無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
【ZERO1】いよいよ火祭り決勝!。その前に二人がスタジオで語る
 いよいよ明日に迫ったZERO1火祭り最終戦。今、平日開催だたということに気が付きました(汗)
決勝戦のカードはすでにメディアで報じられている通り、大谷晋二郎vs田中将斗。
炎武連夢対決が実現。
そんな両選手がSアリーナに出演されていました。

番組前半に田中選手、そして後半に大谷晋二郎選手が登場という流れ。
まずは田中選手から。
++++++++++++++++++++++

田中将斗「10年というのは今思うとあっという間。今はもうバッチリです。」
▼日高郁人
「日高も心技体を兼ね備えた選手。切り返しが凄く巧い。いろんなもので僕にないものといえばんキック。負けるとは思っていなかった」
▼崔領二
「公式戦の一戦に関してはかたかったかな。去年のチャンピオンとしてのプレッシャーもあったんじゃないかなと」
▼佐藤耕平
「火祭り直前でベルト失って、ありえない状況のなかで凄く切羽詰ってたと思う。僕もビックリしました。公式戦に関しては維持っていうのは感じました。お互い落とせなかったですからね。
ここまで1勝1敗1分けというのは苦しみました。正直、決勝は危ないかなと。」


そしてジョー・レジェンドに勝利。決勝は大谷晋二郎。
「僕は決勝に行くことしか考えてなかったので相手は誰でもという感じで、結果的に炎武連夢対決になった。特別な感慨というのは、第一回の時からかな?ブロックがわかれたときに僕が負けて決勝に行けなかった。その時から10年目で初めて決勝で当たるんですよね。1回目は田中対大谷と言われていた中、回が進むにつれそうも言われなくなってて。
試合内容については、火祭りでは熱い戦い、みんなが思っている以上の熱い試合を見せたいと思います。
大谷もこの刀をとりに死に物狂いで来ると思うのでそれ以上の物を見せていかないといけないなと思います。
火祭りの決勝に恥じないような試合をして必ず僕がこの火祭り刀を手にしたいと思います」

++++++++++++++++++++++

続いて、番組後半には大谷晋二郎選手がゲストに。
++++++++++++++++++++++

「決勝に上がるのは5年ぶりですかね?勝たなければいけないと思ってますね。
前回は健介さんと決勝でやって以来ですか。毎年、今年こそは!と思っていたんですけどね。
今年のメンバーは全てこの火祭りという闘いに自ら飛び込んできた選手たちだったので満足のいく予選が戦えたと思っています。

▼田中将斗
「火祭り第一回の時にみんなが予想した決勝が田中vs大谷。それから10年。考えれば感慨深いものがありますけど、嬉しいという気持ちはなく絶対に勝たなければいけない闘いだと思っています。
僕は初めて田中将斗と闘ったときにこんな面白い選手がいたんだと思い知らされたんですよね。第一回の時の試合は今でも思い出しますね。
それまでは田中将斗という選手はしらなかったんですけど、新日本を出て良かった、得たものの一つと思った試合でした。

「これまでの勝率で言うと田中の方が上回っている。悔しいですね。でもそういう選手がいるのは幸せではありますけど、その思いは今は秘めておきたいですね。優勝を阻む敵と思っていたいですね。」

「不思議と火祭り刀が離れていれも不思議と嫌じゃなかったんですよ。強がりでも何でもなく。最初の頃、田中が『火祭り=大谷じゃないんだ!』と言ってました。僕はそのとおりだと思いました。みんなで闘う火祭り。僕一人でやってるわけじゃないですからね。田中が3連覇して、悔しがらなきゃいけないけど、不思議と嫌じゃない僕がいたんですね。火祭りというブランドが認められた。
でも今、火祭り刀を目の前にすると火祭り刀が呼んでるんですね。でも今は触れられない。しっかりと結果を出して触りたいですね。」

今年はコンディションバッチリです。誰がなんと言おうと、僕が、プロレスラー・大谷晋二郎がリングに上がればベストコンディションなんです。この気持はデビュー当時から変わらないです。
明日火祭り決勝戦を行ないます。5年ぶりの決勝、思いっきり闘います。田中将斗とは唯一無二の相手です。最大の敵と思い、必ず勝ちます!!」

++++++++++++++++++++++

 お互い、第一回大会の時から振り返るも、感慨という部分は今は心の奥におしとどめ、向かい合ったら倒すのみ。
10年目にして初めての決勝というのも、「あ、そうなんだな!」と。
火祭りの代名詞といえる二人が10年目に初接触。
火祭り刀もこのシチュエーションに燃えているのかも…。

さぁ、決戦は明日!
10周年メモリアルの最後に刀を掲げているのはどちらなのでしょうか!?

++++++++++++++++++++++
▼(随時更新)8月4日(水)後楽園ホール:火祭り決勝 全対戦カード
http://zero1-news.blog.players.tv/article/39945992.html(ZERO1 NEWS)

++++++++++++++++++++++
 決勝以外でも面白いカードが続々。各選手のコメントも記載されてます。
沖縄からハブ男が上陸。

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ZERO1】世界ふしぎ発見、師弟の絆、熱闘請負人 5・5後楽園大会その2
 GW最後の観戦はZERO1!

この日は日高&FUNAKIの師弟タッグ実現、謎のエジプト軍、大谷vs耕平の選手権などなど。

ではでは!
続きを読む >>
| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ZERO1】面白レスラーさん、いらっしゃい♪ 5・5後楽園レポその1
 GW最後の観戦はZERO1!

この日は日高&FUNAKIの師弟タッグ実現、謎のエジプト軍、大谷vs耕平の選手権などなど。

ではでは!
続きを読む >>
| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5・5ZERO1簡易レポ
先のNEOと同様に、簡単なレポだけを先に上げておきます。
各試合の細かなこと、写真等はまた後日に。
まだDDT後編やマッスルも残ってるので(汗)
大変だ、こりゃ。
帰っても休みはないなw

++++++++++++++++++++++
■第2試合
○藤田ミノル(10分56秒 首固め)ショック・ウェーブ・ザ・ロボ3000●


藤田選手、明らかに全身凶器のロボと泣く泣く試合。
「もう嫌だ!帰ります!!人間と試合をやらせてください!」

■第3試合 ストラップデスマット
○金村キンタロー(11分42秒 首固め)ハートリーTheBullジャクソン●


 金ちゃん勝利も、ジャクソン大暴れでインパクト大。ってか、リングサイドの客席、半崩壊ww
私も前から2列目だったので大いに被害を受けるw

■第4試合
○崔領二、坂田“ハッスル”亘(13分12秒 那智の滝→片エビ固め)田中将斗、柿沼健太●


 急遽欠場となったコリの親子の代わりに坂田さん登場。
強力タッグも主役となったのは柿沼選手!!
耐えて耐えて、最後の5分あたりに大爆発!
一発目の那智の滝をスクールボーイで切り返し、その後もカウント2.9を連発!
地団駄発生、大・柿沼コールを巻き起こし、崔選手を本気で焦らせる!!
敗れても崔選手の方から握手を求め、お客さんの声援を背中に受けながら退場。

■第5試合 古代エジプトファラオからの使者降臨〜日本対エジプト
○オフィーディアン、アマシス(13分20秒 エジプティン・デスドライバー→体固め)澤宗紀、高西翔太●


 やってきた正体不明のエジプトコンビ。
これがとんだクセモノ。変態・澤選手がバカ負けして悔しさを前面に出させる。
いや、冗談抜きでww
あれは、一回見た方がいいww
3日後には大阪でタイトルマッチ。関西の人は是非!!
もしかしたら、王者組のあられもない姿がみられるかもしれないw

シャイニングウィザードを蛇のような柔軟性でヒョイっと避ける!!

■第6試合 FUNAKI日本凱旋試合〜「師弟」対「母国愛」
FUNAKI、○日高郁人(18分32秒 ショーンキャプチャー)サンディ・ビーチ●、チャド・アロハ


 FUNAKIさん、日本凱旋初試合。
日高さんは昼のNEOは師弟の「師」として、夕方のここでは「弟」として。

FUNAKIさんは派手な技はまったくなし。
元祖・ショーンキャプチャーを叫ぶも、これはカットで未遂に。
しかし、フィニッシュで日高さんが師匠の目の前でショーン・キャプチャー。
これで勝負あり。
最後はハグをし、お互いが正座、頭をさげ感動。
日高さんのデビュー戦の光景を、時を経て再現。

“WWEのタッグマッチ”を感じさせる。
例えば、ロックがタッグマッチに出たときによく見られた場面。
物凄くやられてやられて、タッチしようにも直前のところで手が届かず邪魔されたり、パートナーをけちらされたりする場面ってあるじゃないですか?
そして、ようやくタッチしたところで一気に流れが変わって最高のフィニッシュへ。

今回は日高選手に託し、自分はタッグマッチの“溜め”の妙技、技にこだわらない流れの作り方を堪能させてもらった感じ。
ザ・職人。

■第7試合 世界ヘビー級選手権
[王者]○佐藤耕平(19分20秒 ジャーマンスープレックスホールド)大谷晋二郎●[挑戦者]
※第7代王者が初防衛に成功


 大谷コールと耕平コールが入り混じる凄い盛り上がりに。
いつもの大谷さんのとおり、変化球なしの真っ向勝負。
康平選手も遠慮なし。
正面衝突。
最後は耕平選手がドラゴンSHからたたみかけて防衛。

 これまた凄く熱くなった大会でした!
昼にNEOを見て暗くなっていた人は、なんとか気持ちを持ち上げられたんじゃないかな?
実際、私がそうでした。

プロレスって、やっぱり素晴らしいよ!

また後日、ちゃんとしたのをUPしたいと思います。
とりあえず、今日はこんなところで。

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO1 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【ZERO1】師弟タッグは5・5!
 FUNAKIさんカードが決定。
++++++++++++++++++++++
■5/5後楽園ホール、5/8大阪大会カード変更
http://zero1-news.blog.players.tv/article/37406063.html
(ZERO1 NEWS)

 5月5日後楽園ホール、5月8日大阪府立体育会館第2競技場大会の対戦カードを一部変更させて頂きます。ファンの皆様におかれましては何卒御理解頂けます様よろしくお願い致します。

FUNAKI帰国第一戦は日高郁人と師弟タッグ ZERO1GWシリーズ「絆 MADEINJAPAN〜師弟・親子・そして〜」
▼5・5 後楽園ホール
■FUNAKI日本凱旋試合
FUNAKI、日高郁人 vs サンディ・ビーチ、チャド・アロハ

▼5・8 大阪府立体育館第二競技場
■NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合(古代エジプトファラオ指定試合)
[王者]日高郁人、澤宗紀 vs The OsirianPortal[挑戦者]

■スペシャルタッグマッチ
田中将斗、FUNAKI、未定 vs スティーブ・コリノwithコービー・コリノ、ハートリー・ジャクソン、サンディ・ビーチ

++++++++++++++++++++++

 5・5で行われるはずだったタッグタイトル選手権を8日に変更し、日高&FUNAKIの師弟タッグ結成を後楽園ホールで。うぃ〜っし。
二人の「ショーンッ!キャプチャー!!」実現なるか!?

澤選手のタイトルマッチでの暴れっぷりも楽しみにしていましたが、コチラも見られそうで嬉しい限り。
なんなら8日の大阪も…
ウグッ…財布事情が(汗)

それにしても、「古代エジプトファラオ指定試合」ってw
なんか、こういう胡散臭さも昔ながらのZERO1の魅力だよなぁ〜w
この組織のトップってどんな奴なんだろ。
『銀河旋風ブライガー』のカーメン・カーメンみたいな奴?
【画像】(世界的マフィア“ヌビア・コネクション”の首領)
エジプト…メキシコってことは、どこか遠いところでメカマミーと繋がってたりするのかしら?
なんだか名前だけで色々妄想しがいのある怪しさ。
なんだろう。
IWA JAPANがほっとかなかったりしてww

あと、気になる5日のカード。
--------------------
■タッグマッチ
崔領二、KAMIKAZE vs 藤田ミノル、ショック・ザ・ウェーブ・ロボット3000

--------------------
ショック・ウェーブ・ロボットが3000とパワーアップして帰ってくるぅっ!?


やべぇっ!テンション上がってきたww

そういえば、ハッスルにも“ロボットマン”なんてのが刺客で送られてくるっていってたな…。

★ショーン・キャプチャー!ポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ZERO1】約束を果たす
 世界のFUNAKIが帰ってくるってΣ(◎A◎!?

++++++++++++++++++++++
■(速報)5/5後楽園ホールにFUNAKI選手参戦
http://zero1-news.blog.players.tv/article/37380510.html
(ZERO1 NEWS)


昨晩、ZERO1日高郁人選手あてにFUNAKI選手より
「日高との約束を果たすために5月5日日本に行くよ」という連絡が入りました。

ZERO1でFUNAKI選手と確認を取らせて頂いた結果、5月5日(祝)後楽園ホール(18:30開始)、8日(土)大阪府立体育会館第2競技場の2大会への参戦が決定。
この件に伴い、誠に申し訳ございませんが後楽園ホール大会、大阪大会の対戦カードを一部変更させて頂きます。準備が整い次第、発表させて頂きます。

++++++++++++++++++++++

5月早々の2大会に参戦決定!
まずは日高さんとの約束を果たすため。
世界のFUNAKI is Back!

そういえば、日高さんもご自身のBLOGでフナキさんの退団について記されています。
---------------------
■日高郁人の飛んで打って書くブログ『師匠FUNAKIさん。』
http://blog.livedoor.jp/hidacatch/archives/52010347.html

---------------------
電話をされた数時間後に退団リリース。
第六感、運命の糸。
人間って不思議なものですね。

5・5後楽園ホール大会では、日高選手はインターナショナルライトタッグの防衛戦が組まれています。
----------------------
▼5・5 後楽園ホール
■NWAインターナショナルライトタッグ選手権

日高郁人、澤宗紀 vs ジ・オシリアン・ポータル(エジプト)

----------------------
となると、8日の大阪!?
5日は観戦予定。8日は当然遠征から帰っていますので行こうと思えばいけるところですが、仕事状況が…orz
それともまた後日、組まれることがあるのでしょうか?
気になる気になる。
タッグを組むというだけじゃなく、久々のシングルってのも見てみたいですよね〜。

とりあえず、まずは5日&8日のカードに期待!

ZERO1の中だけでなく、業界全体でも色んなカードの可能性や想像を刺激してくれるFUNAKIさん。
欲を言えば、色んな所で目にする機会を作ってほしいなぁ〜。
SMASH、DDT、KーDOJO、etc....
いろんな所からFUNAKIさんを待っている声が聞こえてくる?

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ゼロワン】澤選手大混乱?何はともあれ、ブレイブ挑戦へ! 2・28大阪
 ZERO1の大会ですがDRAGON GATEへの大きな流れもあったよう。

しかし、何だか面白いぞ(笑)

チェック・チェック!

++++++++++++++++++++++
▼2・28 大阪府立体育館第2競技場『ZERO1 WRESTLER'S』

■第5試合 NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合
[王者]日高郁人、○澤宗紀(16分46秒 お卍固め)望月成晃、スペル・シーサー●[挑戦者]
※第8代王者が7度目の防衛に成功


 絶好調シーサー、勢いでココもやっちゃうかと思いましたが、相棒タッグが凌いだ!!
試合後、シーサーが澤選手に突進。大乱闘。

「あのくいしんぼう仮面」
日高「ちょっとまて。あれくいしんぼう仮面じゃねえから」
「くいしんぼう仮面じゃないんですか?ここ大阪ですよ!!日高さんしっかりしてください」
日高「オマエがしっかりしろ(張り手)」
「シーサーか。昨日DRAGON GATEでチャンピオンになったらしいじゃないの。こんなもんか?」
シーサー「反則じゃねえかよ!」
「オマエ、くいしんぼう仮面だろ!」
シーサー「シングルでやってやるよ!」
「シングルの意味分かってんのか?マスクかけろ!」
シーサー「オマエ、マスクかぶってんのか?」
「かぶってないけど」
日高「コイツは言葉知らねえんだよ」
望月「コイツは下がマスクかぶってんじゃねえのか?」
「それは言うな!!」


何の漫才だ、コレwww
澤さんが絡むと緊迫感がwww

ってか、くいさんとシーサーってどこで間違うんだw
大阪でマスクマンと闘うとみんなくいさんになっちゃうのか?
お菓子大好きになっちゃうのか!?
オレは好きだ!(←関係なし)

シーサー「ブレイブかけてやってやろうか?オマエに勇気があるか?」
「ブレイブってなんだよ?」
シーサー「ブレイブゲートチャンピオン、知らねえのか」
「実は知ってるよ。場所と日にちを言え!」
シーサー「3月22日、両国国技館だ」
「両国のどこの会場かって聞いてんだよ!」
シーサー「両国は一つだろ!スモーアリーナだ!」
「バトラーツの聖地じゃねえか!」
シーサー「聖地って一回しかやってねえだろ」
望月「一回やってこけたじゃねえか」
「それを言うな!」
日高「オマエだってその時第一試合だったじぇねえか」
望月「たしかに第一試合だった」
シーサー「このベルトかけてやってやるよ」
「よし。両国やってやる」
望月「場所知ってんのか、このドインディーレスラー」
「岐阜のどこだよ!」
日高「東京だよ」
望月「いいか、DRAGON GATEで一番怒らせたらいけないのがスペル・シーサーだ。オレは知らねえからな。日高、オマエとはどうこうねえけど、シーサー怒らせたらオレは責任もたんからな。」


あぁ、懐かしきバトラーツの輝かしき時代。
シーサーさん、澤くんだけじゃなく、日高さん、そして味方の望月さんにも微妙なダメージを(汗)
改めて見ると凄いメンバーだ。

「日高さん、アイツくいしんぼうですよ」
日高「くいしんぼうじゃないよ。両国の場所くらい知っといてくれよ」
「両国って飛行機でどれくらいですか?」
日高「総武線だよ。オレは恥ずかしいよ」
「ルイジアナ州にあるんじゃないんですか?」
日高「両国は漢字2文字だよ」
「両国といえば僕らバトラーツに聖地ですよ」
日高「でも君やってないでしょ」
「僕は客席の方にいたんですけど。二人でやってやりましょう。二人で乗り込んで」
日高「君って言ってたよ。まぁオレも一緒に乗り込むよ」
「やりましょう」


澤選手が絡むと緊迫感が生まれるはずの流れが台無しww
大会レポ読みながら大笑いしたのは久しぶりwwww
両国が海外ってwwwなんでだw
それに対して日高さんの「漢字2文字だよ」ってフォローも何か変だしw

何はともあれ、澤宗紀選手がDRAGON GATEのビッグマッチ3・22両国国技館大会に参戦決定…の流れかな!?
いやはや、これまた想像に難しかった展開。
しかし、澤選手なら大歓迎!
昨年のDDT両国大会への流れも救ったのはまだ記憶に新しく。
両国大会への期待感を倍増させる男・澤宗紀。

先にUPした変態興行の流れじゃないですが、ここでも変態がパッケージを面白くする?

▼その他の試合++++++++++++++++++++++
■第1試合 ZERO1生え抜き新人・横山佳和デビュー戦
○斎藤謙(9分37秒 キャメルクラッチ)横山佳和●

■第2試合
○菅原拓也、内田祥一(11分12秒 十三不塔→エビ固め)高西翔太●、柿沼謙太

■第3試合 WEWタッグ選手権試合
[王者]佐藤耕平、○KAMIKAZE(14分2秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)金村キンタロー●、マグニチュード岸和田[挑戦者]
※第9代王者が初防衛に成功


 金村&岸和田なんて、一昔前じゃ考えられなかったよなぁ・・・。

■第4試合
○崔領二(11分42秒 那智の滝→片エビ固め)不動力也●


■第6試合 炎武連夢VS超獣
●大谷晋二郎、田中将斗(18分20秒 キングコングニードロップ→体固め)ザ・プレデター○、バンビキラー


 炎武連夢VS超獣。
ウルトラマンAのタイトルみたいw

プレデターがZERO1に再び帰ってきてから大谷さんは2回連続で対戦。
初戦は曙さんとの華斬で久々の超獣パワーで敗北。
そして今回ももう一人の名パートナーと挑むも、再び敗戦。
うむむ…。
明日2日の後楽園ホール大会でタッグタイトルの防衛戦がありますが、なんだか雲行きは怪しい?

★「やりすぎぐらいが丁度いい」感じでポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ZERO1】今年も元気に元旦プロレス! 1・1後楽園ホール
 2010年一発目の興行は今年もZERO1ですね。
元旦にZERO1を見て、2日、3日と全日本、そして4日は東京ドームってのがプロレスファンの流れかな?
ちなみに、同じく元旦は大阪プロレスもやってましたよ〜♪
http://www.osaka-prowres.com/result/?p=366

++++++++++++++++++++++
■川田が関本を一蹴! 元日に王座防衛=ZERO1
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20100101-00000033-spnavi-fight.html
(スポナビ)

▼1・1 後楽園ホール『ZERO1 WRESTLER'S 8〜New Year Gigs!〜』

■あなたが決める!ZERO1 MVP&MVP
2009ベストバウト 火祭り優勝決定戦 崔領二 vs 佐藤耕平
2009MVP 日高郁人


大谷「新年明けましておめでとうございます。ZERO1は元気と一生懸命な姿をお見せできるプロレスを頑張っていきたいと思います。
今日は星川が来てくれています。星川も毎日頑張っています。僕たちも頑張っていきます。よろしくお願いします」


おぉ!星川さんが会場に来てたんだ!
昨年は金本さんとHikaruさんの結婚発表。
今年はホッシーの元気な姿かぁ〜。
車椅子で最前列で観戦されていたとか。
相変わらず、暖かいスタートですな〜。

■ZERO1 Cerebration
○田中将斗、金村キンタロー(10分32秒 スライディングD→片エビ固め)Mr.X、●Mr.XX


 X組からの要望によりハードコアマッチに。新年早々からハードやね(汗)

■Jr. New Year Greetings!〜Gneneration Special〜
○日高郁人、望月成晃(16分31秒 石見銀山→エビ固め)澤宗紀●、フジタ“Jr"ハヤト


望月「あと16日で40になるっていうのに、元旦から顔面蹴られたりはられたりするような試合を組み込まれるとは思わなかったよ。ま、カードを飲んだ時点でこうなることは分かっていたけど」

モッチー、お疲れ様です(汗)
今年もZERO1をはじめ、多方向への参戦に期待したいっすね〜。
日本一元気のいい40代を目指せ!

■世界ヘビー級選手権試合
[王者]○川田利明(16分56秒 顔面へのランニング・ローキック→片エビ固め)関本大介(大日本)●[挑戦者]
※第6代王者、2度目の防衛に成功。


 2010年最初の大会で最初のタイトルマッチは川田選手と関本選手と。
ZERO1戦士じゃないけれど「心はZERO1」。

関本さんにまたまた春はこずかぁ…。
手も足も出なかったと、専門サイトにも。
昨年大暴れしつづけて、2010年一発目も、という感じでしたが…何かが途切れちゃたのでしょうか?
完膚無きまでの敗北。
これを見ていた田中選手は「後々絶対に活きてくる。いい経験をした」と述べられたそう。
関本選手に大きなヤマがきたってことでしょうか。
頂点を付かみとるための大きな大きな試練越えが2010年の一番のテーマなのかも。

試合後に崔領二選手が挑戦表明。
川田「オマエ、ZERO1だっけ?考えといてやるよ。今日は体力余ってるからもう一試合やってもいいんだけど、やっぱやめとくよ」

▼バックステージ
川田「関本はZERO1にいない選手だよね。パワーがあるんだけど使うリズムが分かってないからおレに余裕ができたというか。パワーの使い方が一定のリズムなんで、なんか余裕ができちゃうから精神的にパワーが余ったのかもしれない。そりゃ、パワーだったら敵わないけど。
崔が来たけど、本当にあと1試合してやろうかと思った。でも正月からけ賀してもしょうがないなと思って。オレが見ていた中で『このやろう!』と思ったのは田中だけかな。気迫が違うんだよね。オレにしてみれば崔は体もルックスもそれなりに整ってるのに勿体無いなっていうレスラーの一人かなと。
元旦に闘うのは初めて。そこよりもタイトルマッチの方が珍しいだろ。
今後の目標?このベルトで自分の価値をあげたいとは思っていない。低迷しているプロレス業界の若い人にちょっとでも自分の考え方が伝わっていけばいいかなって。
もしZERO1にでていなかったら、去年は辞めたくなっただろうね。そういう意味ではZERO1に感謝したいですね」


 元新日本で現在フリーの稔選手もZERO1に救われたとおっしゃっていましたが、川田さんも。
ZERO1は心が沈んだ人を救ってます。

それにしても本気でもう一試合やれた、と。
壁、高っ。
関本さん、苦しい。
正直、申し訳ないですが、崔選手が勝つ、っていう風景が浮かんでこない…。
日程が決まってからのシリーズでそのイメージをひっくり返しては欲しいのですが…。

■第6試合 New Year Big Bang!
○大谷晋二郎、曙(17分1秒 スパイラルボム→エビ固め)崔領二、●佐藤耕平


 タイトルマッチがメインじゃなかったんですねσ(^_^;)
華斬 vs ZERO1の若きエース対決。
ここで崔選手が勝ってたら…というのは、まぁ今日は置いとこう。
華斬はタッグタイトル奪取に向け好スタートですね。

大谷「今年も毎回足を運んでくれるお客様に絶対に後悔させない闘いを誓います。
今日はホッシーに力をもらいました。それじゃホッシーから一言だけ挨拶させていただきます」
星川「今日はどうもありがとうございました。6年前に怪我をしまして、それでリハビリに通ってます。頑張っていきますのでよろしくお願いします」


そして、大谷社長が締め、星川さんのテーマ曲『ハイティーンブギ』で新年一発目は終了。

「星川さんは言葉にならないかなと思ってたんですよ。ひさしぶりに会いましたけど、プロレスラーの色気を失ってないのが嬉しかったですね。最後の涙を見たら戻ってきたいんだなと。気持ちは一緒なんだな、と。凄い嬉しいですね」

みんな待ってる星川さん。
崔選手の言葉を見ると、リングの上じゃなくても心はレスラー。
かっこいいぜ、ホッシー!
頑張ってください!

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス
| からし | ZERO1 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
【ZERO1】イキイキ横綱 12・19名古屋
 ZERO1初のタッグリーグ戦が遂にファイナルを迎えました。

▼12・19 愛知『ZERO1 WRESTLER'S〜風林火山最終戦』

■Aブロック公式戦
大谷晋二郎、○曙[6点](13分31秒 大噴火→体固め)金村キンタロー、スティーブ・コリノ●
○Mr.X、Mr.XX[4点](13分18秒 腕決め首固め<仮>)日高郁人、澤宗紀●[5点]


 中盤、X組がお互いにマスクを脱ぎ、藤田ミノルと菅原拓也に。
藤田が澤を丸め込んで勝利。
タッグ2冠王者組、決勝進出ならず!!
その後、勝った二人が日高&澤のタッグベルト挑戦をアピール。
大谷&曙組という巨大な敵を倒してみせた日高&澤のタッグ王者組でしたけど、最後の最後で身近なライバルにうまくやられちゃいましたか・・・。
ルチャ・リブレ、恐るべし!

■Bブロック公式戦
ツトム・オースギ、○ヘラクレス千賀[2点](11分58秒 黄龍)越中詩郎、大原はじめ●[5点]
○田中将斗、望月成晃[6点](12分44秒 スライディングDK→体固め)佐藤耕平、KAMIKAZA●[5点]


 Bブロック最後の公式戦ではツトム&千賀のSOSが最後の最後で大物食い。
“世界で有名、日本で無名”の大原選手をやりましたか!!
田中&望月組はさすがの決勝進出。
スライディングDKって見た目もインパクトも凄い強烈。
KAMIKAZEの兄貴は先日の世界ヘビー選手権に続き、あと一歩でチャンスを逃す…。

++++++++++++++++++++++++++
▼12・13 大阪府立大2体育館
■世界ヘビー級選手権試合
[王者]○川田利明(16分17秒 パワーボム→エビ固め)KAMIKAZE●[挑戦者]
※王者が初防衛に成功

++++++++++++++++++++++++++

■風林火山優勝決定戦
[Aブロック代表]○大谷晋二郎、曙(17分34秒 スパイラルボム→エビ固め)田中将斗●、望月成晃[Bブロック代表]
※華斬が初優勝


大谷「きつかった。俺の左足がよく最後までもったとおもいます。横綱と初めて手にした勲章。嬉しいです。すべてをぶった斬るために華斬は突っ走ります。横綱とは田中と組んでる時と似たような感覚が徐々にでてきたね。リング上でどれだけ自分が攻められても横綱は自分のことを信頼していると信じられる。そういうタッグチームに日に日になっていったと確信しています。
横綱を見ると、うちのリングが合ってるような気がします。全日本、DRAGON GATEで結果もだして、それでこの勲章。もう横綱、行くしかないでしょ?
このリーグ戦でたった一つチャンピオンチームに負けたから。これで文句ないでしょ、挑戦権は。胸はって挑戦させろと声を大にして言いたい」

「とにかく大谷さんに迷惑をかけないように一生懸命くらいつこうとしていて、徐々に大谷さんの動きや試合運びを把握して自分の体で感じて本当にココまでできたのは嬉しいです。
おかげさまで2団体、そしてZERO1さんでもこういう素晴らしい優勝ができて言葉がないですね。タッグ屋って呼ばれてもいいし、タッグしかできないっていわれてもいいし。でもやっていることは間違ってないと信じています」

田中「疲れとかじゃないね。圧殺された、そういう言葉がピッタリくる。でもコンビネーションとかでいったら俺らの方が上だと思う。もう一回やったら分かんないよ。
パートナーはやりやすかったです。2年前に天下一の決勝でやった時より今のほうが進化してる。凄いですよね。まだタッグとしても個人としても進化し続けます」

望月「チーム力ではどこにも負けてないと思う。個人のことで言えばDRAGON GATEの夏のタッグリーグでは中嶋くんと組んで準優勝。大阪のツインゲートも引き分けで届かず。そして今度も準優勝。物凄い課題が残ったから来年もこのタッグを継続して今年の宿題を来年、頂点行くために取っておきたいなと。
トライアングルゲートも控えているんで横綱の絶好調さを確認できたできただけでも収穫だし。特に越中さんと戦えたのは収穫だし。優勝しちゃうより、またやりましょうと。田中さんと言い合えるのが収穫。今回組めたのは光栄です」


 横綱がまたまた新たなタッグの勲章ゲット!!
大谷&曙さんが「ドッカ〜ン!」と初優勝(not 健介さん)
自分の体を本当によく活かしてタッグのスペシャリストにどんどんなっていってますね。
対戦相手にDRAGON GATEで組んでる望月さんがいたというのも面白いですね。
終わってみれば、このZERO1初のタッグリーグ戦の主役は曙さんだったという印象が強くなりました。

次なる目標はタッグベルト。
日高&澤コンビ、藤田&菅原組に続き、やらなきゃならない相手が。
どう対応していくんでしょ??

★エルボードロップ風にポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【ZERO1】トップエースの願いよ、叶え!! 11・29後楽園ホール
 ZERO1ジュニアの祭典、ファイナル!
昨日行われましたね。チェックチェック

++++++++++++++++++++++
▼11・29 後楽園ホール『ZERO1 WRESTLER'S 9 天下一ジュニアトーナメント2009〜Grant me my wish!〜』

■日高が7度目の出場で悲願の初優勝=ZERO1・天下一Jr
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20091130-00000001-spnavi-fight.html(スポナビ)


■天下一ジュニアトーナメント2回戦
○プリンス・デヴィット(7分24秒 ダイビング・フットスタンプ→片エビ固め)菅原拓也●
○サンジェイ・ダット(11分2秒 ムーンサルト・フットスタンプ→エビ固め)藤田ミノル●
○フジタ"Jr"ハヤト(10分24秒 ヘルム→片エビ固め)大原はじめ●
○日高郁人(11分2秒 高津川)マグニチュード岸和田●


 2回戦で注目していたハヤトvs大原はハヤト選手がメキシコ修業時代のお返しも合わせて大勝利。
日高選手も岸和田選手に勝利で、望み通り一騎打ちになったわけですな。

■天下一ジュニアトーナメント準決勝
○プリンス・デヴィット(11分37秒 プリンスズウロウン→片エビ固め)サンジェイ・ダット●
○日高郁人(13分25秒 野良犬ハイキック→エビ固め)フジタ"Jr"ハヤト●


日高「ハヤト、オマエ自分で俺を倒さなきゃ恥ずかしくてみちのくに帰れねえって言ったんだ。約束通り俺を倒すまで何度でもZERO1のリングに来いよ。簡単にはいかねえけどな」

ハヤト「最後、日高さんと握手した時『オマエ自分で初めに言ったことなんだから、俺に勝つまでゼロワンに上がれ』と言われたので、その一言だけで僕が来た意味があるのかなって。やっぱり日高さんに勝てば優勝は当たり前だと思っていたんで、その男に勝てなかった自分の弱さに納得いかないですけど、でも夢だった“ZERO1に上がるなら日高さんとやりたい”っていうのも叶ったし。あとちょこっとで優勝だったのに逃した事だけが反省点で。あとは満点じゃないけど合格点なんじゃないかなと思います。
あれぐらいの年齢の人って若いのがガツンといかないと怖いオジサンの姿が見られないんで。それを望月さんから学んだんで。元気のないオジサン達を僕らが元気にします。
それから初参戦となる新日本さんに上がらせてもらうんで。凄いベテランを当てられると思うんで、その人を怖がらずにいつも通りの自分を見せて僕が潰しにいくんで、僕を潰してくださいぐらいの勢いで。」


 ハヤト選手の中にはこの結果に納得する部分と反省点がキッチリみえたのかな?
この経験がJ-CUPの好成績の糧になってくれてると素晴らしい。
あと、拳王選手とのタイトルマッチも近いですし、ハヤト選手にとっては充実の12月になりそうですね。
大変だ〜。

そして、決勝進出もう一人は予想通りデヴィちゃんが来ましたか!!

■メインイベント 天下一ジュニアトーナメント決勝戦
○日高郁人(20分17秒 石見銀山→エビ固め)プリンス・デヴィット●
※日高が初優勝、第9代インターナショナルジュニアヘビー級王者に


 日高さんが見事優勝!!20分越えの厳しい内容になってますね〜。
デヴィちゃんは新日本のスーパージュニアに続き優勝決定戦で敗れる。
これは悔しいなぁ〜…。最後の一手が届かない。これはJ-CUPの布石と思うとしましょう。

優勝者の特権である願い事。
今年の勝者・日高選手の願い事は“師匠・フナキさんとタッグを組んでZERO1で試合をしたい”。

フナキさんは現在もWWEで“カン・フー・ナキ”として活躍中。
日高選手のBLOGにはフナキさんが帰国…というか、もう“来日”という表現でもいいと思うのですが、その度にフナキさんとの写真がUPされたり、再会の日記が書かれていたりと、今でも絆はバッチリ。
言うまでもなく、ショーン・キャプチャーはフナキさんからの引き継いだ技。
そういえば、昔、みちのくのリングでシングルで闘ったことがありますね。

02・11・8 大田区体育館『みちプロ大好きIII 謝謝』 ○フナキ(6分59秒 クリップラー・クロスフェイス)日高●

当時は日高選手は確か左目眼窩底骨折…だったかな?相当な故障を抱えていましたが「次にいつやれるかわからないから」と無理をして闘われていました。
その言葉通り、以後もなかなか日本でファイトする機会は無く今も。

何でも願いが叶うというこの機会を絶好のタイミングとして。
今回はあの時とは違って、日高選手もZERO1ジュニアのトップ選手。
戦うという事ではなく、タッグ結成という事ですが、横にいても闘いはあります。
それと同時に夢の様な時間を体感すると共に、今の自分のホームであるZERO1を感じてほしいんじゃないかな〜、と。

夢、叶えて欲しいなぁ…。
翌日の本日の会見で、さっそく電話で報告し「おめでとう」と「ありがとう」という言葉をもらったそう。

もし、毎年恒例の元旦興行にくるなんてなったら…上京するかも(笑)
対戦相手は誰にするんだろう?
相棒の澤さん?“大将”の東郷さんとか面白いかも。

日高選手、おめでとうございます!

■その他の動き
■ZERO1スペシャル8人タッグマッチ
田中将斗、佐藤耕平、○KAMIKAZE、植田使徒(16分20秒 リバース・タイガードライバー→エビ固め)大谷晋二郎、崔領二、柿沼謙太、澤宗紀●


 試合後、KAMIKAZEのアニキが川田選手の持つワールドヘビー王座挑戦を猛烈にアピール。
バックステージにてコメントを出していた大谷社長のところに直行で直訴。
気持ちは十分に伝わった様で、12・13 大阪大会にて挑戦が決定

川田選手にとっては「足利工業大学付属高校レスリング部の後輩“丸山昭一”にすぎない」と…。

頑張れ、アニキ。

人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:プロレス


| からし | ZERO1 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |