!」と大拍手w
ミラノ先生、退場する邪道さんへ「ざまーみろ」w

しかし、空気をGETしたのは邪道さんだったかなw バックステージでも
俺はケツ出す意思はねぇ。よく書いとけよ。その判断は、見てるお前らのハンケツに任せるよ。・・・ドッカンとくるとこだろ、そこ」
という邪道ジョークいただきましたw
あの状況をおいしいとおもってたんでしょ?ww


■Bブロック公式戦
○佐々木大輔[1勝2敗=2点](11分10秒 片エビ固め)外道●[2敗=0点]

 外道さんは師匠・ディック東郷さんが目標としていた選手。
師匠の師匠と闘う佐々木大輔選手。外道さんからみれば孫弟子ということになるのかな?

試合はさすがの外道ワールド。
場外でいたぶったり、サラッとコーナーマットを剥がしたりと攻め立てる。
佐々木選手もミラノ先生絶賛のトペなどで猛追。攻めどころに苦しみながらも状況をみていく。
最後はトップロープに宙吊りになった外道選手へのドロップキックからのウラカンラナ、そしてナウ・オア・ネバーにつないで3カウント!
逆転勝利!!!!!

底の深い外道ワールドから値千金の大勝利!
師匠の師匠越え!!


■Aブロック公式戦
●タイチ[3敗=0点](10分37秒 変形ジャックナイフ式エビ固め)金本浩二○[1勝2敗=2点]

 入場するやミラノ先生のコーラーを飲むタイチ(笑)
ツイートで「何かしてやる」という感じの事を呟いてましたが、ココでw

ミラノ先生「オレのコーラ飲むなよw愛の形って(苦笑)昔付き合ってましたからね」

!!!!(笑)

いつもどおりのノラリクラリワールドを展開するタイチ。

ミラノ先生「内心はビクビクしながらやってるでしょうね」

アニキはイライラ(苦笑)。
リングにタイチが戻ってくるや怒涛のラッシュ。
しかし、最後の一撃を決めさせないようにノラリクラリ。
ミラノ先生も「コイツ、上手いなぁ〜」と唸る。

そして、タイチくんがミラノさんを指さしてロープパラダイスロック!!!!!!!!
ミラノ先生、嬉しそうにブーイングww「一素人のモノマネですねw」

しかし直後、アニキの怒りが爆発。
タイチも顔面蹴りでお返し。
トラースキックからジャンピングパワーボムはカウント2。
ロングタイツを脱いで側頭部への蹴りから挑発、余裕を見せるも、これが仇となったか、直後にアニキのジャックナイフ式エビ固めで敗戦!!

 敗れはしたが、試合はタイチワールド!!!
ミラノさんとの繋がりを感じさせる部分もあって、凄く面白かった!!!!!!
タイチくん、本当に面白い存在になりましたね〜!

ミラノ先生「前半ではタイチの試合巧者ぶりが、変貌ぶりが一番印象に残ってる。ああいう試合をして、全敗でもいいんじゃないですか?チケット払ってでも見たい選手になりつつあるんじゃないですかね」

休憩時間での前半戦振り返りでミラノ先生、大絶賛。
ほんと、見たい選手になってきました。

タイチ「3敗でも大丈夫か?本当かよ?次の相手はデヴィットか…デヴィットか…四連敗だな」

オイッww

■タッグマッチ
○棚橋弘至、永田裕志(15分25秒 ハイフライフロー→片エビ固め)中西学●、後藤洋央紀

 来月の大阪で棚橋 vs 後藤のIWGP戦の前哨戦。
しかし主役はやすやすと譲らない。
元気な40代の二人の激突も大迫力・・・・!!!!
後藤選手のヘッドバット、中西さんのプランチャにミラノ先生も大興奮。
最後は棚橋さんが永田さんから受け取って中西さんから3カウント!
ご機嫌のエアギターも披露!!

 普通の興行ではメインでもおかしくないカード。
やっぱりヘビーは凄い!!
華麗なシリーズの中に大迫力で濃厚なスパイス!!!
迫力、止まらない攻防、面白かった!!


■Bブロック公式戦
○獣神サンダー・ライガー[1勝2敗=2点](10分45秒 空中胴締め落とし→エビ固め)KUSHIDA●[2勝1敗=4点]

 これまで佐々木、飯伏という他団体の二選手を破って好調な二連勝をあげているKUSHIDA。
今日は新日の最重鎮、ライガーさんと激突!!!
サスケ戦で靭帯を痛めたという右腕を中心に攻撃を加えていく。
リング中央でチキンウイングアームロックも。苦しい時間が続く。
しかし、ミッドナイトエクスプレスをかわしたライガーさん。
KUSHIDAが走りこんできたところを空中胴締め落としで勝利!!

ライガーさん、3敗はなんとかまぬがれた!!
しかし右腕のダメージはちょっと心配。

■Aブロック公式戦
○タイガーマスク[2勝=4点](9分56秒 羽根折り固め)デイビー・リチャーズ●[2勝1敗=4点]

 虎 vs 狼。
デイビーが先制攻撃に成功。
タイガーのトペも椅子を使って迎撃!!!
リングに戻れば足で腕をロックしつつのテキサスクローバー。力とテクニックの融合技も魅せる。
タイガーのツームストン。
一発目を変な形でくらってしまったことで、二発浴びることに。
そこからタイガーが流れをつかみ、TJPを撃破した変形羽折で勝利。

・・・らしい。
というのも、この試合中に暴風雨で我が家が停電。゚(゚´Д`゚)゚。
ずおおおお!!
次の試合の開始くらいに復旧となりました。


■Aブロック公式戦
○プリンス・デヴィット[2勝1敗=4点](8分9秒 体固め)フジタ“Jr”ハヤト●[2勝1敗=4点]

 序盤、デヴィットがコーナートップからの強烈なダイビングフットスタンプでハヤトを圧殺!!!!
しかもリングに戻るや背中にも!!
しかし、ハヤトがKIDで捉えると一気に応戦!!
フットスタンプでやられた腹部をおさえつつも反撃!!
開始5分の時点で物凄い消耗してました、両選手ともに・・!

そこからコーナー上でKID、そしてリングでPK!!!
しかしデヴィットのオーバーヘッドキックから再びダイビングフットスタンプ!!!
しかし、カウントは2!!

最後はブラディサンデーでカウント3!!!
試合時間8分、濃密な時間!!
会場中から起こるハヤトコール。
昨年もだったけど、ハヤトくんは試合後にコールをおこさせるね〜!
見てて気持いいっす。飯伏くんとはまた違った感じで応援したくる選手!


■Bブロック
○田口隆祐[3勝=6点](15分39秒 どどんスズスロウン右片エビ固め)ザ・グレート・サスケ●[2勝1敗=4点]

 この日のメインは東北対決!!
「勝ったらタグダンスを踊る」と事前会見で語っていたサスケさん。いざ、どうなる!?

ミラノ先生「サスケさんを控え室で見たときはまともに歩けていなかった。満身創痍。そんな中で闘うサスケさん。卍固めを見せたりと、普段とは違うサスケさんという印象ですね。」

レスラーはそんな状況でもリングに上がれば信じられない力をみせる。
サスケさんはそんな道を見せてきた方。
この日もただでは終わらない・・?

まずはグラウンドでお互いの様子をみる。
そしてサスケさんは今日もオーバーアクションのせいでラムジャム失敗(汗)

ミラノ「何をしでかすか分からない。お客さんに『あ〜ん!も〜!』とやきもき感を感じさせる選手ですよね」

その隙に田口選手が斬り込む。
コンディションの良さは今日も光ってましたね。
しかし、サスケさんもサスケスペシャルver10.2セグウェイ(ものまね禁止!!!!・・・・・でしたっけ?(汗) で喰らいつく。
が、エプロンへのセントーンは失敗!! 物凄い鈍い音が・・・・。

リングに戻ると田口選手がもちろん、追い込み。
ジャーマンからスクールボーイのように転がしてのドロップキックで追撃。うまい。

お客さんの椅子を使って何かをしようとおもったが、座っていたのが女の子なんで思いとどめて、リングしたから椅子を取り出すサスケさん。
椅子に田口選手を座らせて首を締めて、エプロンからのトペも壮絶に自爆(汗)今日は本当にやんちゃすぎませんかね?(汗)

しかしリングに戻るや、これまで勝負を制してきた卍固め!!
も、これを切り替えした田口選手が延髄からの前方へ落とすフェイスバスター!!
そこからどどんスズスロウンでカウント3!!!!

田口さん、本当に素晴らしいコンディションと試合運び。
こりゃ、今年いっちゃいそうですねー!!

しかしハイライトはここから?
サスケさんとタグダンス!!!!!
でも、サスケさん、それは『変なおじさん』のダンスだよwww
これは今年のスーパージュニアのハイライトにもなりそうな映像だなwwww
ミラノさんが大爆笑してましたwwwwww

ミラノ「針の穴ほどの隙もない田口選手。ぜひ優勝して賞金を。賞金の8割がどどんスズスロウンの使用料になりますから。」
こりゃ、田口さん、優勝しないと色々苦しむことになりそうですね(汗)

サスケ「こういう試合をなんというか知ってますか?完敗っていうんですよー!アイツの技は私の20年の歴史の中で二番目に痛い技だ。すごいよ! 田口くんよ!アポロ55はそのままでいいから、私と“みちのく33”を結成させよう!!」

なにそれww
すっげぇ見たいんですけど!!!!!

 3日目も熱く終了!!
SAMURAIのニアライブはひとまずここで一区切り。

くそー!!明日以降も気になる!!
見たい!!!


| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】祭典二日目!17年ぶりのシングル!超新星きらめく☆ 5・28ディファ
  二日目もSAMURAIでニアライブ!!

今日の実況はDDTなどの神実況でおなじみの村田晴郎さん、解説は柴田さん、そして選手ゲスト解説はIWGP王者の棚橋さん!!!
凄い豪華な3ショット!!


++++++++++++++++++++++
(新日本公式HP)

■Aブロック公式戦
●タイチ[2敗=0点](8分34秒 KID)フジタ“Jr”ハヤト○[2勝=4点]

 まずはノラリクラリとタイチワールドで。「世界一こざかしい男」。
血気盛んなハヤトの攻めのリズムにいかせない感じ。
かと思えば、急にリズムを早くしたり。
珍しくパワーボムも見せたり。
棚橋さんもこの流れを「読めないですね・・・」と。逸材を悩ませる。

ハヤト選手は金本戦で痛めた右足もダメージが大きく残っているのか、たまにおさえる場面も。

しかし、突如のKIDでタイチ、ギブアップ!!!
ハヤトくん、一瞬の隙で白星を手にした!!

ただ、試合はタイチワールド。
が、このリーグ戦は勝ってなんぼなので、ハヤト君のしてやったり!!


■Bブロック公式戦
○田口隆祐[2勝=4点](7分18秒 ミラノ作・どどんスズスロウン→片エビ固め)佐々木大輔●[2敗=0点]

 まずは佐々木選手が怒涛の丸め込みの連発!!
たまらず逃げた田口選手に矢のようなトペで追撃!さらにリングに戻った田口選手へさらに丸め込み!
短期決戦を狙うが、ダイブ攻撃を剣山で迎撃した田口選手が流れをなんとかストップ。
その後は田口選手も佐々木選手の攻撃を受けながらもしっかりと対応。
完勝といってもいいかも。

最後は初日にも出したミラノ作・どどんスズスロウン!!
コンディションも凄く良さそう!!!
順調に二勝目をゲット!!

田口選手、凄くいっちゃいそう!!


■Aブロック公式戦
○デイビー・リチャーズ[2勝=4点](13分1秒 シャープシューター)邪道●[1敗=0点]

 まずはロックアップからの力比べから。
肉体派の二選手だから背中の筋肉見てるだけでも素敵w
派手に飛び回ったりすることなく、グラウンドで主導権争い。
邪道選手からの首攻めにくるしみつつも、最後は首を抑えながらのシャープシューターで勝利。
2勝目デイビー!!

ちなみに棚橋さんは「自分以外だったらデイビー・リチャーズになりたい」だそうですw
筋肉ゴリゴリ!!!


■Bブロック公式戦
●外道[1敗=0点](10分1秒 ヘビーキラー)TAKAみちのく○[1勝1敗=2点]

 インサイドワークが巧みな二選手によるシングル、公式戦。
TAKA選手は「最悪の内容」と反省しきりだった初日でのリズムをここで取り戻したいところ。
しかし、そういう状況では非常にやり辛い選手という印象。

最後は外道クラッチ→ジャストフェイスロック→さらに丸め込みという切り返しあい!
そこをTAKAさんがキックアウトからのヘビーキラーで3カウント!!
怒涛の流れ!
全く飛ばない、ロープワークも抑えた濃い攻防でうならされましたね〜!!
敗れたものの、ちょっと嬉しそうな外道さんの表情が印象的でした。
TAKAさんも満足そうな表情でしたしね〜

棚橋さん「この攻防を見れたのはお得ですよ」


■6人タッグマッチ
○小島聡、真壁刀義、本間朋晃(12分28秒 ラリアット→体固め)飯塚高史、石井智宏●、矢野通

 ついに小島&真壁のコンビが!!!
RUSH!の後に真壁選手のテーマが連続でなるワクワク感よ・・!!

そして飯塚さん。
この日はSAMURAIでの中継のため、野上アナはいませんよw
村田さんが襲われなくてよかったw

いきなりコジマカベのダブルのタックルで先制。
しかし本間選手の捕まる展開にコジマホンはやきもき。
ようやく交代に成功した真壁選手があばれるも、飯塚さんのペディグリーで真壁さんの首がグサリ。
しかしそこは小島選手がフォロー。
「いっちゃうぞ!!!バカヤロー!!」も飛び出し、会場の空気も温める。
石井選手の雪崩式

真壁&本間のサンドイッチラリアットからのコジラリアット!!!!
好連携炸裂!!
さらに勝利後、小島選手が真壁選手を呼びこみ手を差し伸べると、がっつり握手!!

棚橋「真壁選手があそこで小島選手にゆずるというのはちょっと事件ですね」

改めて、コジマカベ、正式稼働!!

真壁「組んで新しい何かを生み出すのがスーパースターだろ」

真壁さんとコジ!!強力すぎる!!

そんな二人をみて棚橋さんの感想。

棚橋「ひとつ言えることは、僕は一人ぼっちだってことです・・・」
柴田さん「・・・みんながバックアップします!」

タナさんww
100年に一人の逸材の最大の敵は孤独か・・・!?w


■Aブロック公式戦
●金本浩二[2敗=2点](11分43秒 丸め込み)ケニー・オメガ○[2勝=4点]

 ケニーの跳躍攻撃 vs アニキの打撃。
金本さんはコブラツイストも出したりとなかなか珍しい。

波動拳が炸裂するもクロイツ・ラスは許さず。
しかしケニーも金本さんのムーンサルトを許さず。
直後に金本さんが丸め込んだと思いきや、さらに切り替えしたケニーが逆転勝ち!!!

金本選手は肩が浮いてたと主張するも、判定覆らず痛恨の敗北!!!
ケニーの逆転勝ち!!!

ケニー、好調だなぁ。


■Aブロック公式戦
○プリンス・デヴィット[1勝1敗=2点](8分51秒 ブラディサンデー→片エビ固め)TJP●[2敗=0点]

 TJPとデヴィット選手はロス道場で同期だったそう。
先程までの試合とまた変わって、とびわざも映える一戦。
TJP選手は多彩な引き出しを披露。
ただ、どれもフィニッシュホールドになりそうなだけにちょっと惜しい。

最後はデヴィット選手がブラッディサンデーで3カウント。
これで振り出しに戻った!ここから逆襲が始まる!?

棚橋「TJPにあと必要なのはエモーションです」


■Bブロック公式戦
○KUSHIDA(12分46秒 ミッドナイトエクスプレス→エビ固め)飯伏幸太●[2敗=0点]

 超新星 vs ゴールデンスター。
序盤は飯伏選手を研究してきたのか、KUSHIDAが飯伏を封じる。
飯伏選手はなんとしても欲しい1点への執着。

KUSHIDA選手のハンドスプリングオーバーヘッドキックなんて初めてみた(汗)
さらに棚橋さんの目の前でスリングブレイドも。
しかし、飯伏選手のカウンターのオーバーヘッドキックから一気にハイスピードのジャーマンスへ!!!
さらにスワンダイブ式三角飛びフランケンを狙った飯伏だったが、逆にKUSHIDAが飛び乗りフランケン!!
ここからジャーマン、シュミット式バックブリーカーからのミッドナイトエクスプレスでKUSIDAの勝利!!!!

値千金の一勝!!!!
KUSHIDAくん、やった!!気合を感じました!!
スリリングな見事な一戦でした!!

飯伏君、一勝が遠い・・!


■Bブロック公式戦
●獣神サンダー・ライガー[2敗=0点](17分35秒 卍固め)ザ・グレート・サスケ○[2勝=4点]

 なんと17年ぶりのシングル・・・!
私がプロレスを見始めた頃です・・・。
懐かしいなぁ・・・。ノスタルジック。

サスケさんはこの日はコスチュームがショートタイツではなく、以前のものに。
17年前を意識したとのこと。原点。
オーバーマスクも着用して登場!!

ライガーさんはこのサスケさんとの一騎打ちに際し、Sアリーナで「宇宙戦争をしよう!」とおっしゃっていましたが、さすがにそこまではいかず(汗)
真っ向勝負。
ライガー選手のねちっこい関節技に悲鳴をあげるサスケさん。
ロープに届きそうで届かない。返せそうで返せない。
「後もう少し」で緊張感いっぱい。

ラムジャムに向かう前のアピールがちょっと長かったせいで自爆になってしまってたのはご愛嬌w
そんな部分が今のサスケさん(汗)
その後にトペやエプロンで手痛い追い打ちをくらってましたなw
しかし無茶するのはサスケさんのフィールド。
鉄柱越えのプランチャでライガーさんをKO!!
これには棚橋さんも呆れるほどに「アメージングですね」

最後は初日に続き卍固めでサスケさん勝利!!!
「ネーバギーブアップ!!ネーバギーブアップ!!」

サスケさん、すげぇ!!!


 二日目は連勝する選手、連敗する選手で別れた形。
この日はTAKA vs 外道、飯伏 vs KUSHIDAと、陸&空両方の闘いが楽しめた大会だったと思います!
休むまもなく、また本日第三戦開催!!
さぁ、誰が飛び出る?飛び出す?
SAMURAIでも引き続きニアライブ!!
寝不足必至、たまんねー(笑)

明日も、そして最終戦までプロレスを、ジュニアを楽しみましょう!!

ネーバギーブアップ!!


JUGEMテーマ:プロレス

| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】開幕!スーパーJr!色々大熱狂!LIMIT OVER!?
 さぁ、始まりましたよ、スーパージュニア!!!

SAMURAIでニアライブ見ました!

初日から驚きの連続!!

++++++++++++++++++++++
(新日本プロレス公式HP)

■Bブロック公式戦
○KUSHIDA[1勝=2点](6分53秒 ミッドナイトエクスプレス→片エビ固め)佐々木大輔●[1敗=0点]

 今年のお祭りはこの二人からスタート。
キャリアでは佐々木選手が先輩!
KUSHIDA選手のテーマ曲はSMASH時代に比べてかなりロックな感じなのね。
序盤は佐々木選手がリード。

■Aブロック公式戦
●タイチ[1敗=0点](8分59秒 クロイツ・ラス)ケニー・オメガ[1勝=2点]

 タイチくんは「世界一こずるい男」と紹介されたようで、ケニーのトペをセコンドできていた中澤マイケルに被弾させるなど、なかなかの試合運びを披露ww

この日のSAMURAIの解説にはミラノコレクションA.T.さんが担当されていましたが、かつてのパートナー、タイチくんを久々に見て、 

「タイチのコスが黒くなっているのを見て言葉を失ったんですけど、各所で覚醒したというのを聞いてて。控え室で『覚醒したの?』と聞いたけど、『こんなもんじゃねえよ』と言われました。」

「タイチは前髪で表情を隠してるけど隙間から相手を見てる。やる気無さそうに見えてしたたかなんですよね」

というような言葉が。
なんだかんだで楽しみにしているようw

最後はタイチ選手のロングタイツを使ったテクニカルな攻防もありなかなかの好勝負!

ミラノ先生「前はタイチは勝てないんじゃないかという空気も出してたけど、今は全然違いますね。(敗れたけど)いい試合だぁ〜。タイチのコスを剥ぐ、剥がせた?アクションも精神的に揺さぶられますからね。非常に凝縮されたなかに個性が絡み合った」

と大絶賛!
試合後、ケニーのアイス(氷嚢)波動拳がタイチに炸裂!!!w
この大舞台で新技をあみ出したか・・・!!ww


ケニーはアメリカでライガーさんを破りJAPWライトヘビー級王者に。
この大舞台でも結果をのこしてくれるかな?


■Bブロック公式戦
●獣神サンダー・ライガー[1敗=0点](3分18秒 リングアウト)マスカラ・ドラダ○[1勝=2点]

 序盤からドラダの大空中戦炸裂!!ミラノ先生も思わず素のリアクションしちゃう!
ビバメヒコ!!

なんと、試合はライガーさんのリングアウト負け!!
ドラダ選手が場外へのトペの連弾でダメージを重ねたドラダの戦略勝ち・・!?

ミラノさん「(トペ、空中技も)相手にダメージは確実にある。それをアピールできたいい試合だったと思います」 

ただの華やかさを演出する動きじゃないんだよ、ってことね。
忘れがちで当たり前の事実を再認識。


■Aブロック公式戦
●TJP[1敗=0点](8分6秒 羽根折り固め)タイガーマスク○[1勝=2点]

 TJPは元・ピノイ・ボーイ。
TNAではピューマという名前でもやっていましたね。久々の新日参戦。
ミラノ先生も思い出話をしょしょに。

「TJPはピューマという名前でTNAにいた。チームジャパンとして一緒にモーターシティマシンガンズと戦ったりした。疑問だったのは何故僕がチーム・イタリアじゃなかったのか、ということ」

そしてこんな毒も?w

ミラノ「タイガー選手は潰すときには潰す選手。僕の大嫌いな選手ですね(笑)」

なんかチクッと刺してきたような気がするのは気のせい?w

柴田さん「個人的ななにかがある?」
ミラノ「穴がないんですw僕が本当に嫌いみたいじゃないですか!w」

試合よりも解説の方に注目しちゃったw

最後は流れの中で逃げられない羽根折り固めでタイガー選手の勝利。


■6人タッグマッチ
天山広吉、永田裕志、○井上亘(スピアー・オブ・ジャスティス)田中将斗、内藤哲也●、高橋祐次郎

 スーパージュニアの中で唯一のヘビー級のカード。
ここで重厚感プラス。
天山さん→赤、井上さん→赤、永田さん→青。 田中さん→黒、裕二郎くん→黒、内藤くん→赤。 両チームともに注目する選手の色が違うw

試合中、なんだかNO LIMITのあいだでシリアスな空気。
田中将斗選手もなにやら・・・

と思っていたら、なんと裕二郎が内藤へ攻撃・・!
所々で妨害行為を・・・!!

試合後に裕二郎が内藤へ東京ピンプス・・・

裕二郎「内藤ちゃん、お前もういらないんだよ。NO LIMITはもう終わりだ!!」

NO LIMIT、完全に分裂・・・!!!!!!
前シリーズでも高橋選手とのズレがみられていましたが、この試合で決定的に・・!!
そして、田中将斗選手&邪道&外道のコンプリートプレイヤーズ復活!!!
裕二郎選手もその一団に加わるよう・・・。

内藤哲也、どうするの・・・!?


■Aブロック公式戦
●金本浩二[1敗=0点](10分18秒 KID→レフェリーストップ)フジタ“Jr”ハヤト○[1勝=2点]

 後半戦はバチバチ対決!!
かつて顔を合わせた時も好勝負でしたね。再びこのスーパージュニアで!!

アニキの入場を強襲してスタート!いきなり火花散る闘い!!
44歳のアニキも大人気なく戦闘モードで応える!
こういう姿大好き!!

序盤からハヤトの強烈無比な蹴りの応酬が凄い!!
それを真っ向からくらっていくアニキ!
鉄拳での殴り合いも見せて、まるで親子喧嘩のようにも?

アンクルとKIDの仕掛け合い。
最後はKIDでハヤトが金本さんをしめおとした!!
ハヤト選手自身もビックリの大勝利!!!

年齢差20歳の意地の張り合いがここまで眩いとは・・。
見てても気持よすぎます!!

この日のベストバウト!


■Bブロック公式戦
○ザ・グレート・サスケ[1勝=2点](9分57秒 卍固め)TAKAみちのく●[1敗=0点]

 みちのくプロレスを築いた二人が大舞台で再会!!
ミラノさんもこのマッチアップに感動。

ミラノ「みちのくプロレスのテーマを聞いて涙でそうになりました。かつて事務所に行ったら二人(サスケ&TAKA)がいたんです。仕事忘れそうですね。(東北に)届いて欲しいですね」

序盤から雪崩式のスープレックスもくりだすなど、サスケさんもハードに攻める。
エプロンからのスーサイド技も飛び出すさすがの勢い。
TAKAさんもそうそう流れは作らせず、流れを自分に。
しかしTAKAさん得意のフィールドもサスケさんが上手くのっかっていた印象。

最後はサスケさんがまさかの卍固めで勝利!!

ミラノ「卍固めは繋ぎ技みたいな印象がありますけど、フィニッシュにもなるんだよというプロレス界の警笛(?)のような勝ち方でしたね」

ちなみに、サスケさんが勝利後に流れた「ネーバギブアーップ♪ネーバギーブアップ♪」という曲は、「キボウノチカラ~Tomorrow~」という名前だそうで、6月22日アマゾンなどでも発売だそうですw


■Bブロック公式戦
○田口隆祐[1勝=2点](13分21秒 ミラノ作・どどんスズスロウン→エビ固め)飯伏幸太●[1敗=0点]

 序盤は田口選手がリードするが、飯伏選手のハイフライな攻撃がペースを完全に持って行かせない。
奇想天外な攻撃からの流れの逆転はミラノさんも警戒点として指摘。
しかし田口選手も軽い身のこなしで切り替えしたりとファンキーウエポンぶりを披露。
いい噛み合いしてた印象。

田口選手がファイヤーバードスプラッシュをかわすと、強烈に前へ落とす投げから一気に勝負へ。
リング上の詰将棋。
最後はどどん・・・かと思いきや、一人バージョンのブラックホールバケーション!?なんという閃き!!

ミラノ「ちっくしょ〜(笑) あれは僕がアポロ55とやるときに使ってたどどんスズスロウンという技。見事に自分のものにしていましたね」

なるほど!!!!!
ちくしょう〜と悔しがるミラノさんにも萌えw

田口「ミラノコレクションが残してた遺産かな。オレは忘れてなかったから。あれを譲り受けるときは今かな、と。」

ミラノさんの目の前で!ミラノさんもなんだか嬉しそうに「ちくしょ〜」と言ってらしたからOKかなw
公式のフィニッシュ名にもちゃんと「ミラノ作」と。
田口さん、大好きだ!!!w


■Aブロック公式戦
●プリンス・デヴィット[1敗=0点](13分18秒 パワーボム→エビ固め)デイビー・リチャーズ○[1勝=2点]

 今大会の私的注目選手デイビー!!
いきなり開幕戦でやってくれました!!!
気安くボディタッチしたらすぐさま殴られそうな雰囲気なデイビー!デイビー!!
「じゃんけんはグーしかださないぜ!」みたいな感じのするデイビー!デイビー!!
この試合でも滲み出る凶暴性そのままに現IWGP Jr王者に襲いかかってましたね〜。
コーナーに登って吠える姿はまるで狼。
かっけぇ・・・・。

雪崩式のブレーンバスターも、そのまま離さずロコモーション式でさらにスープレックス!
そこから切り替えしあいを制してのパワーボムで3カウント!!
王者撃破!!

いやぁ〜、狂犬ぶりが半端なかったすね〜。



 開幕戦から非常にテンポもよく内容も盛り上がりましたね〜。
これですよ。スーパージュニアはこの勢いですよ!!

ミラノ「僕はタイチのあのスタイルが気になっているので、あれでどこまで覚醒できるのか。そしてライガーさんはあのままで終わってほしくない。ライガーさんはやっぱすげぇなっていうのも見せてほしいですね」

ミラノ先生の視点での解説も楽しみの一つに。
そんなミラノ先生、締めの挨拶の後に「いや〜、レベル高いな」とポツリ。

その通り!!! こりゃ明日以降も寝不足上等!!見続けるぞー!!
会場の皆さんの熱をSAMURAI視聴の皆さんでバトンタッチ!!
明日以降もしっかり見てたのしみます!!!


JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】さぁ、ジュニアの季節ですね!
  さぁさぁ!始まりますぞ! ジュニアの季節が!!!!!

いよいよ明日からですね!!!!!!!!!!!!

前日となる今日は6選手参加の記者会見があったようですね。
みんなスーツ姿がカッコイイんだ、これが!

サスケさんがさすがのコメント力だww

++++++++++++++++++++++
(新日本公式HP)

【Aブロック】
プリンス・デヴィット(昨年覇者)
金本浩二
タイガーマスク
タイチ
邪道
デイビー・リチャーズ
フジタ“Jr”ハヤト
ケニー・オメガ
TJP

【Bブロック】
獣神サンダー・ライガー
田口隆祐
外道
KUSHIDA
ザ・グレート・サスケ
TAKAみちのく
飯伏幸太(昨年準優勝)
佐々木大輔
マスカラ・ドラダ

++++++++++++++++++++++

 史上最大の参加メンバー数で行われる今年のジュニアの祭典。

我らがプロレスファンの強い味方、おなじみスカパーのSAMURAI TVではなんとなんと、全9大会中、都内の大会である6大会を即日放送!!!

しかも、最終戦は 生 放 送 !!!!!

==================
23時〜(ニアライブ):26日(開幕戦)、28日、29日、6月7日、6月8日
18:30〜(生放送):6月10日
====================

SAMURAIで生放送なんていつ以来でしょう???
記憶にないくらいにプレミアムな待遇!!!


 さてさて、皆様、どういった予想をされているでしょうか?
華のある選手ばかり。
あわせて皆さんの応援する選手がいれば、もちろんその選手に「優勝してくれー!」という願いもあったりしますよね。
個人的にはデイビー・リチャーズ選手にはいいところまでいってほしいなぁと思っていたりしますがw

今年も注目の飯伏選手は3度目の正直で優勝なるか。
昨年の決勝での無念も力にかえてくるでしょう。
おなじく、DDTからは出場決定トーナメントを勝ち上がってきた佐々木大輔選手もこの大チャンスに賭ける気持ちも相当でしょう。
そして今回、最後に発表されたサスケさん!
スーパージュニア初参戦というのは意外でビックリしましたが、今年はサスケさんが参加される意義があると思います。
まぁ会見の発言はいつもどおりな感じですが(笑)
そこも素敵なところw

何かそういう選手を一人でも作ってみると、全体を通して見つめているのとはまた違った楽しさがあるのですよ。
ということで、ワタクシはデイビー、飯伏君、サスケさん、佐々木選手、そしてここ最近素晴らしい活躍をされているタイチ選手あたりを中心に楽しんでいきたいと思いますよ!!
(多すぎ?w)

さぁさぁ、全国のジュニアファンのみなさん、会場に足を運ばれるみなさまも、SAMURAIで楽しまれるみなさまも、残念ながら文字情報でしか追えない方も、誰もが楽しめるシリーズになると思います!
選手に負けないよう、こちらも躍動感いっぱいに楽しみましょう!!

SKY HIGH!!!! FLY HIGH!!!



田口選手、こうなりゃ、勝って週プロさんの取材受けましょうぜ!!w

JUGEMテーマ:プロレス
| からし | 新日本 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】そして神の領域へ。仙台決戦0220!
 新日本のビッグマッチ!!
2011年のPPV第二弾は仙台!!


 大会直前に衝撃的なニュースが。
出場予定だったNOSAWA論外選手が逮捕
================
(日刊スポーツ.com)

 野沢容疑者は酒を飲んで1人でホテルに帰るためタクシーに乗ったが、運転手がなかなか目的地にたどり着けなかったことに腹を立て、運転手が車を降りて110番しようとしたすきに自分で運転した
================
・・・・・・アホですぜ・・・・ほんと・・・・。
酒に飲まれてやっちゃってどうするんですか・・・。
まさに試合当日の午後にリリースされた情報。
当然欠場。カードに穴をあけることに・・・。
新日本のスタッフさんのご苦労、お察しします・・・。

しかし、先に書かせていただきます。
この日の新日本プロレスさんは最高のプロレスを見せてくださいました!!!
大きな迷惑、苦労を乗り越え、新日本さんは見せて下さいました!


 そんな波乱で始まった仙台大会。
試合前にもうひとつ、気になるリリースが。
===============
(新日本公式HP)

 2月20日(日)『The New Beginning』仙台大会の大会開始前に、菊池毅(元ノア・現フリー)選手が姿を現し、会場ロビーで、新日本プロレスの菅林社長に『BEST OF THE  SUPER Jr』出場を“陳情”した。
================
仙台在住の菊地さん。
新日本がやってきたこの日に自ら売り込み。そしてNEVER参戦をつかみとった。
フリーとなり、生き残り、「プロレス」という恋人のような存在を振り向かせるために多くのファンの注目を集めている菊地さん。
このキャリア、年齢でのこのアグレッシブさは学ぶところが多いです。
素直に応援したい。頑張ってください!

では、本戦スタート!!

++++++++++++++++++++++
▼2・20 仙台サンプラザホール『The New Beginning』
続きを読む >>
| からし | 新日本 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【新日本】後楽園ホールがアレナ・メヒコに 1・22後楽園ホール

 ビバ、メヒコー!!!
新日本とCMLLのコラボレーション!!
貴重な機会、ひゃっほー!!

 メヒコからルチャがそのままやってきた感じ。
試合開始の合図はゴングではなく笛のようなもの。
アナウンスは当然CMLLのイヴァンさんのスペイン語。
後楽園の雰囲気が変わりますねー。

SAMURAIニアライブの解説は今では東洋医学の名医であるミラノコレクションA.T.さん!!!
ミラノ解説も非常に面白かったです!!
++++++++++++++++++++++
▼1・22 後楽園ホール『NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011』
(新日本HP)

続きを読む >>
| からし | 新日本 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |