無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
【ハッスル】新政党候補・RIKI氏の所信表明演説です
 LOVE LOVE LOVEマシ〜ン♪ (wow wow wow wow)
 
++++++++++++++++
■長州、高山がRIKI軍団に正式加入! 10.10両国参戦=ハッスル
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20090924-00000040-spnavi-fight.html

長州力
「RIKIさんとはちょっとした縁あって一緒にアレしたんだけど、俺から言わせてもらうと、ハッスルであろうとあくまで長州力としてリングに上がる以上、長州力のスタイルを貫くだけですよ。それだけは変わらない」

高山善廣
「リーゼント? ダンス? で次はハッスルを完全支配? RIKIさんも面白いこと考えるよね。でもさ、素朴な疑問なんだけど、高田総統もRIKIさんが倒しちゃったって聞いたけど、ハッスルってまだあるの? 俺たちと闘えるだけの面子は揃うの?
 なんか居酒屋の店長が名乗りをあげているようだけど、奴とはハッスルのリングでも一回やってるし、いまさらやっても面白くないでしょ。奴は違う道を歩んだほうがいい。
 いずれにしろ、誰が出てこようとぬるいことはしない。俺がハッスルの残り火をすべて踏み潰して消しちゃうから」

■キングRIKI完全支配へ、グレート・ムタに宣戦布告!=ハッスル
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20090925-00000014-spnavi-fight.html

RIKI「今までのハッスルは、ハッスル軍と高田総統により小ざかしい権力闘争。ワタクシ、正直うんざりしておりました。ハッスルには元気が足りない! そう、思うわけです。そこでここに、ハッスルの政権交代を宣言します。私の掲げるマニフェストはただ一つ。圧倒的なまでの強さ。」
マグナムTOKYO「5vs5の対抗戦、どうせあの変な飛び道具で終わらせるんだろ?」
RIKI「紅のバックファイヤーを恐れてるんですね。あの技は高田総統を倒すために出したまでのもの。残りカスのアンタらは私の生身の肉体だけで十分でしょう」
マグナム「カスと言われて黙っていられないな。その勝負、正式に受けてやるよ。坂田さんもアンタには相等頭にきてるらしい。明日の後楽園でハッスル最高のメンバーをそろえるから」

RIKI「5年半に渡って君臨し続けた高田総統を倒しましたが、それではまだ完全にハッスルを征服したことにはなりません。ハッスルにはアナザーワールド……魔界とやらがあると聞きます。その魔界に君臨しているあの男、グレート・ムタ! どうぞ出てきてください! 私がお相手さし上げます。怖くて出て来れない、というのなら仕方ありませんが」

(スポナビ)

++++++++++++++++

 これでジ・ハードでの5vs5の対抗戦。RIKI軍のメンバーは長州さん、高山さん、そしてキングRIKI自身も上がるという事でいいんですかね。
高山さん、長州さんはまさかリーゼントで出場!?
確実にそのビジュアルだけで大きな話題になりますねw

高田総統とは違い、、おもいっきり“武道派”という感じが。
かおるちゃん最強伝説(違うかw)。
高田総統が5年半かけてやってきたことを、10・10ハッスル・ジハードでやってのける、と。
更には、魔界までおさえてみせると。
うぅん。さすがVシネの帝王と血を分けてる人。デカイ。
魔界かぁ…。
となると、覚醒したボノくんの匂いも…。
あと、魔界マシーンとか一杯出てきたりしてw

明日の後楽園で更に詳しい動きがありそう。
注目しようっと。 


 Sアリーナで会見の映像を見ましたけど、あの独特の口調ってのは凄い脳内に残ってしかたがないw
モノマネしやすそうな感じがw
年末年始のマニアック宴会芸の候補にいかがかな(笑)

 人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【ハッスル】ハッスル軍の新風多数デビュー。そして、坂田さんが面白いw
「俺こそハッスルだよ! 逃げてたまるか!!」
坂田、“打倒・キングRIKI”をいの一番に表明!!

http://www.hustlehustle.com/free/news/?id=1252481762

9月9日(水)、都内・ハッスル道場にて記者会見が行なわれ、9・26『ハッスル・ツアー2009〜9.26 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)の対戦カード第1弾が発表された。

▼9・26『ハッスル・ツアー2009〜9.26 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)決定対戦カード

マグナムTOKYO&坂田亘&TAJIRI
vs
天龍源一郎&川田利明&安生洋二

RG
vs
菊地毅(プロレスリング・ノア)

(ハッスル公式HP)

-----------------------

 先日のキングRIKIの動きに続いて、今日はハッスル軍サイドのリリース。
モンスター軍も無くなり、川田さんからも“モンスターK”の冠が無くなり、アンジョー司令長官も安生洋二としてハッスルにカムバック。
川田さんと天龍さんのタッグというのはハッスルでも本当にひさしぶり。
そして安生さんはもっともっと久しぶり、ってかそれを通り越して新鮮w

そしてそして、毎回レジェンドだったり大物レスラーとシングルという、普通に屈強なプロレスラーの皆様からしても羨ましい限りの状況を生き伸び続けてるRGは、NOAHの菊地さんと。
NOAHから“素顔で”参戦されるのは菊地さんが初めて、と。
確かに。
気分的にはRGさんの方がゼロ戦でしょうか(゚ー゚;A
菊地さんは今頃は志賀のアニキから色々情報を集めてるのかな?

菊地さん「どういう感じの奴なの?」
アニキ「(キッパリ)分かりません。」

こんな感じ?

そしてそして、この会見中にキングRIKIに対して怒りをぶちまけてきたのが坂田亘選手。
ハッスルのHPにUPされている画像を拝見すると、その風貌は・・・

長州さんか(笑)

坂田「RIKI軍団だかなんだか知らねえけどな、誰もやらねえんだったら俺がやるぞ、コラ!ひとりでも俺はやるぞ、オラ!ひさびさに言ったるわ!俺こそハッスルだよ!」

一人コラコラ問答か(笑)

▼橋本真也さんと長州さんのコラコラ問答



 そしてそして。
続いてハッスル・ジハードでデビューするハッスル軍の新戦力をお披露目。
全選手が全て新人選手ということで、実にフレッシュな顔立ちの皆さん。

++++++++++++++
【2009年度ハッスル新入団選手プロフィール】

上田健人(ウエダ ケント):静岡県出身、19歳、178cm/83kg、柔道2段

笹本吉之(ササモト ヨシユキ):愛知県出身、24歳 169cm/63kg、レスリング

児玉裕輔(コダマ ユウスケ):岡山県出身、22歳、168cm/71kg、剣道3段

佐々木由大(ササキ ユキヒロ):埼玉県出身、22歳、179cm/72kg、野球/陸上

マッスル坂井(マッスル サカイ):新潟県出身、31歳、184cm/115kg、剣道3段


+++++++++++++++

ふむふも。

上田さんに、なぜかマスク姿の笹本さん、児玉さんに、佐々木さん。
最後にマッスル坂井さん、と。


・・・・・・・・



・・・・・


マッスル坂井っ!?Σ( ̄□ ̄;;)


何ぃぃぃぃ!?


坂井「マッスル坂井、31歳。両国デビューを目指して、日本を元気にしていきたいと思います!
 ハッスルの山口代表とお会いする機会がありまして、山口代表から『なんで野心を隠すんだ?』と言われ、自分がプレイヤーとして100パーセントの力を発揮できる環境がハッスルさんのリングにはあったので。
10月に両国大会を控えてますけど、また団体一丸となって取り組めることをうれしく思います。」


この前、御宅の団体が両国進出してたじゃん!!
しっかり裏方として見事なVTRや演出やってたじゃん!
やっぱリングに上がりたかったんかいっw

DDTとの関係については

「DDTは両国が終わりましたんで、9月からこちらの方でお世話になってます。自分はDDTテックというDDTの映像制作部門をやらせていただいておりまして、選手としてはDDTさんと契約してないんで。これからはきちんとプロレスラーとしてトップを目指していきたい。」

と、一丁前に囲み取材。
一応、新人なのに(笑)
それに対し、坂田選手からお怒りの声を浴び、控室の中でも坂井さんの「すみませんでした!!」の声と共に怒号が響き渡ったとか(゚ー゚;A

これって、かつて坂田さんが前田さんから受けてたある場面に似てますねwww
坂田さんの決死の自虐ネタかwww


 でも、坂井さんって、DDTで“練習生”坂井良宏として正式デビューを目指してましたが、2002年から2004年までず〜っと“練習生”がとれないまま200試合以上もやってた前歴があるんですよね(゚ー゚;
…さすがに、今回はそんなことは無いよねw

演出面も色々と独自のものを構築しているハッスル。
こうして加入する事が、ご自身の演出力をUPさせるいい機会ともとれますね。
どれだけの期間“ハッスラー”としてに参加されるのかは分かりませんが、その点でも勝手に期待しちゃいますね。


++++++++++++++++++++++++
■目指せ両国デビュー! ハッスル新入団選手発表!!
なんと“模倣の天才”マッスル坂井がハッスル電撃入団!!

http://www.hustlehustle.com/free/news/?id=1252481835(ハッスル公式HP)


+++++++++++++++++++++++

 人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ハッスル】ジ・ハードまであと一カ月
■キングRIKIが軍団結成、ハッスル軍と全面対抗戦=10.10ハッスル・ジハード
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20090908-00000014-spnavi-fight.html

 RIKIは8日、東京・新宿FACEで「リーゼン党」結成の発足会見を行い、リーゼント頭の党員を従えて壇上から所信表明。「日本を元気に!」というマニフェストの元、10月7日発売のアルバム「全国制覇」に収録されているモーニング娘。の「L0VEマシーン」のカバー曲「LOVEマシーン〜RIKIバージョン〜」を熱唱し、応援に駆けつけた民主党の鳩山由紀夫代表……のそっくりさん芸人、鳩山来留夫と共にガッチリと握手をかわした。

 7.26「ハッスル・エイド2009」(両国国技館)では“ハッスルの偉大なる支配者”高田総統を「紅のバックファイヤー」で消し去ってみせたキングRIKIだが、次なるビッグマッチである「ハッスル・ジハード」でもさらなるサプライズを予告。なんと、「私を含めて5人でリーゼン党として乗り込む」と、ハッスルとの全面戦争をブチ上げた。
4人の候補者については「名前は今は言えないけど、すごい人物」と大物レスラーの投入を匂わせており、一気にハッスルの残党狩りに乗り出す覚悟だ。

(スポナビ)

---------------------

 久々にRIKIさんがスポーツ欄に。
高田総統を豪快なポーズと共に葬り去ったRIKIさん。相変わらず濃い人だ(゚ー゚;A

気になるのはこの一文。


+++++++++++++++

公開された「LOVEマシーン〜RIKIバージョン〜」のPVには、長州力、高山善廣がリーゼント姿で“参戦”
同曲が「ハッスル テーマソング」に決定したことからも、両者がリーゼン党の一員として両国のリングに上がる可能性は濃厚だ。


+++++++++++++++


 長州さんがリーゼントΣ( ̄□ ̄;;)

高山さんもか(笑)

ちょっと見たいwwww

高山さんと言えば、かつてちらっとソックリさんがバルコニーに姿を現した事がありますが、とあるアクシデントにより以後姿を見せず。
御本人はたしか鈴木みのるさんがハッスルに殴りこんだ時(2007年)に一緒に参戦されてましたね。

長州さんもかなり昔に上がっていた事もありました。


でも・・・・


本当に?


 人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ハッスル外伝】KING OF HIP 30th ANIVERSARY 8・27 越中詩郎30周年記念興行
■8・27 後楽園ホール『越中詩郎デビュー30周年記念 ハッスル外伝“やってやるって!!”』

http://www.hustlehustle.com/free/fightcard/?id=1234939340
(ハッスル公式HP)


 昨日、SAMURAIにて生放送されていました。
録画して視聴。
これがとても面白い興行で。
越中さんならではの懐かしくて涙が出そうな場面もあり、
現在進行形の愉快な越中さんもあり、最後にはしっかりとしたプロレスがあり。
最初から最後まで“越中流”のバラエティにとんだ内容で満足な約150分でした。


■越中さん、自身の30周年記念興行ということでケツ親父コーナーを絶対にやらないと駄々をこねる。

 も、結局、やらされる(笑)
「プリンあげるから」といわれて、「いらない!」というも、「一個だけちょうだい」と可愛く要求。
しかし、頑なに拒否。
そこにスタッフから「若い女性が楽しみにしてた」と聞くと、態度一転(笑)
凄いやる気にwww

▼今日の質問『意気込みをどうぞ』
「これしかないだろ! やってやるってぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

なんだかんだで、やっぱ元気です。


■第1やってやるって!
KG、○ハッスル仮面イエロー
(9分25秒 ボディープレス→体固め)
大原はじめ、ザ・℃●


 現在20歳の、越中選手の一番弟子。
カラテ・ガールからケツ・ガールとして、越中さんとリング上で吠えに吠えてる20歳の女の子。
ちょっとだけ髪、切ってた?

そして対戦相手には、現在ライバル関係を築いている大原選手が。
大原選手は先日メキシコで行われたウルティモドラゴン選手によるビッグマッチ『ドラゴマニア』で、ウルティモドラゴンさんとのマスカラ・コントラ・カベジェラで敗れたため、坊主頭に。
抗争開始時に比べたらかなりハードな当たりをしてた。
声援も五分。

イエローは超久しぶりの登場とはいえ、℃に負けないくらいに大人気。
愛すべき、プニプニのお腹が素敵w


■第2やってやるって!
○坂田亘、小路晃
(11分14秒 スーパーキック2009)
大森隆男、安生洋二●


 懐かしのWJから越中さんもメンバーだった大森&安生のユニット『レイバーユニオン』(労働組合のまんま英訳)が登場。
相手は現在ハッスルでそんな立場の坂田&小路組。

別人であるという事ですが、安生さん自体がプロレスをしてる姿を見るっていつ以来何だろう?
そんな安生さんの"死んだふり戦法”は最近のマット界の流れの中でかなり新鮮だった。

試合後には坂田&小路が大森さんのハッスル継続参戦を熱望。


■第3やってやるって!
○平成維震軍選抜選手・X=後藤達俊(3分52秒 ラリアット→踏みつけ式片エビ固め)RG●


 最初に青柳館長が登場。
リングインした後、続いてテーマ曲が鳴り響き、後藤達俊選手が登場。
さらにテーマ曲が鳴って小林邦明さんも出てきて、更に更に木村健悟さんまで(笑)
リング上に4人が並び立っただけで物凄い風景ww

学プロ時代、得意技が稲妻レッグラリアートだったというRGさん。
ご本人を目の前に、一体どんな心境だったんでしょうね〜(;´▽`A

しかし、さすがに4vs1というわけではなく、綱引きで後藤さんに決定。
選ばれた瞬間、後藤さんが笑ってたのが印象的w
想像通り、まったく相手にならずw
この歳になられても、やっぱり怖いものは怖い(汗)
場外に出れば他のレジェンド達からボッコボコw
懐かしき“太鼓の乱れうち”も炸裂。
最近、めっきり見ないですよね〜。

意地で拝み渡りを1周回ったのはいいものの、その後、呆気なくKO。
バックドロップ出すまでもなしw


ハッスルでは珍しい、バックステージインタビューも公開。

▼インタビュー
後藤「前にハッスルに上がった時もRGとやったんだよね。RG以外とやりたいよ(笑)。でもRG頑張ってますよ。木村さんが生きててよかったw」
木村「生きててよかったよ。久しぶりにみんなと道着着て会って、良いものですよね。またやりたいです」
小林「同窓会みたいで懐かしい」
青柳「歳をとりましたけど、この大変なプロレス界の中で平成維新軍はいけるんじゃないかなってw」

▼RGについて
小林「初めてなんで分かんない。まぁ誰が相手でも全力で」
木村「TVでしか見たことなかったけど、やっぱど素人だね。ちゃんとした人を当てろって感じだね」

▼越中さんにエールを
小林「やってやるって!!」
木村「そろそろ辞めた方がいんじゃないかね(笑)」
後藤「僕もまだまだ頑張ります。木村さんは死んでるかもしれないけど(笑)」



RG「凄かったです。かっこよかったです。4人を見て一ファンに戻ってしまって。笑顔になってると思います。
アッサリ終わってしまって、バックドロップ!というファンの声も聞いたんですが、僕ではそこまでは無理です。ラリアットもシャレにならない破壊力で。俺なんかに思いっきりやってくれてありがとうって感じです。
そろそろしゃべくりだけで笑いがとれる芸人になりたいと思います」


最後に「では、喋くりだけで笑いをどうぞ」と振られるも、結果はやっぱり散々にwww


■クォンタム・ジャンプ・ジャパン代表・酒井正和新社長 挨拶

なにか発表するのかと思ったら、前の社長にたいして軽く毒を吐いて普通に終わった。
緊張してたのか、だいぶ噛んでたσ(^_^;)

でも、これで『新ハッスル』が正式始動の狼煙が上がった訳ですね。
前社長さん、および体制への批判を込めた事で、これも新たな展開にもってくのかな?
ジ・ハード以降のハッスルがこれまで同様の流れなら、それもありえるかもしれませんが、どんな“ハッスル”になるのかは今のところ全然分かりませんから、ちょっち簡単予想が立てられない


■越中さんにお祝いメッセージ
武藤敬司・全日本社長
ザ・グレート・カブキ
長州力
ケンドー・コバヤシ

そうそうたるメンバー(^人^ )

ケンコバ「有名人で同い年が、さっきちょっと教えてもらったところによると、あのマドンナ、先日亡くなられたマイケル・ジャクソン。そしてプリンス! 映画監督だとティム・バートン、日本人では小室哲哉、假屋崎省吾、日比野克彦、鴻上尚史、世界的なアーティストが並んでいらっしゃるということなんですけど、一番のアーティストは、越中さん、あなたですよ! ヒップアタックを決めたときの“くの字”の身体、そしてあの曲線的フォルム、あれはハッキリ言って、ポルシェ、フェラーリを超えてますよ!」

ケンコバさん、さすがのコメント(笑)


■メインやってやるって!
○越中詩郎、永田裕志、獣神サンダー・ライガー
(15分18秒 パワーボム)
天龍源一郎、川田利明、TAJIRI●


 外伝とはいえハッスルに新日本プロレスが初上陸!
煽りVTRがなんだか、切ない…。けど、良い。

『怒りの獣神』、『MISSON BLOW』が鳴り響いた時にはちょっと鳥肌たった(≧∇≦)
永田さんはやっぱイケメン!
ライガーさん、永田さん、いらっしゃい!

全選手が客席南側の一番上の入り口から登場。
笑顔のファンに揉みくちゃにされながら入ってくる風景は、なんだか新鮮で良かった。

始まればどの組み合わせも刺激的で、終始お祭り騒ぎの大盛り上がり!!
いやぁ〜、見たたら本当に凄い楽しくて!
良いメインでした!

いきなり天龍さんと越中さんの顔合わせでゴング。
開幕ヒップアタックで先制。
ライガーさんも掌打を決め、川田 vs 永田で蹴りあい更にヒートアップ開始。
そしてTAJIRIさんが出れば、G1の事もあり、新日本の2人は表情が変わる。
越中さんに促され、永田さんのヒップアタックも炸裂!
天龍さんもハッスルしてプランチャ炸裂!
その後みんなが空中浮遊!最後はやっぱりケツ爆弾!

永田さんも白目解放。
しかし、そこにミストが炸裂!!
も、そのまま白目で立ち上がり、仁王・永田が圧倒!

永田さんがこえぇぇぇぇぇぇぇ!!!

ミストで顔面真緑色。
しかし、普通なら面白いシチュエーションでも永田さんは相変わらずのイケメンぶりで空気を支配。
さすが。さすがです。

最後は、その流れを越中さんが受け取り、侍パワーボムでTAJIRIさんを粉砕!!

平成維震軍をはじめ、参加選手がみんなリングに勢ぞろい。
改めて壮観な場面。
そして、越中さんが寝ないで考えたという「3・2・1 やってやるって〜!!」で締め!

越中「越中詩郎はこれからもバリバリ突っ走っていきま〜す!!!」

みんなで胴上げ!
案の定落とされる(笑)

そして、仲良く記念写真。
天龍さんの前に寝転がる天龍さん。
可愛い(≧∇≦)

見事な、素敵なハッピーエンド♪

これからも元気なケツ親父として、KING OF HIPとして君臨し続けてください!!

越中「皆さんに感謝したい。今日は永田、ライガーが来てくれた。思い切り試合できた。久しぶりにプロレスらしいプロレスができました。相手に不足もないし、こういう大会だからといってお祭り騒ぎは嫌だったので勝負に徹しました。

永田「千葉県東金市から営業活動を中止してやってきました。闘いを持ちこむためにきて、確かにこのリングには闘いがありました。
タッグを組んだのは久しぶりというか、数えるほどしかなかったので、新鮮でした。
あと20年は現役を続けられそうな元気な方なので。僕も負けずに青義で突っ走っていきます」

ライガー「キャリア重ねてファンからも支持されて、いまだにあの動き。目標としている先輩。本当に尊敬できます。けないように、追いつけ追い越せで頑張っていきたい。ハッスルだからどうこうじゃなくて、ハッスルにも戦いはある。すべての試合に戦いがある。越中さんのお祝いがたまたまハッスルのリングだっただけ。戦いがある以上、これからもリングに上がり続けたい」



 永田さん、ライガーさんから「闘いがある」って。
それが何より。
これまでのハッスルの試合ではない、“プロレス”の中で、天龍さんも、川田さんも今となっては懐かしさすら感じるプロレスラーの姿を思いっきり弾けさせていた様な気がしました。
ハッスルはハッスルで大好きですが、やっぱり、たまにはハッスルのメンバーのゴツゴツした姿も見ていたい。


 人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ハッスル】終幕。 7・30後楽園
 昨日の後楽園ホール大会で長い長いハッスルの歴史が“リセット”された。
UPされたニュースをみると、そこが強調されてますね。

では、参加しているハッスラー達はどうなるんだろう?
そこがスッゴイ気になりますね。
そんな事を気にしながら、昨日の結果や内容を専門サイトやSAMURAIのニュースで遅ればせながらチェック、チェック。

++++++++++++++++++++++++++
■7・30 『ハッスル・ツアー2009〜7.30 in KORAKUEN〜』
http://www.hustlehustle.com/free/fightcard/?id=1234939323
(ハッスル公式HP)


■ハッスル軍も解散「続ける意味がない」
(デイリースポーツ)

■ハッスル軍解散 モンスター軍残党も離散へ=7.30ハッスル後楽園大会
(スポーツナビ)


■第1部 モンスター軍主催興行

■オープニング

川田総統代行登場。
“川田モンスター軍”結成宣言も…
▼アン・ジョー司令長官 → 「高田総統がいない今、ミーがモンスター軍にいる意味なんてナッシングですヨ!」
▼島田 → 「最近、レフェリーの仕事が忙しくなってきまして、これからアフリクションに行かないといけないんで。すいません! ありがとうございました!!」
▼レイ大原 → 「ボク、メキシコに行きます!チケットも昨日予約したんです」
▼ゲドン → 川田総統代行に栃木観光に誘われるも100%拒否。マスクを脱ぎ捨て「モンスターグン、ヤメテヤル!!」

これにフランソワーズがご立腹。
アルマとシングルマッチ決定。

島田さん、アフリクションって中止になったんじゃ(汗)


■第1ハッスル
○レネ・デュプリー(4分35秒 ダイビングゲドン)アルマ●


「ニッポン イチバーン」のシャウトからフィニッシュ。
「アイラブ・ジャパン! アイラブ・ハッスル!!」の言葉を残しリングから去る。
色男のレネ選手は今後もハッスルに来てくれる?

■第2ハッスル
×アブドーラ・ザーブッチャー(5分18秒 両者反則)タイガー・ジェット・シン×


この試合に関しては、モンスター軍がどうとか、ハッスル軍がどう、とかは関係ないっすね(汗)
ただ、超危険な猛獣が野に放たれたのを見守るのみww
野口レフェリーが頭部にフォークを突き刺され大流血も、最後までレフェリングをこなす。
日本マット界ですぐに気絶しちゃうようなレフェリー達の見本になれますw


 以上、2試合がモンスター軍最終興行。
これにより、モンスター軍残党は川田さん、フランソワーズ、アルマの3名?
ってか、もうバラバラ。

■ハッスル軍主催興行

 マグナムTOKYO選手はエイドでのダメージが大きく、欠場(会場には来ている)。
何でも腰の骨が2か所ずれてしまったとか…。
最後のAVスタープレスは勿論、エスぺランサーとの闘いの代償は大きい。

■セミハッスル
越中詩郎、○KG(10分49秒 エビ固め)天龍源一郎、RG●


 WARG vs ケツコンビ。
マグナムさんが欠場なのをいいことに、RGがダンサーを引き連れダンス決行。
ハッスル公式HPにUPされていた場面写真を見てるだけで気持ち悪い(汗)
すぐ隣にKGさんの画像があるおかげで、すぐさま中和できるのが何よりの救い。

天龍さんはKGちゃんが相手であろうとさすがの容赦のないハードな攻撃。
対してRGは変態攻撃一杯…。ダメだコリャw

最後は丸めこみ合戦のすえ、KGに上にのられて3カウント。
ある意味、幸せな昇天?

越中「おい、RG!今日は一つだけ良い事教えてやろうか?俺はケツを見ると人生が占えるんだよ!お前のケツは、うだつのあがんねえ最悪なケツだ!」

案の定、最悪なケツ相だったみたいw
そんな占いをされてもなお、KGに変態じみた事を行い、天龍さんから制裁の一撃。
そしてKGからも手厳しいお言葉。

RG、最後の最後まで“まるでダメな大人”、略して“マダオ”からから脱却できず。
感動した数々のあの時間を返してくれ(笑)

KGさんはというと“良いケツ”だそう。
これからも良い活躍を期待できそうですね。


■メインハッスル
○TAJIRI(16分25秒 バズソーキック→体固め)HG●


 現行ハッスル最後の闘いは、ハッスル軍のトップエース2人の対決。
TAJIRIさんは新日本のG1を控えての試合。
HG選手は学生プロレス時代の棚橋さんのライバル。
ちょっとした、“仮想G1”。

ハッスルらしい展開というよりも、純粋な“プロレス”。
派手な技に頼らない、一つ一つ組み立てて展開を支配していき、最後はキレ味抜群のバズソーから勝利。
TAJIRIさん、完勝。

HG選手はコーナーから場外に落ちた際に左足のかかとを骨折してしまったようで…。
ご自身の出演される舞台の欠場リリースも。

++++++++
▼レイザーラモンHG、左足かかと骨折で舞台降板 代役は伊藤明賢
http://www.oricon.co.jp/news/movie/68097/

お笑いコンビ・レイザーラモンのHGこと住谷正樹が、前日夜に行われた『ハッスル』後楽園ホール大会で左足を骨折し、出演舞台『ブラッド・ブラザーズ』(8月7日〜東京・シアタークリエ)を降板することが31日、東宝より発表された。代役は同じよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する俳優・伊藤明賢が務める。


++++++++++


■川田総統劇場

高田総統から後継者として跡を託されたマグナムTOKYO選手にくってかかる。
高田総統亡きいまでも、まだ引きずっている川田さんにマグナムさんが一喝するも、

川田「過去を引きずることが何が悪いんだよ!守るべきものを頑として守っていけば、伝統が生まれるじゃん。そして、王道という道が拓かれて行くんだよ!」

おぉぉう…なかなかに良い言葉を( ̄□ ̄;;)
総統コスチュームを脱ぎ、改めてマグナムTOKYOに挑戦表明。
最後の「バッドラック!」の言葉を残し退場。

そして、残されたハッスル軍。
存在意義であった“打倒・高田総統”が達成された今、
「目的を達成した以上、つるんでること自体意味もねえから俺たちも先を見つめて、解散したほうがいいんじゃねえかなと思う」
というマグナムさんの言葉から、ハッスル軍 解散決定

RGは未練タラタラ。

他のメンバーの気になる動向は、

▼越中さん → 『サムライケツ盟軍』結成を示唆。
▼TAJIRIさん → 「3年半ここにいたから、そろそろ他団体とか海外とかいいかな」
▼KG → 天龍さんからの「悩んで悩んで掴んだものが本当の心」とアドバイスをもらう。

そして、旧モンスター軍を離脱したレネも合流し、みんなで最後の締め。

マグナム「みなさんにもハッスルへの心があると思いますけど、新しくまた始めようと思うから、一度はゼロにする必要があると思うんです! でも、その中でいろんなものが出てきてウザいけど、俺たちは思い通りにはさせない! だから、これからもっともっと進歩していくために、俺たちはハッスルしていきます! みなさんも、“俺がハッスルだ!”“私がハッスルだ!”、そういう気持ちを持って、ちっちゃなところから積み重ねていけば、最後に大きな夢が叶えられると思います! これからのハッスルを応援してください!

----------------------

 たしかに、これは“0”に戻った。
リセットという感じですね。

次回興行は8・23。
間違いなくこの日からハッスル新章がスタート。
ある意味では、2004年から始まった5年間のハッスルを忘れて見はじめる、ってのもアリかも。

これから新たなステージに旅立つことを宣言する人もいる。
そのスタイルのまま成長を目指す人もあり。
ハッスル軍の面々は、キャラクターまで変わったりすることはないんでしょうが、気になるのは旧モンスター軍側。

アンさん、島田さん、大原選手は本当に姿を消しちゃう?
フランソワーズ&アルマの動向は?
そして、川田さんの目指す“俺なりのハッスル”は?

8・23の栃木大会は一体どんな風景になってるんだろう?

 人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ハッスル】総統の壮絶な最期。そして紅の凶弾からの宣戦布告 7・26ハッスルエイド
 ハッスル上半期の大一番、ハッスルエイド。PPV中継がありました。

昨年はインリン様の引退という大きなテーマがありましたが、今年は「高田総統の最後」というそれを上回る衝撃が。
開催直前になって急激に注目が集まった大会でしたが、はてさて。


++++++++++++++++++
■ハッスル・エイド 2009
(ハッスル公式HP)

■7・26 両国国技館『ハッスル・エイド2009』
(スポナビ速報)

■高田総統が壮絶な最期 竹内力の“双子の弟”RIKIの凶弾に散る=ハッスル
(スポナビ)

■ボノくん覚醒! グレート・ボノに変身も魔界へ旅立つ=ハッスル
(スポナビ)

++++++++++++++++++++


■メインハッスル
○マグナムTOKYO(7分58秒 AVスタープレス)エスペランサー・ザ・ゴッド●


 最後にして究極の闘う化身が。
2004年3月の初登場以後、文字通りハッスルを牽引してきた高田総統最後の日。
今回もレーザービターンをめぐる攻防が大きなものになったみたい。
その驚異の攻撃をかいくぐり、マグナム選手が復帰以来初となるAVスタープレス解禁で勝利。

エスぺランサーが黒装束の男たちに運ばれ、そして高田総統の登場。
「君達と闘いに来たのではない」
と場を制すや、
「これまでハッスル軍と抗争をしてきたのは、私の役割を任せられることができる、強いリーダーシップを持った後継者を探していたのだ!そして、その男がとうとう見つかったよ!マグナムくん、君のことだよ! これからは、君がリーダーとして、新たなハッスルを築いてくれたまえよ!!」
と、後継者任命。

まさかの宣言に困惑も、最後にはマグナムさんも
「サヨナラなんて言わないで、ハッスルを良くするためだったらいがみ合ってもいいじゃん。もう一度、手と手を取り合って、新しいハッスル作りましょうよ!」
と共闘要請とともに、握手成立!!
歴史的な合体にハッピーエンドの空気の中、それをぶち壊したのは、ハッスル参上予告をしていたRIKI

RIKI「これはハッスルの偉大なる支配者、高田総統。申し遅れました!私、このハッスルを破壊しにやってまいりました、キングRIKIと申します。日頃から全知全能だと嘘ぶくあなたの実力がいかほどのものか、わたくし、今日はこの目で確かめに参りました。しかーし!大したことありませんでしたねえ。いや、むしろ弱いと言った方が正しい」

なんとも無礼な振る舞い。
さすがに高田総統の堪忍袋の緒が切れたか、レーザービターン発射のポーズをとるも、それよりも早くお中元代わりの『紅のバックファイヤー』で体中を撃ちぬかれる!
マグナム選手に意志を託し、リングの中で消えて行った高田総統。

「さよなら」が高田総統本人の口から発表になるや、どういう意味なのか色んな予想が挙がっていましたが、なんとも衝撃の結末…。
乱入をしてきたRIKIによる凶行でリングの中で消滅…。

 正直、RIKIさんがこういう形での参戦というのは全然予想していなかったので、本当にビックリ。
一発キャラじゃなかったんだ…。
今後は高田総統からハッスルを託されたマグナムTOKYO選手&ハッスル軍と、キングRIKIとの抗争劇になるという事か…。
キングRIKIによると、次に現れるのは「秋の声が聞こえる頃」。
きっとハッスル軍も怒り心頭の再会となる事は必至。

昔のアニメやら特撮やら、それまで闘っていたライバルとようやく分かりえると、すぐにいなくなってしまう。
今回もそんな展開になっちゃった…。

高田総統の最期の言葉は「ハッスルは……永遠なり!」
その言葉を守っていくためにも、ハッスル軍。新たな敵を前に心新たに奮起せよ!

RIKIさんはキャラもインパクトもさすがだなぁ…。
なんだか高田総統以上に驚異性もツッコミどころも一杯な感じになりそうで、ちょっと楽しみだ(^w^)


-------------

■第1ハッスル
REY大原、スペル・ウイルス、●ザ・デビル・ピエロ
(12分48秒 バズソー)
越中詩郎、○TAJIRI、KG


 ウイルスはかなり久しぶりのハッスル参戦。


■第2ハッスル
“モンスターK”川田利明、●アン・ジョー司令長官(17分12秒 黒部の太陽)坂田亘、小路晃○


 小路さん、心新たにしてから結果を続々。


■第3ハッスル〜夏休み特別企画! モンスターランブル〜
ザ・モンスター℃ vs ニセHG vs パンチ・ド・C vs KIDATA・ロー2009 vs 長州か vs 人狼 vs 赤鬼蜘蛛 vs 恐・イタコ
○赤鬼蜘蛛(15分42秒 ダブル蜘蛛糸絡み)ザ・モンスター℃、パンチ・ド・C●



■第4ハッスル
アブドーラ・ザ・ブッチャー、●タイガー・ジェット・シン(7分35秒 殊勲の体固め)HG、RG●


 BI砲の対角に立った2大レジェンドが誤爆からの仲違で血みどろの芸人コンビに敗北。
こうして結果の表記だけ見ると、すげぇ結果ww
最近のRGはHGも元に戻すし、信じられないくらいにツキにツキまくってる。

RG「ホント、プロレスファンで良かった!」

その気持ちは凄く分かります(^人^ )
あと、ハッスル公式サイトのブッチャーさんの表情が生き生きしすぎてて凄いww
→http://www.hustlehustle.com/free/fightcard/?id=1237975508

今回の仲違により、7・30後楽園ホールにてブッチャー vs シンの一騎打ちが決定
これまたオールドファンにとってはトンデモナイカードが急きょ発表。
会場のカオス度がトンデモナイんじゃないかな(笑)


■セミハッスル
○グレート・ボノ、天龍源一郎(7分58秒 魔界落とし)アルマ、ゲドン●


 エイド直前にお昼寝に入って以来全く目覚めることなくこの日のこの試合へ。
試合開始になっても目覚めることなく天龍さんが一人で頑張る中、ボノくんがグレート・ボノに覚醒! 

グレート・ボノは05年11月19日以来の出現。
ボノちゃんからボノくんへ。
そしてボノくんからグレート・ボノへ。
遂に大人になって、お父さんと同じ魔界の使者に。
しかし、そのまま魔界へ。

今度帰ってくる時はお父さんを見つけてから?
その日はいつなんでしょう…。

 人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ハッスル】紅のバックファイヤー
■7・26『ハッスル・エイド2009』で“ハッスル破壊”予告!
俳優・竹内力の“双子の弟”RIKI、エイド緊急参戦決定!!
http://www.hustlehustle.com/free/news/?id=1248183952
(ハッスル公式HP)

【竹内力のコメント】
「ハッスルファンのみなさん。どうも、竹内力です。
この度、“双子の弟”である歌手のRIKI(アールケイアイ リキ)が、ハッスルを“破壊”しに、7月26日の『ハッスル・エイド2009』に参戦します。
RIKIは陽気でやんちゃですが、ひとたび戦闘モードに入ると、“キングRIKI”に変身します。ハッスルファンの度肝を抜いてしまうかもしれません。
RIKIも「俺、“キングRIKI”が、本当のアルマゲドンを見せてやる。ハッスルを破壊してやる」と今から意気込んでますよ。」

伝えられている情報によると、やんちゃな気質であるキングRIKIは、ケンカ殺法を得意としており、2ndシングルのタイトルと同名の“紅のバックファイヤー”という必殺技を開発済みであるという。はたして、この技が両国国技館で火を吹いたとき、ハッスルが破壊されてしまうということなのか!?
そして、“アルマゲドン”の予告をしている高田総統に対して、“本当のアルマゲドン”を見せると意気込んでるキングRIKIの真の目的とは、一体なんなのか!?


++++++++++++

 今まで泰葉さんや和泉元彌氏など、数々の有名人の方が登場されましたが、個人的にはこの度のRIKIさんが一番そそられまくってますwww

この人、面白いからなぁ〜

日曜のPPV放送。
ちょっとどうしようか迷っていたのですが、このリリースは


気になるじゃないか!!!!


本当のアルマゲドンってなんなんでしょう(笑)

▼RIKI 紅のバックファイヤー PV


 人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス
| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ハッスル】ちが〜うよ。あたしゃ神様だよ
■高田総統“最後の闘う化身”エスペランサー・ザ・ゴッド、7.26降臨=ハッスル

高田総統は、エイドでのマグナムTOKYO抹殺を宣言。「奴と闘ったところで、私にはなんのメリットもない。本来ならば、軽く無視してやるところだ」と相手にもしないところだったが、モンスター軍がマグナムにことごとく敗れていることから、高田総統は“最後の闘う化身”、その名も『エスペランサー・ザ・ゴッド』投入を決断。「まさに、神がかり的な闘いを見せてやろうじゃないか。世間知らずのあんちゃんよ。本物の恐怖というのを教えてやるよ」と不敵に言い残している。


■ハッスル・エイド 2009
7月26日(日)東京・両国国技館 

【追加対戦カード】

<シングルマッチ>
エスペランサー・ザ・ゴッド
マグナムTOKYO

【既報対戦カード】

<タッグマッチ>
アブドーラ・ザ・ブッチャー、タイガー・ジェット・シン
HG、RG

(スポナビ)
---------------

 最後に神が現れて、新世界創造。

破壊なくして創造なし。

その後に構築するものは橋本さんとは違うかもしれないけれど…。

登場時のセリフは


「レスリング・ゴ〜ッド…」だったりして(笑)


元WWEのJBLΣ( ̄□ ̄;;)!?



某有名RPGゲームだったら、弱点は“チェーンソー”なんだけどね〜
。(このネタ分かる人いるのかwww)

チェーンソー → 電童ノコ刃 → バズソー !!

TAJIRIさんがキーポイントだっ!!!

 人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ハッスル】さりげなく最後の聖地降臨  6・25後楽園ホール
 昨日のSAMURAIでハッスルの生中継を見ました。


----------
■6・25後楽園ホール『ハッスル・ツアー2009〜6.25 in KORAKUEN〜 』
(ハッスル公式HP)

■衝撃! 7.26両国で高田総統がハッスル離脱か!?=6.25ハッスル後楽園大会
(スポナビ)

---------


 これにはビックリしましたね〜。
メインの試合後の急展開。

■メーンハッスル
●“モンスターK”川田利明(25分32秒 絶縁)マグナムTOKYO○


 高田総統との一騎打ちを決定的にしたいマグナムさんの快進撃を止めるべく、モンスター軍の最後の砦として立ちはだかった川田選手。

ハッスルでは貴重な20分越えの真っ向勝負がこの日も。
本当にハッスル独特の“魅せる”部分を排した、正面からの激しいぶつかり合い。
これは凄い試合でした。

勝手な思い込みかもしれませんが、川田さんは三沢さんに捧げるかのような、様々な場面を思いおこさせる場面も。
チョップ一発、エルボー一発、ストレットプラム。
三沢さんと繰り広げた戦いの記憶をもう一度リング上に刻みこむような。

マグナム選手もそんな川田さんに負けない。
心身ともに“絶好調”という言葉を実感できるキレのいい技、コンビネーションが光っていましたねぇ。

最後はマグナム選手が絶縁の2連発で蹴劇。
高田総統の前に立つにふさわしい実績を得たことに。

そんな流れで、恒例の高田総統劇場へ。
マグナム選手が高らかに吠える中、総統自身から、スクリーンで発表。

高田総統「ここ数ヶ月、私は何度も“アルマゲドン”と言い続けてきた。その本当の意味を教えてやる。これを見ろ!」

7・29『ハッスル・エイド2009』(両国国技館)
〜さよなら高田総統〜


会場のお客さんと一緒に、TVの前で「え〜っ!!!」ですよ(汗)

高田総統「実は、この後楽園のバルコニーに立つのも、今日が最後だ!」

サラリと重大な寂しい発言。マジで…。
ただ、引退とは一言も言っていないので、何かしらの姿で、再度ハッスル軍の前に現れるんじゃないかと期待はするのですけど…。
全ては26日の両国大会で明らかになるそうなので、本当に姿を消すのか、新たな化身が現れるのか。
それとも桃鉄みたいに“総統”から“会長”とかに役職変更するとか(笑)

ようやく正面に立てる大義名分を得たマグナムさんへの思いもよらないカウンター。
はたして、エイドでマグナム選手の前に現れるのか?
それとも、そのまま「オマエなんか相手にしてる場合じゃないんだよ」なんて口をとがらせて高い所から振り回して去ってしまうのか。

気になる、気になる。


------------
▼他の試合

■オープニングハッスル
『これがケツ論だって!』のコーナー。
越中さんが気合を入れて「ズンドコ節」を歌おうとするも、最初のフレーズのあとすぐに終了。
越中さん、怒り狂う(笑)


■第1ハッスル
○REY大原(12分10秒 ムイビエン)KG●


REY選手の持つNWAのベルトに挑みたいKGが「ノンタイトルなら」とシングルを了承されての第1ハッスル。
試合後、REY選手からの「この歴史的ベルトに、今まで女は挑戦したことがないんだよね。お前なんかに、挑戦させるわけねえじゃねえかよ!」という言葉にビックリ。
衝撃の物凄い正論に「嘘!?」という気持ちが読み取れる表情。
ハッスルにくるまでプロレスを見たことなかったんだろうなぁ〜(汗)
それでも、頑張っていれば何か起きるのがハッスル。

KG「ベルトに挑戦っていう目標ができて、凄く闘うことが楽しくなってきました! これから、もっともっと練習して、強くなりますので、みなさん、これからもよろしくお願いします!」

と、これからも一生懸命頑張っていくことを宣言。頑張れ!


■第2ハッスル 3WAYマッチ
●アン・ジョー司令長官
(5分38秒 決別逆十字)
○小路二等兵
坂田亘


 一人の男として、ハッスルの立ち位置を獲得していくのか。
それとも、このまま高田延彦氏からの温情を大事に、モンスター軍として頑張っていくのか。
それを自身が決める大事な一戦。

結論は小路晃として闘っていく道
本当の“ハッスル”が次回から始まる。


■第3ハッスル
●モンスターHG(13分30秒 昇天ドロップ)RG○


 モンスターと化した相方を元に戻したい一心のRG。1対1の最後のチャンス。
RGが用意したのは某・おしゃれ○○のような“手紙”。
最初に読もうとするも、当然襲撃され、ボッコボコにされるも、
終盤にて手紙を読みあげることに成功(場内も暗転)。

RG「4年前、いつもそばにいたお前がハードゲイでブレイクして、俺はひとり取り残された。表面上は、平気な顔をしとったけどな、心の中はずっと、嫉妬と不安でいっぱいやった。お前が人気者になって、俺は正直、お前とのコンビを本気で解散しようって思ってたんや。でも、それを思いとどまられてくれたのが、あの日やった。覚えてるか? 2年前、大阪で初めてタッグを組んだ日のこと。忘れたとは言わせへんぞ。あのとき、控え室で泣きながら抱き合ったよな! 俺たちにとっては、M-1で優勝するよりも、こっちのほうが誇りや! お前と一番、一緒にいるのは、お前のかみさんでもない。この俺や! お前のことを一番わかってるのは俺や。俺はお前が好きや! お前も俺のことが好きやろ!! HG! 目を覚ませーっ!!」

スクリーンに流されるあの日の激闘。
悔しいかな、感動を覚える内容。
RGのクセにぃ〜((゜m゜;)

頭を抱え、苦しむHGに昇天ドロップで説得。
まさかの“相方愛”で勝利。

RG「RGは、HGを愛してまーす!(棚橋調)」

 そして、高田総統劇場後、よろよろと現れ、RGが密かに持っていたHGキャップを手にしばらく悩むも、みずから被りHG 復活
久々の「ハッスル・ハッスル・フォー!」がこの日のエンディングに。
散々振り回した分、エイドまでの巻き返しでどんな活躍をみせるのでしょうか?

■三沢さん、テッドさん追悼セレモニー

■第4ハッスル
●ザ・モンスター℃、パンチ・ド・C
(3分53秒 ダイビングヒップアタック)
天龍源一郎、○越中詩郎


 久々に帰って来た初代℃。
Cポーズのやり過ぎで壊したという肩は絶好調のよう。
さすがに本家“Cポーズ”のキレが違う。
しかし、瞬殺。
あらら(゚ー゚;A


■セミハッスル
アルマ、○ゲドン
(2分35秒 ダイビングゲドン)
●ボノくん、TAJIRI


 第4ハッスル後、レネ・ボナパルト、“カウボーイ”ランス・ケイドが高田総統に改造ビターンを浴び、
『禁断のラストウェポン』アルマとゲドンになって襲撃。
そのままTAJIRI&ボノくんも救出になだれ込んで、セミへ。

圧倒的なパワーでハッスル軍を圧倒。
フランソワーズ嬢は相変わらず、誇らしげに上から高笑い。

今のプロレス界では、IWA JAPANのハル・ミヤコ女史と並ぶ、貴重なキャラですね〜。

二人の真の正体??

トップシークレット!!!!

 人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(1) | trackbacks(3) | pookmark |
【ハッスル】面白さ持続中。 4・23後楽園ホール大会
ハッスル通算100回目! めでたい!!

なのに、この日は実況席の華である女性ハッスルサポーターがいない…。

まぁ、たまには男くさい中継ってのもいいよね(^w^;



■ハッスル・ツアー2009〜4.23 in KORAKUEN〜
(ハッスル公式HP)
■スポナビ詳細



OP映像ではこれまでのハッスルの軌跡を振り返るVTR。
第1回との風景が今とあまりにも違い過ぎていて衝撃。
その頃から今もハッスルにいる人って川田さんしかいないんだって…。
そうだよなぁ〜。
川田さんは三冠王者時代にミック・フォーリーとタイトルマッチをやった事もあるんだよね。
今では信じられない事だ。

のっけからナットーマン、高田総統も登場。
今後もハッスルし続けていくことを力強く宣言。

■第1ハッスル
●レイ大原、藤田ミノル(9分1秒 2回転エビ固め)TAJIRI、KG○


KGちゃんが\(^o^)/チエさんのコスチュームを着て登場。
赤も似合ってるね。
チエちゃんのハッスル魂を継承。
ハッスル軍のヤングハッスラーもKGだけになっちゃったし。
頑張らないと!

そんな気合が現れたのか、レイ大原選手から頭を蹴っ飛ばされたり、振り回されたりと、全く容赦のない攻撃を耐えに耐えて、最後は見事な前方回転エビ固めで完璧な勝利!
大原選手の受けっぷりも華麗さと華があってカッコいいフィニッシュ!


■第2ハッスル
●あーちゃん(4分29秒 RGラナ)RG○


ハッスル軍&モンスター軍の両巨頭による最弱決定戦。
さすがにあーちゃんは体もデカイし、一応“プロレスラー”なんだから大丈夫だろう!と見ていたら負けちゃったww
さすがハッスルw
派遣村プレスをかわされたところで勝負があったかな(;´▽`A

って、あーちゃんならどこでもありえるか。
しょうがない(笑)

RG「YOYOYO! あーちゃん、俺に負けたことでモンスター軍はクビだな!でも、それがどうした!派遣切りがなんだ!俺はな、人生派遣社員じゃ!!
やばいっす!RGの進化が止まんねえ。後楽園に来てくれたみなさん、愛してま〜す!


こら、RGwww
どこかのエースの後輩の言葉を盗用しちゃいけませんww
ハッスルのエースきどりか、コノヤロウww


■ケツ親父の『これがケツ論だって』その1
ビートルズファンの越中さん。
ものすごく子供っぽい感じに再現されたアヴィ・ロードのCGを悠々と闊歩。
そのせいか、妙に気合の入った越中さんにキャラクター(名前はまだない)が「ケツ親父」の好評ぶりに驚くと、

越中「おい、俺はそんなニックネームは認めねえからな! 俺は人からニックネームなんて付けてもらいたくねえんだよ。今までも自分流でやってきたんだよ!今日からイケメンシローでどうだ!」

速攻却下(笑)
っていうか、自分でイケメンなんていっちゃぁイケませんってw
でも、何だかんだ言って楽しんでますね、越中さん( ̄ー ̄)ゞ


■第3ハッスル
○マグナムTOKYO(2分28秒 エゴイストドライバー)モンスターHG●


 2年9か月ぶりに帰ってきた“Mr.エゴイスト”。
「TOKYO GO!」がかかった瞬間に空気が一変。
この日会場に来ていた人は皆この瞬間を待っていたんだなぁ〜。

約3年ぶり、Sアリーナに生出演された際には随分と不安をあおるような事を言っていましたが、こうして本番で見せつけてくれるたのは最高の一言!
試合HGを圧倒!
HGに何もさせず、秒殺、完璧な勝利。
見事に鍛え上げられた肉体と魅了する小麦色。
あのキレ味とスピード感が癖になるミサイルキックに、誰もを魅了する7色の足技。
そして久々のフィニッシュ。

「何だかやりやすいよなぁ〜。探偵だったからかな」

“Mr.エゴイスト”を縛るものはなくなり、自由を解放。

ただ、HGとのシングル3連戦は始まったばかり。
この後の復讐としてどんな手を用意してくるのか。



▼あなたが選ぶハッスルベストバウト

■第3位 ハッスル22(2007.4.21)
天龍源一郎、“モンスターK”川田利明 vs レイザーラモンHG、RG

■第2位 ハッスルツアー2008 in TOCHIGI ハッスルGP(2008.10.26)
“モンスターK”川田利明 vs 坂田亘

■第1位
ハッスルマニア2007 横浜アリーナ(2007.11.25)
ザ・エスペランサー vs 坂田亘



第3位は私も凄く記憶に。
あの時のレイザーラモンの輝きといったらなかったなぁ。

ちなみに、私もちょっと思い返してみたところ、一番最初に出てきたのが『デビル夫人』。
なぜ夫人だったのかは今でも理由が分かりません(笑)



■ケツ親父の「これがケツ論だって!」その2

今度はiPodのCMのパロディwww
ケツ親父ノリノリwww
いい加減にしろwwwドンドンやってwww

ケツ親父が「第2の故郷はメキシコだからフランス語なんてペラペラだって!」なんて吠えるモノですから、実際にフランス語の質問をぶつけてみると

ケツ親父 完全に沈黙(笑)

実にバツの悪そうな表情が物凄く笑いを誘うww
可愛いなwww


■第4ハッスル
○“カウボーイ・ランス・ケイド、レネ・ボナパルト
(4分23秒 ラリアット with パンティ)
●ボノくん、越中詩郎


ランス&レネのタッグチーム名がファンからの投書により、『テキサス・ナポレオンズ』に決定だそうです。
分かりやすい名前だ。
入場の時から物凄く華があるんだよなぁ〜、この二人。
長身で体も凄くて顔立ちもハンサムだし。
いい人材だわぁ〜。

そんな二人に男くささで全面対抗はケツ親父の越中さん!
気合のべらんめぇ口調で真っ向から対抗。

も、またもやボノちゃんがフランソワーズの生下着を顔に被せられ轟沈。
そして越中さんも下着をかぶせられる屈辱を。

レネ「ケツオヤジ、テンチュウデ ゴザル!」

オイ、フランス人ww
下着をかぶったまま悶絶し、かぶったまま ボノちゃんをお説教。
説得力まったくナシ(笑)
目の部分にかかっていたので取りさるのかと思いきや、おでこの部分で中途半端に止める。
その風貌はさながら酔っ払った親父がネクタイを額にぶら下げている感じ。
しかもぶら下げているのが下着なんですから、もっと始末が悪い(;´▽`A
なんでちゃんと取らないんですかww

すっかりパンティー恐怖症になってしまったボノちゃんは「もうハッスル辞める(泣)」と逃走。
自立したとはいえ、お子様には刺激があまりにも強すぎるようで、トラウマ。可哀そうに。
越中さんは「だったら俺が一人でやってやる!」と力強く宣言していましたが…天龍さんはどうした!?


■メインハッスル ナットーマン ファイナルマッチ
“モンスターK”川田利明、○パンチ・ド・C
(7分1秒 2代目DDC)
●ナットーマン、きっこーまん


川田「コイツが2代目℃に合格した、鼠先輩です」
志賀「ポーポポポポポポーポ…川田さん、お願いします(汗)」

川田「(笑いをこらえながら)改めて紹介します。田上明です」
志賀「こうやってのど輪落としを・・・って川田さん、よくない、よくないです(汗)」

総統「ん?お前の声は天龍より聞き取りにくくて面白さも半減だよ。まあいい。とってもパンチの効いた特別なビターンを注入してやろう」
川田「これでお前も本当の意味で、ハッスル船モンスター軍号の乗組員だ」
総統「そんなオマエは方舟に乗り損ねたがな…」
川田「えっ!?」


総統の一本勝ち(笑)

 2代目℃は頭頂部のパンチパーマが丸見えのマスク。
さっそく2代目が「シー」アピールをするも、観客からの反応は実に薄い…。
そこで実に溜めの長い新アピールを披露するも、またもや薄い反応(゚ー゚;A
前途多難??
でも、試合が始まったら反応が良くなって、よかった、よかったw
Cアピールの反応がいいと、ちゃんとお辞儀をするあたりが志賀のアニキっぽくて◎(笑)

そこにキッコーマンが奇襲をかけにくるも、失敗。返り討ち。
そのピンチのタイミングにナットーマンのテーマ曲がかかるも、当の本人は3階の理髪店にw
前回のサウナではお金を払い忘れ、“未払い”という今のハッスルの状況を考えれば笑えないミスを犯してしまいましたが、今回は気前よく「釣りはいらない!」とご会計完了。
訴えられたりしたらかなわんしねσ(^_^;)

会場につけば大人気。
せっかくの好評ぶりなのにコレでファイナルって…勿体ない(-_- )
小池栄子さんにも「辞めちゃうの?」って言われたらしい。
そこは奥様の言う事を聞いちゃえばいいのにね。

最後はナットーマンがパンチに初白星を献上する事に。
有終の美、飾れず。
最後の最後で『ナットー巻き』の神通力は通じず。
三沢さんの真似をするからですw


■高田総統劇場

高田総統がパンチの活躍に満足。
総統「社長にもよろしく」

これに川田さんは微妙な表情。
スネてるw

ナットーマンをやっていながら、納豆が食えないという新事実発覚!!

えぇぇぇぇぇΣ( ̄□ ̄;;)

これには衝撃の大ブーイング!

ナットーマン「ばれちゃぁしょうがねぇな。俺は納豆が嫌いだ…。でも好きになるために毎日納豆を一パック食べ続けた。その結果、もっと嫌いになった。痛風になった!」

ハッスル軍、大コケwwドリフかww
ナットーマン、この日で終了。
本当に終わっちゃった…

そんなやり取りの中、総統が対坂田に燃える川田さんへのエールで「思いっきりどん!とやってしまえ!」といった事にHGが反応。
何でもかつてレギュラーだった『ラジかる』のコーナーだったらしいw

HG「ちょっと待ってくれ、総統! 『おもいっきりDON!』って……それは、『ラジかるッ』のレギュラーが終わった俺へのあてつけかよ!?
おかげでな、俺に残った唯一のレギュラーは関西ローカルの深夜のエロ番組だけだよ! しかも、共演者は……あの渦中のインリン・オブ・ジョイトイだ!」


何と言う因果な組み合わせwwwww
これは色んな意味で危ないwwwwwww
インリンさん、レイザーラモン両者ともに気の使い方にドキドキしてる様子が目に浮かぶようww

高田総統「早く終わっちゃえ、そんな番組!」

総統、ヒッデェ(笑)


そしてモンスター軍退場。
色んな意味で困惑する微妙な空気の中、TAJIRIさんがマイク。
6日の名古屋大会で引退する\(^o^)/チエさん登場。

チエちゃんのハッスル卒業式。
TAJIRIさんから卒業証書授与。

5月6日まで、もうすぐなんだなぁ…。
最後は\(^o^)/チエちゃんが「ハッスル ハッスル バンザイ!」で締め。

ナットーマンの衝撃のカミングアウトと、総統とHGの小競り合いによる微妙な空気を、チエちゃんの卒業式で涙と拍手が咲き乱れる何とも素晴らしい空間に。

最後の最後までハッスルして、幸せになってね〜\(≧▽≦)/


 この日のハッスルも何だかんだで面白かった!
マグナムさんの復活はハッスルの新たな華としては充分すぎるカッコよさ。

3年のブランクがいい方向にノビノビと作用しているし、ハッスル軍唯一のヤングハッスラーとなったKG選手も毎回毎回しっかりと見せるファイトを展開。
レイ大原という実力のある新ライバル(?)の存在が更なるステップアップを期待させてくれます。

そして、次回6日の名古屋から坂田亘選手が復帰。
このナットーマンブレイクがいいように作用すればいいんだけど…。
また腐ったりしないように、奥様にもいいアドバイスをもらっていただきたい( ̄w ̄;;)


→ ブログランキング★プロレス
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ハッスル | comments(0) | trackbacks(5) | pookmark |